日本人の起源(縄文・弥生・大和)
7914 RES:縄文から「アイヌ」まで
 
三ヶ本万州夫 ( 壮年 兵庫 講師 ) 01/08/12 PM08 【印刷用へ
>ところで、このアイヌ文化の礎石は擦文文化から受け継いだのでしょうか?それともオホーツク文化 と擦文文化とが融合し、発展したものなのでしょうか?

まだ未解決の問題ですが、単線的に発展してきたのではない、というのは確かでしょう。宇田川洋氏はアイヌの歴史を以下のように分類しています。

プレアイヌ・縄文時代とそれ以前の段階
プロトアイヌ・続縄文から擦文時代の段階
アイヌ・ほぼ室町時代に前後する、やや純粋な段階
アイノイド(類アイヌ)・江戸時代以降、和人の侵略後、混血化の進んだ段階

東北北部のプレアイヌが三内丸山の住人だった可能性もあるようです。8世紀頃現れるプロトアイヌは
オホーツク文化の影響の方をより強く受けており、それまで残っていた南方文化の要素が、かなり薄められたと考えられます。14世紀から本州と分断されて、アイヌの独自性が育ちますが、18世紀以後は和人との混血化を強いられることになっていくのです。

>度重なる「和人」の侵略と支配によって民族の生活・文化が追い込まれていくのも、歴史の教えると ころです.

アイヌ初の参議院議員、萱野茂氏の「アイヌ歳時記」にこのような記述があります。

「この本をお読みになる日本人の読者の方々よ。あなたが悪いのではないが、あなたたちの先祖が犯した過ちが今もなお踏襲されているのはまぎれもない事実なのであり、それを正すも正さないも、あなた達の手に委ねられていることを知ってほしい、と私は思っている。もし、よその国から言葉も風習もまったく違う人たちがどさっと日本へ渡ってきて、おまえ達、今日から米を食うな、米食ったら逮捕するぞ、という法律を押しつけたらどうであろうか。これと同じことをアイヌに対して日本人はしたのである。こう私はいい続け、書き続けているが、私が語り続けてきたことに全く反応がないのは何故だろうか」

岡本さんの言われる「現代文明の最も先鋭な批判者」の立場からの「消えつつある民族の逆襲」をアイヌ民族にも期待したいと思います。
 
  List
  この記事は 7893 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_7914
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp