否定脳(旧観念)からの脱却
78729 自我経済学から共認経済学へ
 
野田雄二 ( 43 大阪 営業 ) 04/10/02 PM09 【印刷用へ
どれだけ国債を発行して税金をつぎ込んでも、経済が好転しないことが示すように、従来の経済原理はもはや無効になった。

従来の経済学の基礎は、人は(無限に)物や金をほしがる、という原理に基づいてつくられている。この原理は、すべての人にとって私利私欲の追求が最大の価値であるという、さらに深い原理から導き出されている。

これまでの経済学は、私利私欲の追求を第一とする自我を人間の行動基準の原点において経済理論を組み立てているという意味で、自我経済学と呼べる。

税金をばらまけば消費が活性化し経済が活性化するという予測も、お金を水増しすればインフレが起こるという予測も、人々が私利私欲を追求し物や金をほしがるという前提があって初めて成立する。

しかし、豊かさが実現した現代日本は、もはや自我経済学の原理は成立しない。若い人たちを中心に、特に欲しい物はない、お金のためだけに働く気にはならない、特に出世したいと思わない、という人が既に多数派になっている。

人々が私利私欲の追求を第一とし、(無限に)物や金をほしがるという自我経済学の原理は崩壊した。

人々は自我の充足から、共認の充足(課題・役割・規範・評価を共に認め合う充足)に意識を転換している。従って、共認充足を人間の行動基準において経済理論を組み立てる、共認経済学が必要となる。

共認経済学においては、お金や物は二義的存在であり、お金はあくまでも人間の活動を円滑に進めるための潤滑油の役割でしかなくなる。従って経済学の役割も、潤滑油がうまく行き渡るように制御することが目的であり、お金を増やすことやGDPの拡大は目標でも目的でもなくなる。

お金や物は二義的だから、お金の量が増えることが直接、物価の上昇につながらない。貨幣の価値は発行者の評価が安定している限りにおいて安定しており、貨幣の発行者の評価を損なわない範囲であれば、貨幣を発行しても何ら問題ない。

そしてお金は人間活動の潤滑剤であると考えるならば、むしろ潤滑剤として必要なだけ紙幣を発行するべきといえる。

また、お金や物は二義的だから、人間活動を活性化させるためには、従来のようにお金(税金)を金儲けや物的生産につぎ込んでも人間活動は(経済活動も含めて)活性化せず、共認充足が得られるような活動を促進する方向でお金(税金)を使うべきといえる。

現代の日本を運営している政治家も官僚も学者もマスコミも、自我経済学の原理が崩壊したことを知らず、逆に規制緩和・民営化に示されるように、自我経済の手法をより強固に貫徹しようとしている。

このままでは、社会は悪くなりこそすれ良くなることは全く期待できない。

共認充足の時代においては、経済活動そのものが二義的な位置づけとなり、経済学の重要性は低下すると思われるが、過渡期の現在においては、自我経済学の原理に凝り固まってしまっている、人々の意識を解放するために、共認経済学の原理を明確にしていくことが重要であると思われる。
 
  List
  この記事は 78079 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_78729
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
223054 自我充足より共認充足の方が充足度が高い 向芳孝 09/12/30 PM01
221435 共認充足の流通〜これからの物流のイメージ〜 HAYABUSA 09/12/07 PM02
219920 今必要なのは『自我経済の崩壊』と『新しい共認経済学が必要』という認識を発信していくこと 松下晃典 09/11/18 AM00
170422 共認経済学の必要性を知る=「評価」形成の必要性 多田奨 08/02/06 AM07
170261 「世界経済を支える理論に全く根拠がないのに、世界経済を動かす人がいる」という事実 安藤太地 08/02/03 AM02
170234 認識から行動へ 丸山優司 08/02/02 PM10
170220 みんなで解決策を… 大渕悠子 08/02/02 PM10
105557 近代経済学は現代も時代にとっても無用では? 原田昭雄 06/02/11 PM10
105547 共認統合の可能性は、人の集まる場所で行われる。 匿名希望 06/02/11 PM09
105272 皆が充足する事が原動力となる経済学。 峯川満章 06/02/07 AM00
104858 活力再生のための国家の投資と国債 本田真吾 06/01/30 PM11
104810 堀江氏に対する違和感 磯貝朋広 06/01/29 PM11
104387 欲望なき世界では経済学は無意味 加藤弘行 06/01/21 PM10
103355 経済学とは、自我・私権闘争を正当化するための学問なのではないか? 小松由布樹 05/12/29 PM11
経済学って何? 「なんで屋@奈良」 05/12/26 PM09
103044 共認経済へ 古座優子 05/12/23 AM01
102557 核家族化→少数・単身化は物的市場発展(維持)戦略? 谷崎俊文 05/12/14 AM00
102543 注目共認の社会で足りないのは「役割充足」 村上祥典 05/12/13 PM10
100724 自我経済学の押付け=グローバリズム 田宮昌明 05/11/12 AM10
100562 「神の見えざる手」の正体(力)は、市場原理にはなく、生存圧力⇒力の序列原理にこそ求められる 福田尚正 05/11/08 PM10
100071 ワーカーズコレクティブという可能性 東努 05/10/30 PM10
99994 「景気」が良くなったら、何かいいことあるの? 藤岡聖子 05/10/29 PM08
99923 そもそも。 平松拓也 05/10/28 PM01
99680 共認原理による投資 村田貞雄 05/10/24 PM03
99551 本当に必要なものは 大島健男 05/10/22 PM01
99536 「景気」という捉え方が、もはや旧観念なのでは? 大木康子 05/10/22 AM01
99336 ホモ・エコノミクス? 長谷川文 05/10/18 PM10
国の借金、の続き。 「〜恋愛の行方〜」 05/10/18 AM03
98628 共認経済学ってなに? 松尾茂実 05/10/06 PM10
97688 共認経済とは? 鈴木康夫 05/09/22 AM00
96139 自我経済学ってなに?@ にっすぃ〜 05/08/17 PM08
95539 「経済」に対する違和感を明確にしていくことが大切 菅原正輝 05/08/04 AM09
95466 経済学は正しくない!! 井川民夫 05/08/02 PM08
95166 利子があやしい 小林雅志 05/07/26 PM11
94462 経済学では答えがでない 熊澤敬輔 05/07/13 PM11
94382 共認社会への移行の中で、若者達が動き始めている 村上祥典 05/07/12 PM10
93790 理想の経済学者とは? 津久田博之 05/07/02 PM10
92938 共認経済学による社会とは? 平野貴紀 05/06/18 PM10
92714 共認経済学へ 匿名希望 05/06/15 PM01
91912 Re:自我経済学から共認経済学へ シャコンヌ 05/06/02 PM02
89712 共認経済活動としての市民ファンドは広がっていくか? 前上英二 05/04/28 PM10
89012 「共認」の経済活動 向芳孝 05/04/17 AM00
88632 経済の立て直しはみんな(素人)の成せる業 平野貴紀 05/04/10 PM04
88554 みんなの為にお金を使う共認経済学 斎藤一浩 05/04/08 PM09
87445 共認経済学を構築・敷衍すること ブルマン 05/03/16 PM01
87173 景気の発想を変えてみる 琵琶湖 05/03/11 PM02
86937 「物」から「人(共認)」へ 渡邊真也 05/03/07 PM10
なんで屋劇場参加レポート 破局説について。1 「☆お気に入り☆」 05/02/25 AM10
86197 どうすれば共認充足を定着させていけるか 鈴木康夫 05/02/23 PM08
なんでや劇場に参加してきたよ♪ 「もりもん&ゆかりんのなんで屋日記」 05/02/21 PM10
86013 金融経済の行き詰まり 岩井裕介 05/02/20 AM10
83381 犯罪者が増えるほど景気が良くなるって? 玉川泰行 04/12/30 PM01
79588 共認経済学におけるお金の役割 吉川明博 04/10/20 PM05
79509 【共認科学】へ 吉国幹雄 04/10/19 AM10
79395 実感に合わない論理からの脱却 藤岡聖子 04/10/16 PM05
79350 共認経済学による構造改革 家村和宏 04/10/15 PM02
79338 「お金を貯めようと思っている・・・でも貯められない。」 浅田祥幸 04/10/15 PM01
79317 答えがあるから答えられる 谷光美紀 04/10/14 PM10
79263 経済学からの解放 篠田悟 04/10/13 PM08
79259 心理学がいまいち盛り上がらない⇒学問の再構築化が求められている。 リバーバンク 04/10/13 PM04
79238 共認経済制は日本限定か? 井草貴浩 04/10/12 PM11
79237 自我経済と共認経済の比較:自由と共認 斎藤裕一 04/10/12 PM10
79230 共認経済への移行は必然 菅原正輝 04/10/12 PM09
79227 経済は元々手法でしかない。では何が第一義なのか? 白石寛隆 04/10/12 PM09
79226 共認経済仮説 大森義也 04/10/12 PM09
79210 欲望 匿名希望 04/10/12 PM01
79200 共認経済の入り口は肯定視⇒共感(同一視)充足 匿名希望 04/10/12 PM01
79164 旧観念だから突破できない民営化 馬場康一郎 04/10/11 PM07
79075 共認による認識体系の構築へ 鈴木隆史 04/10/08 PM11
79056 価値観の大きな転換期 上山昇良 04/10/08 PM09
79041 農業の場で共認経済は芽生えている。 蝦夷穴 04/10/08 PM02
79040 “共認”という新概念で捉え直すこと ジャック・ダニエル 04/10/08 PM01
79004 構造認識を広めることから 田中一成 04/10/07 PM11
78871 「経済政策学」 中村朋子 04/10/05 PM02
78859 ワクワク共認経済学 白子佳世 04/10/05 PM01
78835 お金の発展した姿 小林雅志 04/10/04 PM11
78782 共認経済学=みんなの経済学 安西伸大 04/10/03 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp