収束不全:やりたいことが見つからない
78579 自分だけの悩みなどない
 
喜田育樹 ( 31 京都 デザイナー ) 04/09/29 PM09 【印刷用へ
なんでや露店に来る客で、何も喋らずずっと座り込んでいる女子高生がいる。見た感じ、無表情。時折笑顔で不思議な感じを漂わせており、病んでいる印象。

「何かお題聞いてみる?」と尋ねても返事はない。
そのうち別のお客がやってきてお題に応えていると、その話にじっと耳を傾けてくる。彼女からの発言は何もないが、明らかに答えを求めて無言の発信をしているようにも見える。店主とお客の間で交わされている実感や認識に、少しずつ自らも重ね合わせているようだ。

こういう姿もこれからの悩み需要に応えていく形なのかなと感じた。

人間関係が上手くいかなかったり、何をしても活力が出なかったり、そんな自分を否定してますます悪循環に陥ったり。今までは、自己啓発にしろカウンセリングにしろこんな悩み需要に対する答えは、自分を肯定し、自分の中の可能性に気付く事、殻を破ることだとされてきた。
しかし、セミナーやカウンセリングを通じてその時はそう感じれたとしても、現実の日常に戻ればまた同じ生活を繰り返す例は多いよう。自分の中の可能性に気付いても、現実=みんなの中の可能性に気付いていなければ解決には至らない。

上記のような女子高生はそんな可能性をみんなの中に求めているように思えた。周りの会話の中に自分と同じ不全や実感を見つけた時、今までそれが自分ひとりの悩みであったものが、そうではない事に気付ける。そしてそんな不全が社会転換による必然的なものである事が解るほどに、その悩みが自分ひとりの課題ではなくみんなの課題として捉えることができる。
そうする事で徐々に自分の中だけではなく、現実社会のみんなの中に可能性が見えてくるのではないだろうか。

個人的な悩みと思うから答えは出ない。
共認心理学で個人的な悩みも普遍的なみんなの課題に昇華してこそ突破口は見えてくる。
そこに導いてくれる構造認識に感謝!

 
  List
  この記事は 78278 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_78579
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
距離は離れていても、職場は違っても抱える不全は同じ 「男と女の職場話」 08/06/28 PM07
111578 自分から抜け出さないのは、なんで? はるこ 06/05/05 AM11
111095 自分からみんなへの第一歩は、「答えが出そう」という可能性? 中瀬由貴 06/05/02 AM00
個人の悩みなんかな〜い!! 「Grateful Days」 05/10/08 AM03
96775 「いつも悩むのは何で?」に答えるなんで屋露店 新井重雄 05/09/03 PM07
96691 「悩みがないのが悩み」と言う若者には「悩みは誰にでも有る」と答える 篠田悟 05/09/01 PM09
自分だけの悩みなんて無いんだよ☆ 「いつもここから☆」 05/04/12 AM11
87644 その悩み自体を肯定視するか否か 浅見昌良 05/03/20 AM01
85375 共認と説得の違い。 西田美和 05/02/09 AM00
81255 自分の不全をさらけ出す  〜同一視供給者へ〜 関谷啓太郎 04/11/21 PM09
79080 元気になるためになんで屋に 酒井典子 04/10/09 AM00
78996 突破できない不全(≒悩み)に応える構造認識 福田尚正 04/10/07 PM10
78942 分かってあげることと課題を共認することはちがう 石橋直樹 04/10/06 PM09
78934 「他人に迷惑だけはかけちゃダメ」 平川要 04/10/06 PM07
78929 社会閉塞の根を絶つ−教育関係者こそ構造認識と共認心理学を 匿名希望 04/10/06 PM02
78807 同情は暗い、重い。それは表層だけだから。 矢野悟 04/10/04 PM06
78799 自分の悩みは、実は社会全体の悩みだったりする。 吉岡由香里 04/10/04 AM08
78795 どこを切っても解決の糸口は「みんなの中」にしかない 佐藤晴彦 04/10/04 AM02
78793 無表情の下の共認、探索基調 山田孝治 04/10/04 AM01
78780 思考停止しているのは悩んでいる本人だけではなかった。 小暮 勇午 04/10/03 PM10
78760 みんなの課題なら捨象できない!! 山田純子 04/10/03 AM08
78756 人に言われて初めて気付く 澤根和治 04/10/03 AM03
78738 今や「みんな課題」以外無い 麻丘東出 04/10/02 PM10
78734 みんなに同化することが、現実を直視すること 田中健太郎 04/10/02 PM10
78718 『悩み相談需要』から『活力再生需要』へ 吉国幹雄 04/10/02 PM00
78717 「悩みのススメ」を唱えてきたカウンセリング 匿名希望 04/10/02 AM11
78716 自分の中に答えはない 門奈津子 04/10/02 AM08
78714 悩みは充足の元?! 西知子 04/10/02 AM03
78712 「悩み」は皆の課題である 橋田和弘 04/10/02 AM01
78651 必然的悩みへ 若林勇夫 04/10/01 AM01
78645 「自我心理学」と「共認心理学」との違い 山田太郎 04/09/30 PM11
78644 誰かの実感を通して得る「答え」もある 東努 04/09/30 PM11
78629 「悩み」を個的課題にする個人主義社会が閉塞を蔓延させる 星埜洋 04/09/30 PM09
78614 自我心理学は犯罪行為 馬場真一 04/09/30 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp