原始人類の婚姻様式と男女和合充足
77772 観念原回路とは、チャネリング回路のことではないか?
 
冨田彰男 ( 41 兵庫 経営管理 ) 04/09/12 PM10 【印刷用へ
代々木忠は、『プラトニック・アニマル』でチャネリングを体験するための、方法論をいくつか挙げています。

>まず第一には、現在のあるがままの自分を心から認めようとすることである。あなたやあなたの彼女には、自分の中に(ああなりたい)(こうなりたい)とか(こんなところを改善したい)という思いはないだろうか。このように思っている間は、まだまだ自分を認めたことにはならない。それは自分の中に否定すべき部分を持っているからである。相手の欠点とは実は自分の欠点なのだ。自分の悪いところを相手を通して見ているにすぎない。だから、自分の中に善悪の区分を持ってはならない。そもそもこれが善い、これが悪いなどという意識は自分が作っているものだ。自分を認められなければ、人を認めることなどできない。自分を愛せない人は、他人を愛することなどできないのである。

>第二としては、あなたや彼女の部屋に観葉植物などの緑があれば、まずそれとチャネリングしてみることをお勧めする。具体的にどうするのかと言えば、話しかけてやればいいのである。人間は言語でコミュニケーションをとっているのだから、言葉に出してやるのが一番いい。言葉を発する前に、あなたや彼女の思いは必ず緑に届くだろう。

>「今日は元気だったかい?」と言えば、その思いが伝わる。「いつもそこにいてくれて、オレは救われるんだよなぁ」とか、ちょっとしおれていたら「ごめん、ごめん。水やるの忘れてた。許してよなぁ。たっぷり水飲んで、いつもの元気な姿、またオレに見せてよ」と話しかけてやることによって、植物と友達になることができる。

>植物はなにも語り返してはこない。しかし、それは決して一方通行のコミュニケーションではない。義務としてではなく本当に友達になりたいと思って、毎日話しかけてやれば、植物がその思いに応えようとしている姿を必ず確認できるはずである。これは植物に限らない。犬や猫がいれば、彼らと友達になってみることである。制度の世界に暮らしていない者たちと友達になることによって、あなたや彼女も知らないうちに自然体の自分に変っていくことができる。

>第三としては、毎日瞑想することである。(中略)これら三つの方法を一つでも実践し、心の状態を自由にしてやることができれば、SEXにおいてチャネリングは必ず起こる。チャネリングは、二人の気持ちが融合することによって、結果としてお互いをオーガズムに導き、失神させるための確実な方法と言えるのである。(瞑想の方法論については、77071)

ここで注目すべきは、チャネリングが、人間同士だけでなく、自然対象とも可能である、ということです。代々木忠は次のようにも述べています。

>これまでにもエゴを崩壊させる方法をいくつか提案してきたが、ここでは、外側文化にどっぷりつかってしまった私たちが、その対極にある自然の力を借りてオーガズムを体験する方法を考えてみたい。

>私がサイパンでビーチに座っていると、波が打ち寄せて足元まで来る。最初は逃げている。潮が満ちてくると、また逃げる。ところがビーチにしばらくいると、だんだん波が気にならなくなる。洗われていても気にならない。でも波はそこにある。洗われているという意識のほうがなくなってしまうのだ。

>人間の体液は海水に由来するものといわれるが、マイクロビーチに寝そべって、私は海水と同化するための冥想をする。すると、信じられないと思われるだろうが、青空に星が出る。何年か前に初めて体験したのだが、水の中に浮かんでいるという意識があるかぎり、この現象は起きない。自分が完全に同化しているという意識さえなくなったときに、満天の星を感じる。(えーっ、なんだこれは!)と自分の中でパニック状態に陥り、意識して見ようとした瞬間、そこにはまぶしい空があるだけであった。見ようとして見られるものではなく、結果として起きるのだ。しかし、たしかにその瞬間、私は無の状態になっていたのではないかと思う。(中略)自然の中に身を置き、そのエネルギーを体じゅうに浴びているとき、私はやはり自然に同化しているのだ。そしてそれこそは、SEXでオーガズムを得るために最も適した心身の状態なのである。

るいネットにも、自然対象との交歓について紹介している投稿があります。

>これはシャーマニズムの極意でもありますね。例えば目の前にある木をじっと見つめながら、「この木が自分に何か語りかけようとしている」と思いながら待っていると、何かが伝わってきます。それは言葉にはならないかもしれないけど、メッセージには違いありません。木には自我などというものはないので、木の声を聞くにはこちらも自我を一時的に忘れる必要があります。逆に、自我をゆるめたいときは受容的な気持ちで木や岩や空や月に対して、彼らからのメッセージを待つのがいいです。(9639『物言わぬ植物達の「声を聞く」』)

>相手に耳を傾ける、という姿勢をとることは、木々を相手にしているときの方が簡単です。人間相手だと自我がすぐ頭をもたげてきて、順位、勝ち負け、支配・非支配といった修羅の世界にひきこまれがちです。まず木々を相手に練習して、その感覚を徐々に人間に対しても開いていければ、というのが私の基本的なアプローチです。(9737『作物や樹々との共認関係』)

以上のことから、チャネリングは、人間同士だけでなく、自然対象や宇宙とも可能である。実現論1_6_02にあるように、元来は同類を対象とする共認機能(チャネリング回路)を自然に対して作動させ、自然との期待・応望=共認を試みたものと考えられます。ということは、観念原回路とはチャネリング回路であると言っても過言ではないと思います。自然対象の背後に観た精霊とのチャネリング、これが観念原回路ではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 77769 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_77772
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
287829 チャネリング回路によって、極めて高い性充足が得られる構造は? 佐藤賢志 14/02/28 AM00
ちょっと幸せな出来事 「いい男・いい女 」 05/03/24 PM04
84426 共認回路の混濁の中に役に立つ観念回路がある 馬場康一郎 05/01/22 PM09
79176 神話に残る原観念の痕跡 鈴木康夫 04/10/12 AM00
78367 チャネリング回路を再生するためにはどうしたらいいの?? 嶺山志保 04/09/24 PM11
78364 人は本来プラスしか発しない 久保田彰子 04/09/24 PM11
78353 「こうなるためにはどうしたらいいんだろう?」 河野梨恵 04/09/24 PM09
78266 ”気”を通じた原観念の痕跡 鈴木康夫 04/09/22 PM10
78196 チャネリングについて 宮谷和枝 04/09/21 PM05
77862 チャネリング回路の獲得と婚姻様式 田中素 04/09/14 PM05
77813 チャネリングの成否は「肯定視」にあり。 根木貴大 04/09/13 PM10
77809 言葉の生む充足 渡邊かお里 04/09/13 PM10
77788 チャネリングは日常的な意識だった 阿部和雄 04/09/13 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp