素人による創造
7731 潜在思念をつなげる発想法なのかも?
 
本田真吾 HP ( 44 香川 建築家 ) 01/08/08 PM11 【印刷用へ
雪竹こんにちは

>観念回路のあり方(どのような思考をするか)は、最下部の適応エネルギー=統合力とその先の本能・共認の潜在思念のあり方に規定されているのだと思います。そして、観念回路自体は、概念や概念を固定化した言語を司る位置にあり、意識構造の上では、適応欠乏や潜在思念を固定化し、表現するというツールの役割を担っているのではないかと考えられます。 (7368雪竹さん )

同感です。現代人は「考えて答えを出す」と構えたとたんに、それまで植え付けられた観念の上を知らず知らずなぞって思考するという、落とし穴に落ちているように思います。この結果、自由な発想は制限され、同じ壁にぶつかることになります。

この問題を解消する方法として、中山正和氏が考案したMN法という発想法があります。

リンク

このサイトだけではわかりにくいのですが、従来の発想法と違って論理的思考を強制的に分断し、イメージの世界に一旦入り、再度そのイメージから現実の課題を再統合してみる、という発想法です。最初は何のことかと思いましたが、実践してみると結構効果があります。それ以上に、普段何か問題にぶつかって、解決できるときの頭の中はこうなっているんだなぁと解ってきます。

サイトに沿って簡単に解説すると、「身体についた不快なにおいを消す方法」(商品開発の一例)があり、これを解決するために、キーワード「消す・消える」を選びます。次に、このキーワードから連想されるアナロジーとして、課題とは殆ど関係のない「霧」「忍術」「殺し屋」・・・を出します。一応「消す」とか「消える」という意味にはあっています。そして、その一つの「霧」について、そのバックグラウンドではなにが起きているか?類推します。

霧→「陽があたる→温度があがる→赤外線→紫外線」とアナロジーします。紫外線なら涼感がする「紫外線は?」「新幹線のWCには、小さな紫外線殺菌灯がついている」あれは、においを消すため。紫外線は、アンモニアを分解してしう。という風に。

ここで、霧のバックグランドには特別な意味があるのではなく、「考えて答えをだす」と力んである固定観念から発想してしまうことを回避することに意味があると思っています。そして、この状態になると、いろいろな発想が出てきます。そして、チームで行いますから、それぞれの潜在思念で引っかかった内容が言語化されます。そして、その段階で最終的な答えに結びつけるようにします。

この方法をとると、いろんな発想が出てきます。答えに結びつける段階では、あまりにも跳びすぎて利用価値の少ないもののほうが多いですが(ジョークねたにはかなり効果のあるものが発掘できます)、確実にかなり広い視点からのアプローチが出来ます。ひとりで考えるときでも、こういう発想で考えるようにしています。あまりにもとっぴなことを言い出して、キョトンとされることもありますが。興味のある方はお試しください。
 
  List
  この記事は 7368 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_7731
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp