生物学を切開する
7730 精子と卵細胞、そして母体
 
村田貞雄 ( 54 静岡 企画 ) 01/08/08 PM11 【印刷用へ
レスありがとうございます。

2つの質問について、調査中ですので、暫定のレスです。

先ず、1つ目の受精での精子細胞質の融合の件です。

確かに、精子には最小限の細胞質しかなく、精子発のミトコンドリアは消滅し、卵子系譜しか残らないというのが定説ですね。そこから、精子の細胞質は全て分解されて受精卵には継承されないと言うことですか。

しかし、2点ほど疑問が残ります。

先ず、第1点目は、精子の先端部分(主に膜と先端の細胞質)は、卵子の膜を潜り抜ける役目をもっている。この先端部分は、受精後は、受精卵の着床部分に集まり、母体の免疫機能を中和させる機能を担っているようです。この件は、紹介サイトがないかと調査中です。
胎生の哺乳類の場合には、着床した受精卵は母体とは免疫上の抗原・抗体関係になってしまいますので、受精卵の方に、母体の免疫に対処する機能が必要なんです。人の場合にこの時期が、ツワリの時期ですね。

第2点目は、精子の尾っぽです。細胞には、細胞分裂する際に重要な役目を果たす、チューブリンという構造があります。運動機能の要素です。運動性の尾っぽには、このチューブリンが集中する。受精卵に継承される運動性(分裂の際の運動性)を保障しているのは、精子系譜のチューブリンではないかと思うのすが。チューブリンは、二倍体細胞に進化する際に、重要な役目を果たし、減数分裂に際して発現する機構として、リン・マーグリス女史が強調している細胞質です。

精子系譜は、DNAのみである。受精での精子の役目は、DNAとしての情報受け渡しあるというのは、非常に単純で分かり易いのですが、受精という機構はそう単純ではないと考えています。

質問の2つ目ですが、確かに卵の巨大化は卵の栄養袋が大きくなるのですね。厳密にいうと「卵細胞」と栄養袋、尿袋を加えた「卵」とは区別が必要ですね。
前回の投稿を、卵総体としてお読みください。
卵の巨大化(卵生)の系譜は、爬虫類と鳥類で頂点に達し、卵の数は多くても七〜八個までですね。排卵時には卵分割は始まっておらず、長い孵卵(親鳥による抱卵)段階が必要ですね。

それに対して、胎生の系譜は、受精後に卵分割がすぐ始まり、母体に着床することで発生が進んでいく。哺乳類の場合も、胎生の子供の数は、十数匹が最高でしょうか。胎生の場合には、免疫機能の問題、胎児への栄養補給の問題など、母体の負担はより大きく、より長い期間となり、機能も高度化していっていると考えます。
 
  List
  この記事は 6975 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_7730
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
173418 体内受精における免疫寛容システムとは? h100p 08/04/03 AM05
166523 精子の淘汰と遺伝 長谷暢二 07/12/05 PM04
8121 受精における精子はDNAだけ持ち込むのではない 吉国幹雄 01/08/16 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp