共認心理学:現代の精神病理
77071 代々木忠の「自分とつながるための方法論」
 
冨田彰男 ( 41 兵庫 経営管理 ) 04/08/28 AM00 【印刷用へ
>乳幼児期の母親との親和充足(笑顔の交信やスキンシップによる安心感)が人格形成上決定的に重要であるにもかかわらず、スキンシップが充分できていない場合、子供は親和不全(怯えに近い不安)に陥る。しかし、赤ん坊にとって母親は絶対存在であるため、親和が得られないのは「自分が悪い」からだと自己攻撃し、己の欲望や期待を封鎖して、母親から与えられる規範観念(「ああしなさい、こうしなさい」「それしちゃダメ」etc)にひたすら収束する。己の欲望や期待を封鎖してしまった子供は、当然性欲も封鎖していく。そして、ひたすら観念に収束することによって、体が求めるものを頭(観念)で押さえ込んでいく。そして頭と体の断絶状態になってしまう。76010

つまり、乳幼児期の親和欠損から、母親へ過剰に同化収束するが、評価されない場合、期待に応えられないのは「自分が悪いからだ」とダメ観念(自己攻撃)に収束する。それで、いつも自信がない。かつ、自分の期待(欠乏)も封鎖してしまう。大半の人、特に若者は、このような心理状況にあると思います。

76604で挙げられている「まず頭が心、体に謝罪。抑圧してたのにも関わらず、がんばってくれた、心、体に感謝」は、この自己攻撃や期待封鎖から、共認回路や本能回路を解放するための方法だと思います。AV監督の代々木忠も、『オープンハート』の中で「自分とつながるための方法論」として、瞑想をあげています。自分の心と体に感謝する、具体的な方法論の参考に、引用します。

>瞑想ですることといえば、(太鼓のリズムのような)最初に音楽を聞き(慣れてくれば、これも必要ない)、首を回し、深い呼吸をして、心に浮かんでくることを自分で確かめ、自分に感謝する。そのあとに、光のシャワーをイメージし、再び深い呼吸をして、最後に10数えてから目をあける。ただそれだけのことだ。

>私たちはふだん自分を理性的に保つために、浅くて不規則な呼吸をしている。だが、ここで行う深くてゆっくりとした呼吸は、毛細血管を開き、血行をよくする。この呼吸があなたをトランス状態(軽い睡眠状態)に導いてくれるだろう。

>「瞑想においては雑念をはらえ」という言葉をよく耳にする。だが、雑念をはらおうとすれば、いつまでも雑念とつきあうはめになる。だから呼吸によって心が落ち着いてきたら、「あえて雑念とたわむれよう」と私は言いたい。雑念を否定し振りはらうのではなく、雑念と積極的に遊んでみるのである。

>そもそも雑念とは何だろうか。なぜ心が落ち着いてくると、雑念が現れてくるのだろう。雑念とは、過去においてまだ解決していない、あなたの思いなのではないだろうか。この意識するとしないとにかかわらず、解決されていない思いがたくさん残っていればいるほど、人からいくら励まされようとも、あなたは自分に自信を持つことがむずかしくなってくる。

>たとえば、(きょう、会社でこんなことがあったな。屈辱感を味わったな。あんなことを言った部長にさえ、俺は媚を売っちゃったんだな)という思いが浮かぶかもしれない。そうしたら、なぜあなたがイヤな部長にさえ媚を売らなければならなかったのかをよく考えてみる。人はだれでも嫌いな人間に媚など売りたいわけがない。そこにはそうしなければならなかった状況があったはずである。だったら、自己嫌悪するのではなく、その時にそれしか取るべき道のなかった自分を認め、自分なりに精一杯やったあなた自身を許してあげよう。

>あるいは、もっと昔の出来事を思い出す人もいるだろう。(そういえば子供の頃、こんなつらいことがあったな。でも、だれにもそれが言えなくて、今でも俺は心のどこかでまだそれを引きずっているよな。よく考えてみると、あの時のあいつをまだ恨んでいるんだな)などと思えてきたとしよう。しかし、そんなつらいめに遭いながら、あなたは一人でここまでがんばってきたのである。過去の幼いあなたに(よくがんばった。君はすごいよ)とほめてあげてほしい。

>そして、どんな場合でも必ず最後に、一生懸命やったあなた自身に(ありがとう)という感謝の思いを送ってほしい。実はこれが自分との対話においては最も大切なことである。
 
  List
  この記事は 76604 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_77071
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
みんなが笑顔になる魔法☆+゜〜肯定視が、健康の源7「頑張ってきてくれた、心と身体に感謝」 「地球と気象・地震を考える」 10/10/15 PM06
239003 周りが「こちらこちら」と手招きしているのが見えてくる スガイク 10/10/06 PM06
238981 自分と繋がる方法バージョンアップ♪〜まずはみんなと繋がる! 西田美和 10/10/06 AM05
233650 「瞑想」と「斉読」 越見源 10/06/24 AM00
本格追求シリーズ2 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは?(2) 極限時代の人類の性(後半)> 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/31 PM01
214298 いつも自信がないのはなんで? カードデモ用板書 志水誠 09/09/04 PM02
210781 自分に感謝してみる 匿名希望 09/07/14 PM06
それでもがんばってくれた、心と体に感謝しよう☆+゚ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 09/07/02 AM03
156649 久々の『感トレ』 斎藤弘美 07/07/11 PM11
118927 肯定視。 匿名希望 06/06/07 PM03
男(オス)と女(メス)があるのはなんでだろう?? 「Biological Journal」 05/12/10 AM04
100514 「万能薬」ってなに 鈴木隆史 05/11/07 PM09
98821 何も考えずにボーっとする 矢内春菜 05/10/09 PM09
94169 自我を処理するためには 匿名希望 05/07/09 PM00
92305 改めて、まず、自分に感謝すること 河野梨恵 05/06/08 PM05
91862 「それしかなかった」から「探索すること」へ 西麻美 05/06/01 PM09
90144 感謝は心のスキンシップ 阿部和雄 05/05/06 PM09
自然の中で、よみがえる感覚。 「女は太陽♪」 05/02/28 PM01
86296 「いつもいてくれてありがとう」はまず、自分に送る言葉かもしれない。 大森義也 05/02/25 AM02
自我と戯れてみる 「サムライなんで屋」 05/02/21 PM09
「許す」 「なんで屋<男塾>梅田」 05/02/19 PM07
85196 「雑念」とたわむれる 矢ヶ崎裕 05/02/05 PM10
85185 感謝と謝罪のトレーニングから生まれた・・・「ちぃちゃんのお話し@」 西麻美 05/02/05 PM09
85055 感謝と謝罪のトレーニング 藤井弥生 05/02/02 PM11
84464 感謝と謝罪のトレーニングから学んだ事 西麻美 05/01/23 AM01
84207 涙がボロボロ 石井佳織 05/01/19 AM00
82183 心のリハビリ。社会のリハビリ。 吉岡摩哉 04/12/06 PM11
77827 相手→みんなを肯定視する前提 大西敏博 04/09/14 AM03
77738 「自分に感謝」からオーガズムへ 三木宏彦 04/09/11 PM11
77596 不全を感じたときこそがチャンス 門奈津子 04/09/09 PM10
77406 ヴィパッサナー瞑想 匿名希望 04/09/05 PM10
77399 「みんな」の中の「自分」を見つめなおすこと。 タコ墨。 04/09/05 PM03
77315 自分への否定視を止める 高利 04/09/03 PM01
77284 身体や心の存在を実感し直す 越見源 04/09/02 PM10
77272 「雑念とたわむれる」とは 長谷暢二 04/09/02 PM09
77259 頭を変えるだけ=構造認識の重要性 塩貝弘一郎 04/09/02 AM00
77256 自分を許してあげることから 山名宏明 04/09/02 AM00
77245 最も身近な自然への感謝 浅野雅義 04/09/01 PM10
77229 「自分とつながるための方法論」 ブリージング 藤田公一 04/09/01 PM01
77215 いつも自信がないのは何で? 橋口健一 04/08/31 PM11
77199 自分に感謝から生まれること 村上祥典 04/08/31 PM10
77193 感謝謝罪から実現回路を形成 谷崎俊文 04/08/31 PM09
77176 今日から感謝と謝罪 大嶋洋一 04/08/31 AM01
77163 自分にも感謝 立石裕美 04/08/30 PM10
77144 皆と繋がる為の方法論を求めていた。 田村飛鳥 04/08/29 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp