共認心理学:現代の精神病理
75324 親の囲いが、対象を遮断し、活力を衰弱させる
 
辻一洋 ( 38 北海道 企画 ) 04/07/22 PM09 【印刷用へ
>'90年頃以降完全に対象同一性(規範同一性)を失った若者はやりたいこと=役割探しを始め74917
私権企業に魅力を感じられず、すぐ辞める若者が増えてきました。
一方で、親元に居たいから会社を辞めたり離婚する若者もいるようです。

本来、対象と同化する過程は、まず、赤ん坊が母親に同化し、次に家族や仲間へと同一化の対象を広げ、彼ら=目の前の対象を通じて少しずつ根本規範や社会そのものを獲得していきます。

しかし、仲間やみんな(社会)に収束せず(orできず)に、親(の期待)に収束し続ける若者も増えています。対象同一性を失った多くの若者は適応欠乏⇒潜在思念にしたがって仲間⇒みんなへと同化し、対象の獲得を試みるのですが、乳幼児期に親和不全が生じた場合はひたすら母親に同化収束します。

>乳幼児期の母親との親和充足(笑顔の交信やスキンシップによる安心感)が人格形成上決定的に重要であるにもかかわらず、スキンシップが充分できていない場合、子供は親和不全(怯えに近い不安)に陥る。しかし、赤ん坊にとって母親は絶対存在であるため、親和が得られないのは「自分が悪い」からだと自己攻撃し、己の欲望や期待を封鎖して、母親から与えられる規範観念(「ああしなさい、こうしなさい」「それしちゃダメ」etc)にひたすら収束する。68500 

母親への同化収束力が強すぎるために母親以外は同一化の対象にはなり得ず、仲間圧力=同化圧力も表層的だけでやり過ごしているようです。

しかし、'90年以降、対象を失った彼らの親たち(74917)
に同化しても当然答えはなく、中身(=対象)のない親の囲いに幽閉されたまま、全く活力の出ない存在となるのは必然です。親以外は表層でやり過ごしてきたが故に、仕事や人間関係といった現実の圧力に耐え切れず(同一化できず)、活力が出ない=(対象のない)親の期待に応えられない自分を攻撃し、鬱やひきこもり、体調不良などの肉体不全で文字通り身動きできなくなる若者も増えています。

「やりたいことが見つからない」若者や、「会社をすぐ辞めてしまう」若者が増えたのも、親へ同化し続けた結果と言える層が少なからずいるようです。
 
  List
  この記事は 74917 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_75324
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
331897 戦後の家族計画運動〜親の役割意識の変化 匿名希望SY 17/12/16 PM07
239726 子育て不安は、問題解決の入口 川井孝浩 10/10/22 AM02
226116 親の囲い込みから脱したものが、社会でも成果を発揮する 10/02/09 AM00
187578 家庭を巻き込んだ地域の活性化 hitman15 08/09/26 AM01
175666 「おとなしい」は時代遅れ? √177√ 08/05/03 PM05
165009 【人間づくり】から【人形づくり】が問題だ 和田博文 07/11/10 PM10
163021 事実(現実)をとらえることが大事 田中瑠衣 07/10/08 AM05
153841 母親の満足な顔 匿名希望 07/06/08 PM08
152983 大事なのは周りと同化していく事だったんですね! サェ 07/05/30 AM00
152907 赤ちゃんは、充足を与えてくれる「対象」に同化するのみ。 とっぽ 07/05/28 PM08
151383 何でもやってしまう親達 だっこ 07/05/11 AM07
146632 宗教やスピリチュアルブームも母親代わり? 渡邊かお里 07/03/07 PM06
134400 教育制度が可能性を閉ざしつつある 磯貝朋広 06/10/15 PM07
128470 自己中子育て 山名宏明 06/08/18 PM10
128320 母親の規範観念=闘争忌避の表層的な私権観念 加藤俊治 06/08/17 AM00
127983 過保護空間は、母親への過剰同化収束空間 近藤文人 06/08/12 PM06
127969 密室家庭も社会圧力を受ける 岸良造 06/08/12 PM00
127890 若者がすぐ会社を辞めてしまうのは? 越見源 06/08/11 AM10
127840 同一化の対象を拡大させる形態が社会に適応していく 匿名希望 06/08/10 PM07
127813 閉塞した若者の頭の中に巣食う旧観念をどうしていくのか? 塩貝弘一郎 06/08/10 AM10
127699 みんなへ同化するには強力な同類圧力が必要 斎藤裕一 06/08/08 AM11
127474 家庭は今やもっとも危険な空間になっている 小林雅志 06/08/04 PM11
127415 子供の成長過程は充足を力に次の段階に進むもの 永峰正規 06/08/04 PM00
126656 親和欠損と親の囲い込みがもたらす活力衰弱の怖さ 匿名希望 06/07/24 PM06
126076 目先収束では、束の間の安心感しか味わえない。 いちごみるく 06/07/17 AM07
125272 子供にも親にも問題あり。 匿名希望 06/07/08 PM08
124886 構造認識を用いて現実の壁を突破していかない限り、鬱になるしかない現代人 匿名希望 06/07/05 PM01
124692 対象同一性の消滅⇒同化能力の低下 藤田公一 06/07/03 PM03
124678 同一対象化は自分にも必要、でも「できてない」現実 中村康次郎 06/07/03 PM01
124677 どっちもどっち ぎゃお 06/07/03 PM01
120602 囲い込みは倒錯した応合意識 山田真寛 06/06/13 PM06
112329 密室家庭の是非 匿名希望 06/05/09 AM01
109129 子供たちの言葉 浦野てる代 06/04/16 PM01
108370 社会収束への転換 橋田和弘 06/04/01 AM10
108324 子育ては誰のため 匿名希望 06/03/30 PM11
108056 「駄目圧力」と「期待圧力」 匿名希望 06/03/26 AM00
107340 社会(みんな)が人を成長させる。活力は新しい観念(構造認識)によって生まれる。 浅見昌良 06/03/14 PM03
105288 仕事を辞める理由 匿名希望 06/02/07 PM00
105277 母親への同化収束力が強いと、なんで母親以外は同一化の対象にならないのか? 三浦弘之 06/02/07 AM01
104204 自分から社会へ 琵琶湖 06/01/18 PM10
103701 うつ 悩み相談事例 28歳 女性 (現在進行形) 山田太郎 06/01/06 PM08
103440 部下の指導をどうする? 小松由布樹 05/12/31 PM11
102458 表層的な充足から本源的な同化へ マー 05/12/12 PM01
99082 親の自覚 匿名希望 05/10/14 PM02
98939 マザコン 匿名希望 05/10/12 AM00
98411 羨ましい出産後母子同室だが 浦野てる代 05/10/03 PM05
97387 評価のしかたも重要 匿名希望 05/09/15 PM11
97015 伝えるべき相手 黒田裕二 05/09/08 PM01
96355 プチ家出現象も 鈴木康夫 05/08/23 PM07
96123 真っ当な期待が人を変えてゆく 山田孝治 05/08/17 AM02
95467 すぐそこにある活力源(=充足源)に可能性を感じられるかどうか 野崎章 05/08/02 PM09
94388 闘えない世代 藤田公一 05/07/12 PM10
94057 高野山高校の新しい取り組み 高利 05/07/07 PM02
92910 自らの課題として考えなければ。 大島健男 05/06/18 PM02
92847 子どものペット化とはよく言うけれど。 松下直城 05/06/17 PM01
92690 対象同一性の大切さを再び気付いた 呉珍之 05/06/14 PM10
92123 「核家族家庭」は共認支配の最大の尖兵 阪本剛 05/06/05 PM03
92093 新しい(本物の)反抗期 田野健 05/06/04 PM11
親の小言 「あったかい場所」 05/05/31 AM00
91510 母親から仲間、みんなへの同化収束 magarimame 05/05/26 PM10
91124 第二の囲い込み とみー 05/05/20 PM08
「うつ」はなぜ起こるのか? 「なんで屋<男塾>梅田」 05/05/14 PM03
89730 「みんな、充たしあいたいんだよ」 中瀬由貴 05/04/29 AM00
89698 社会に向かえば外圧がある。同じ悩みもある。 田村飛鳥 05/04/28 PM09
89681 お母さんになることが安心できる社会に 後藤美奈子 05/04/28 PM01
89337 必要と思えるからこそ勉強する意味がある 篠田悟 05/04/22 AM01
89313 うつの原因である親の囲いを脱出するために 野田雄二 05/04/21 PM10
88521 親への収束とダメ観念 佐々木美穂 05/04/07 PM10
結婚って・・・家族って・・・ 「『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v」 05/03/30 AM05
87574 充足体験で塗り替えていく 匿名希望 05/03/18 PM11
86302 受験仲間に勝ってしまう親の囲い込み unclefootballer 05/02/25 PM00
85987 同化対象が仲間へ向かう必然 谷光美紀 05/02/19 PM11
84790 若者が会社に同化できれば辞めない! Amethyst 05/01/28 PM11
84336 「課題」なき世界で育つ若者 匿名希望 05/01/21 AM01
84334 目先の私益だけでは社員の活力は出ない! 匿名希望 05/01/21 AM00
84123 親も子供に同化し始めている マー 05/01/17 PM00
82533 やはり家庭からの救出 神家佳秀 04/12/14 PM01
82355 親元収束する若者 井上緑 04/12/10 PM10
82098 課題の喪失と共同体の崩壊 齊藤直 04/12/05 AM00
81990 自己犠牲<家庭の場合> 小暮 勇午 04/12/03 AM00
76939 『親と子』⇒『仲間』 藤田公一 04/08/24 PM09
76399 親の囲いは簡単に本能を超える 新井重雄 04/08/13 PM01
75821 「自由にしなさい」 と言いながら、内心では 「思い通りになってほしい」 浅田祥幸 04/08/04 PM00
75774 古い考えの「集団」を変えていく必要がある 斎藤浩明 04/08/03 AM02
75739 若者の“闘争性の欠如”突破の鍵 佐藤祥司 04/08/02 PM05
75725 母親の存在と役割 馬場康一郎 04/08/01 PM11
75642 ニート(NEET) ミスター 04/07/30 PM00
75585 対象に向かうことが突破口 ジャック・ダニエル 04/07/29 AM00
75510 親離れできない子供 立石裕美 04/07/27 PM06
75504 次代の礎 ゲン 04/07/27 PM03
75449 まず、みんなを対象化し合うこと。 福田尚正 04/07/26 AM02
75433 「自分を変えたい」 Nirvana 04/07/25 PM01
75398 友達親子コンプレックス 匿名希望 04/07/24 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp