否定脳(旧観念)からの脱却
74432 平塚雷鳥と女性の解放
 
西村秀彦 ( 29 滋賀 技術者 ) 04/07/04 AM03 【印刷用へ
『元始、女性は実に太陽であった。』

平塚雷鳥により、1911年に婦人文芸誌「青鞜」創刊の辞に記された有名な文言である。
この一文は、そして平塚雷鳥は近代の女性運動の象徴としてしばしば取り上げられる。

しかし、この初期の女性運動は、男女同権を求めるものでも、女性の権利を主張するものでもなかった。
私権時代に抑圧されてきた女としての役割を、社会においてまっとうに果たしたいという思いが根底にあった。
それは、同じ創刊の辞の後半部に見ることができる。

『 〜前略〜 女子が男子と同等の教育の機会を与えられていない現状は残念ではあるが、致命的ではない。知識は真の智への手段の一つに過ぎない。学者であって真を見ること困難な盲者は、男性にも多い。無暗に男性を羨み、男性に真似て、彼等の歩んだ同じ道を少し遅れて歩もうとする女性を、私は見たくない。 〜中略〜 然らば私の希う真の自由とは解放とは何だろう。潜める天才を、偉大なる潜在能力を十二分に発揮させる事に外ならぬ。 〜後略〜 』

この素直な女の社会的役割欠乏が権利要求運動へと歪曲されていったのは、欧米近代思想(個人主義、女権論〜男女同権論etc.)の流入によるところが大きい。

だが、そうした事実根拠の無い権利要求運動が、何をもたらしたかといえば社会の閉塞である。
そして、そんな運動に対しては人々の違和感も強まってきている。
>「ジェンダーフリー症候群に見る槍玉現象」(田野さん:73813

女性が社会進出を目指したのは、決して男と同じ役割を欲したり、権利を主張する為ではない。ましてや社会閉塞をもたらすためなどではあるはずもない。
男と社会的課題を共有して女の担う役割を果たし、共認充足を得る為であったはずだ。
そんな社会進出の実現態のひとつが、辻さんの投稿にあるように感じた。

> そこで店主をやる気にさせた最大の活力源は、彼女たちの答え期待の圧力だった。なんでに答え始めると、待ってましたと言わんばかりに真剣に聞き始める。こちらも彼女らの期待に応えて答えを紡ぎ、彼女らもリアルタイムで評価(反応)する。羅針盤でもある。<(辻さん:74262

> こちらも自然と(立ち見のお客さんも含め)彼女たちに、もっといい女になって(男たちに闘争期待を加えて)と期待をかける。
脇では弟子が必死でメモを取ったり、ぶつぶつと復唱して覚えようとしている。女たちは彼にも優しい眼差しで期待を加えている。
蒸し暑さも忘れさせるほど、充足感があふれた場になった。<(同上)

このようにして『潜める天才』を発揮する女はまさに『太陽』である。
これが、今みんなが必要としている女性の社会進出だ。
そして、そんな『太陽』に照らされて、男はみんなが求める答えを出すべく闘っていくのだ。

 
  List
  この記事は 74262 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_74432
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
223754 “性的商品価値の解放”と“性的役割の本源回帰” R 10/01/08 PM10
223628 平塚雷鳥が目指した女の役割 佐藤晴彦 10/01/07 PM00
223607 否定発の思想では閉塞するのが必然 山上勝義 10/01/07 AM01
223593 RE:女性の社会進出 ヨネ 10/01/06 PM10
223575 明治の開国時に女性の役割が議論された。改めて議論が必要な時期が来た。 猪飼野 10/01/06 PM08
220031 まさに人材が全て 志水満 09/11/19 AM10
209692 フェミニズムの起源 雪竹恭一 09/06/28 AM00
この20年間で、働く女性の現場は変わったの? 「これからは探求の時代」 06/11/06 AM01
女って何? 「なんで屋@奈良」 06/07/03 PM09
94131 女を包む「大空」 浦野てる代 05/07/08 PM03
永久不滅のエネルギー 「いい男・いい女 」 05/05/02 PM02
89514 男女同権は時代遅れ base 05/04/25 PM00
74633 女が太陽なのは・・・・ 門奈津子 04/07/08 PM09
74590 ボールが女に投げ返された理由 平川要 04/07/07 PM10
74575 女が月から太陽に変身 呉珍之 04/07/07 PM06
74568 充足存在になること=女の社会進出 木村明子 04/07/07 PM00
74566 ホントの女性社会進出 阿部詩織 04/07/07 AM08
74531 「平塚雷鳥」と「与謝野晶子」 井草貴浩 04/07/06 PM09
74529 いい女は先の方向を示す。 田野健 04/07/06 PM08
74491 充足は要求から期待への意識転換の先にある 大嶋洋一 04/07/05 PM11
74488 真の女性の解放 立石裕美 04/07/05 PM10
74485 え?そうだったの?? 仲村聡子 04/07/05 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp