共認運動をどう実現してゆくか?
74262 いい女は最強の充足媒体
 
辻一洋 ( 38 北海道 企画 ) 04/06/30 PM11 【印刷用へ
先日、なんで屋露店に来た女性二人組は何を言っても楽しそう。ニコニコ充足。それだけで店主も周りも楽しくなる。

しかし、そこで店主をやる気にさせた最大の活力源は、彼女たちの答え期待の圧力だった。なんでに答え始めると、待ってましたと言わんばかりに真剣に聞き始める。こちらも彼女らの期待に応えて答えを紡ぎ、彼女らもリアルタイムで評価(反応)する。羅針盤でもある。

「閉塞ってどんなん?」
(ガタガタ現象の事例を詳しく話してってことだな)
「この間、新聞に載ってたでしょ、国の借金700兆…」

発する言葉も周りお客さんに同化し、疑問を代弁してくれる。一言でどんな答えを期待しているかが店主にも伝わる。阿吽の呼吸でどんどん共認充足は深まってゆく。
通行人も興味深げに覗き込んだり、時間がないのか名残惜しそうに立ち去る人もいた。

こちらも自然と(立ち見のお客さんも含め)彼女たちに、もっといい女になって(男たちに闘争期待を加えて)と期待をかける。
脇では弟子が必死でメモを取ったり、ぶつぶつと復唱して覚えようとしている。女たちは彼にも優しい眼差しで期待を加えている。
蒸し暑さも忘れさせるほど、充足感があふれた場になった。

思えば、'70年以降、女たちが社会進出し始めたのも、私権確保のためではなく、文字通り「社会」を統合しようとする男たちの傍で、闘争期待=答え期待を加え、共認充足を求め始めたからではないか。

共認充足を形成する媒体はいくつもある。人と人とがつながれば、それだけで共認空間になるとも言える。そこでの充足度は場を作る参加者の意識、活力に規定される。

なんで屋には男たちをやる気にさせる女がいる。その期待に押されて答えを出そうとする男がいる。だから、なんで屋は、他のどの媒体とも比較にならないほど魅力的なのだ。
 
  List
  この記事は 73995 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_74262
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
255791 ☆追求場面で女が期待されていること☆ はーこ 11/08/20 PM08
235472 【☆日常生活での心づかい・期待がけ成果発表☆】をしていこう えみ☆ 10/07/31 PM09
220150 女性の闘争期待=答え期待の顕在化 Rivet16 09/11/20 PM06
220030 女性の「社会進出」とは?みんな既に社会の中にいる。 匿名希望 09/11/19 AM10
123072 闘争期待(答え期待)?? りこりこ 06/06/21 PM02
119017 お手伝いの初デモに立会いました☆ 嶺山志保 06/06/07 PM10
『女は充足存在』 「イマドキの男女事情!?」 05/05/31 AM00
女達の「意味のある話」 「開放空間「THE ROTEN」」 05/04/15 PM11
セックスレス⇒性の再生<3/5なんでや劇場> 「なんで屋<男塾>梅田」 05/03/10 PM06
74808 充足媒体と共認形成の場 関英治 04/07/12 PM06
74775 女性が社会進出した理由 大西敏博 04/07/11 AM03
74696 男も女も共に考える場を望んでいる 田中健太郎 04/07/09 PM10
74618 '70年以降、女は。 矢野聡子 04/07/08 AM02
74483 男のやる気は女次第 高梨俊寛 04/07/05 PM10
74440 充足媒体から活力媒体へ 神家佳秀 04/07/04 PM02
74432 平塚雷鳥と女性の解放 西村秀彦 04/07/04 AM03
74428 “充足媒体”は社会の根底を突き動かす! 佐藤祥司 04/07/04 AM00
74354 いい女になりたい 西知子 04/07/02 PM06
74308 看板娘が充足を広げる 川井孝浩 04/07/01 PM11
74305 充足媒体こそ、女の役割! 森本亜希子 04/07/01 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp