アメリカ→官邸→マスコミによる支配
73070 小泉の支持率と目先の秩序収束
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 04/06/05 PM09 【印刷用へ
小泉の自己正当化の為の攻撃的詭弁とパフォーマンスに、支配層の3/4→庶民の1/2が飛び付いている。その世論を背景に、官邸による報道規制の圧力が強まっていることも容易に見て取れる。
これは、かなり危ない。いったい、何故小泉の支持率は高いのか?

庶民の過半は、私権が閉塞し、もはや私権追求には可能性がないと分かっているが、それでも次の収束先が提示されない以上、目先の私権に収束するしかない状態にある。又、収束不全⇒みんな収束の共認圧力もあって、今や根無し草となった私権観念をあからさまに主張することは出来ないが、その分、私権派の欲求不満が蓄積されている。

収束不全⇒みんな収束の共認圧力を受けて、既存(≒私権)意識は目先の秩序に収束し、それに押されて、個人主義(≒旧観念)より国家主義(力の現実主義)の方が優勢となってきた。
その結果、要求するだけの運動や批判するだけのマスコミ報道に対する反感が、広まってきている。
これは、十数年に及ぶ危機感・閉塞感の蓄積を経て、それでも要求し続けている一部の者の運動や主張に対する違和感→怒りが、顕在化し始めたということだろう。

注:力の現実主義とは、私権時代の支配階級を貫く根幹意識であり、戦後保守勢力の一貫したアメリカ追従も、力の現実主義に基づいている。(しかも、戦後保守党はアメリカの力を絶対視させ、その力の幻影をチラつかせることによって国民を脅し、自分たちの支配の安泰を図る道具にしてきた。)

過半の庶民がロクに探索もせずにこのような目先の秩序(国家や力の原理)に収束したことは、由々しい事態である。その背後には、答えを出せない以上、根本問題は捨象して、目先、無難に過ぎれば良しとする表層充足の風潮がある。この目先、無難に過ぎれば良しとする誤魔化しの表層充足の風潮こそ、過半の庶民を目先の秩序に収束させ、小泉の攻撃的詭弁に飛び付かせた土壌である。
 
  List
  この記事は 72587 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_73070
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
238697 小泉政権 もりちゃん 10/09/30 PM11
202637 傍観者から当事者へ変わろう。 眼鏡人 09/03/21 PM10
202636 力の現実主義が通用しなくなってくる 澤根和治 09/03/21 PM10
142255 「コンプライアンス」という名のファシズム 匿名希望 07/01/13 PM08
126612 国家主義の解釈 小池祐介 06/07/23 PM09
118039 私権意識の復活? 明けの明星 06/06/02 PM08
109453 明日の米より今日の米 ごんべえ 06/04/21 PM11
目先収束の日本 「新しい「農」のかたち」 06/03/03 PM09
105491 劣化収束の影で確実に探索志向は芽生えている 小林雅志 06/02/10 PM07
目先収束という陥穽。 「なんで屋@滋賀」 06/01/01 PM07
100730 今求められている力とは 琵琶湖 05/11/12 PM02
憲法改正って、何? 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/02 AM07
憲法改正って、何? 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/02 AM07
99477 小泉靖国参拝 そこまで拘るのはなんでか? 山田真寛 05/10/21 AM02
98924 統合階級のアメリカ依存 〜巨大な需要と力の原理〜 井上宏 05/10/11 PM10
97162 詭弁ってなに? 佐藤晴彦 05/09/10 PM11
96295 亡国の輩を凌駕する発信力が求められている 田中直人 05/08/21 PM09
96052 傍観者から当事者への意識潮流 山田孝治 05/08/15 PM05
95920 今回も小泉パフォーマンスに引き寄せられるのか 坂本日出夫 05/08/12 PM07
95846 公なパフォーマンス 峯川満章 05/08/11 AM02
95530 歴史教科書の事例でも 鈴木康夫 05/08/03 PM11
94698 自虐史観にとらわれているマスコミと政治 井上光利 05/07/17 PM06
91345 とりあえずの国家収束からの転換 渡邊かお里 05/05/24 PM06
84174 マスコミを使った世論誘導 ベーカー 05/01/18 PM04
82670 意識と現実のズレ 斎藤裕一 04/12/16 PM09
82540 目先収束の潮流を替える 大西敏博 04/12/14 PM02
81983 「構造改革」バブル 岩井裕介 04/12/02 PM10
73653 自分発の壁 高田敦 04/06/18 AM11
73591 由々しき問題 匿名希望 04/06/17 AM00
73551 目先収束の幻想から探索基調の現実へ 松本幸二 04/06/16 AM00
73547 敵として意識され始めた旧世代 田野健 04/06/15 PM11
73504 国家主義、に古いも新しいもない 吉国幹雄 04/06/15 PM01
73458 盲目的な目先の秩序収束の結末 山田真寛 04/06/14 PM09
73454 旧い国家主義と新しい国家主義 宮本昇 04/06/14 PM05
73339 目先の秩序収束が体制補完へと流れつつある危機感 永峰正規 04/06/11 PM04
73316 誤魔化しのパフォーマンス 森田政則 04/06/11 AM01
73304 いつまでも誤魔化しが通用しないのは、当然。 丸一浩 04/06/10 PM11
73277 国家主義優勢は本物か? 雪竹恭一 04/06/10 AM09
73273 国家収束しているのに投票率が低いのは、何でだろう? 小松由布樹 04/06/10 AM02
73271 「国家」と「個人」のスキ間 井草貴浩 04/06/10 AM01
73262 誤魔化しの国家(秩序)収束から新しい統合原理の探索・創造へ 近藤文人 04/06/09 PM11
73254 国家収束は長続きするか? 匿名希望 04/06/09 PM10
73241 苦い記憶。 浦野てる代 04/06/09 PM02
73205 迷走するマスコミと民衆 根木貴大 04/06/08 PM06
73180 次々に現れる目先の収束 佐々木健二 04/06/08 PM00
73082 国家収束より反・反体制の方が強いのでは 積満也 04/06/05 PM10
73071 マスコミの煽動報道と、その最後 岡田淳三郎 04/06/05 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp