素人による創造
72276 音読の効用
 
坂本日出夫 ( 43 東京 技術者 ) 04/05/20 PM11 【印刷用へ
あるサイトに「論理思考には感性・感覚・感情が不可欠」というトピックで面白いことが書いてあります。
リンク

以下引用
************************************************************
>人間も動物の一種ですから、人間の能力というのも本来は動物的な肉体や感情・感覚の上に成り立っています。
そして私の意見では、「論理思考」というのも、論理だけでは成り立ちません。数学や論理学の世界で形式論理をいじっているだけなら論理だけでいけるかもしれませんが、現実の問題解決の場面で使う「論理思考」では、感覚・感性・感情といった「感」の力がなければうまくいかないのです。
ところが、現代ではさまざまな社会的事情により「感覚・感性・感情」を押し殺されるケースが増えてしまっています。
そうなると、形式的な論理判断はできても、それを「感覚」に翻訳できないため、「なんか変だな?」というきっかけをつかめなかったり、「これでいい! すばらしい!」という達成感を得られなかったりします。
〜中略〜
 そして、そういう感情というのは、表に出す、行動に表すことによってさらに刺激されるものです。嬉しいことがあったら人に喋りたくなります。喋った相手が一緒に喜んでくれたらもっと楽しくなります。「喋るな」「じっとしてろ」と行動を封印されたら、喜びは半減ですよね。
 だから、だまっておとなしく聞いているだけという「INPUT」よりも、「感情を込めて音読する」というような、OUPUTを含む活動がいいわけです。
************************************************************

 確かに日常、物を考えているときは、感情・感覚と観念を行ったり来たりしています。逆に集中できなかったり、表層的に物を考えている時は字面だけを追っかけている事が多いような気がします。

>従って、書物であれ、レジュメであれ、投稿であれ、相手(著者)がなぜこれを問題にしているのか、なぜそう考えるのかを深く読み取ること、換言すれば、潜在思念のレベルで対象に同化・応合することが、不可欠になる。71463

潜在思念レベルで同化・応合するためには、現代人が色んな形で押し殺してきた感情・感覚を呼び覚ます事から行わなければならないのかもしれません。「感情を込めて音読する」または「感情を込めて歌を歌う」等が有効なのでしょう。

どちらにしても期待封鎖・感情封鎖のままでは、論理的思考も出来ないということなのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 72032 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_72276
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
74996 目をつぶって構造理解 吉国幹雄 04/07/15 PM07
73023 現実の正確な認識と、その実体化が必要 三宅秀和 04/06/04 PM10
72826 輪読と共認回路 吉村信子 04/06/01 AM09
72751 同化の社会 アイスクリーム 04/05/30 AM03
72636 感覚と論理 山田太郎 04/05/27 PM11
72619 論理と実感を統合する 星埜洋 04/05/27 PM09
72566 観念と共認は一対 浅野雅義 04/05/26 PM10
72525 「旧観念を捨てる」ってこういうことですか。 綾木順子 04/05/25 PM10
72460 音読は、自分発の理解を防ぐ 矢ヶ崎裕 04/05/24 PM10
72451 同化・応合の為に豊かに感情を再生する第一歩 新井重雄 04/05/24 PM09
72439 音読と共認回路 斎藤幸雄 04/05/24 PM01
72425 「何か喋らなきゃ!」って思わなくても良い! 中瀬由貴 04/05/23 PM10
72421 音読は同化の要因となる 中野泰宏 04/05/23 PM08
72291 現実課題を前に言葉の威力は増す √177√ 04/05/21 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp