これからの暮らしはどうなるの?
72274 新たな人類の適応過程
 
福島健 ( 31 滋賀 建築設計 ) 04/05/20 PM11 【印刷用へ
>生きとし生けるものは、全て外圧(外部世界)に対する適応態として存在している。〜中略〜全ての存在は、本能をはじめ無数の構成要素を持っているが、それら全ては外部世界に適応しようとして先端可能性へと収束する、その可能性への収束によって統合されている。(実現論1_1_01

人類はいま>最基底の適応欠乏⇒可能性探索回路を強く生起させ(71819)ている。それは、文字どおり生物としての適応方向を探索しているのであり、さらに>社会共認の収束不全という共認次元にもありながら、集団を超えた社会レベルの共認ゆえに観念の次元に昇華されないと解消されない(71846)という全くあたらしい様相を呈している。

人類の最大のニッチは、新理論を切り拓く所にある。(71820
つまり、人類の先端機能である観念の新たな適応が求められているということなのだろう。

それが『新理論』であり、それを切り拓くには、極限時代の人類が精霊信仰によって初めて観念を獲得したように科学認識=事実認識の原点(実現論1_6_02)にたちかえることが何よりも不可欠となる。それは旧観念を全て捨て去ることと同義でもある。

事実認識の積層とも言える構造認識の獲得は、この過程上にしかない。さらに先に事実共認による社会統合がある。この一連のプロセスが人類の新たな適応過程そのものなのだろう。

 
  List
  この記事は 71820 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_72274
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
1 福島原発の現状:ミニ水蒸気爆発でウランが粉末状になって飛散か?
消された「とある原発の溶融貫通(メルトスルー)」は、隠蔽すべき4号機の真相を暴き東電を激しく叩きまくっていた!
福島第一原発のプルサーマル原子炉の恐怖
原発事故(2) 日本人全体が放射能人間と化す
原発事故(3) 原発事故、これから日本はどうなる?
日本人の大量死が始まる。千葉の国立大学病院では甲状腺疾患の患者が激増し、手術は200人以上待ち
3.11以降の死亡者数が、第二次大戦に匹敵するほど急増
放射能の脳への障害
『原発がどんなものか知ってほしい』〜ある現場技術者からの告発〜
みえない雲の向こうに視るべきものC〜原発の事故が起きたらどうする?
原発 政府・マスコミ、ごまかし。危ない?!
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
東北沖地震〜原発は必要か否か23 「原発は、頭のてっぺんからつま先まで“ウソ・騙し”」
「原発安全神話」はいかにしてつくられたか?
この国は電力会社に丸ごと買収されていた。原発マネーに群がった政治家・学者・マスコミ@
原子力利権 〜政・官・産・学・マスコミの結託→暴走〜
官僚と東電:特権階級=試験エリートの悪行
最高裁が[原発訴訟]をことごとく敗訴させたから原発が54基もできた
自然放射線と人工放射線のちがい / 市川定夫氏
日本の放射能暫定基準と世界の基準の差異
人為的に引き起こせる地震という米軍の新兵器
地震予告が米国から来る理由〜ベクテル社というボーリング会社が工事に参加した所で地震が起こる
東日本大震災人工地震説を裏付ける2分13秒間の「9連続強振動パルス」(2)
温暖化は嘘、氷河期が到来している!A〜「地球温暖化」と言う作り話は切迫した真の問題を隠すための煙幕
「二酸化炭素による地球温暖化詐欺」を告発するビデオ
地震の発生メカニズム「熱移送説」の紹介(1)
地震の発生メカニズム「熱移送説」の紹介(2)
地震の発生メカニズム「熱移送説」の紹介(6)
プレート説では説明できない事象@
プレート説では説明できない事象A
地球内部は巨大な天然原子炉
マントル内部で電子レンジ状態⇒熱の通り道ができる
熱膨張による地殻の破断と岩盤の再溶接
「東北地方太平洋沖地震」、『世見』サイトに書かれていたことが的中しています。
未知の世界の知性?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp