これからの暮らしはどうなるの?
72274 新たな人類の適応過程
 
福島健 ( 31 滋賀 建築設計 ) 04/05/20 PM11 【印刷用へ
>生きとし生けるものは、全て外圧(外部世界)に対する適応態として存在している。〜中略〜全ての存在は、本能をはじめ無数の構成要素を持っているが、それら全ては外部世界に適応しようとして先端可能性へと収束する、その可能性への収束によって統合されている。(実現論1_1_01

人類はいま>最基底の適応欠乏⇒可能性探索回路を強く生起させ(71819)ている。それは、文字どおり生物としての適応方向を探索しているのであり、さらに>社会共認の収束不全という共認次元にもありながら、集団を超えた社会レベルの共認ゆえに観念の次元に昇華されないと解消されない(71846)という全くあたらしい様相を呈している。

人類の最大のニッチは、新理論を切り拓く所にある。(71820
つまり、人類の先端機能である観念の新たな適応が求められているということなのだろう。

それが『新理論』であり、それを切り拓くには、極限時代の人類が精霊信仰によって初めて観念を獲得したように科学認識=事実認識の原点(実現論1_6_02)にたちかえることが何よりも不可欠となる。それは旧観念を全て捨て去ることと同義でもある。

事実認識の積層とも言える構造認識の獲得は、この過程上にしかない。さらに先に事実共認による社会統合がある。この一連のプロセスが人類の新たな適応過程そのものなのだろう。

 
  List
  この記事は 71820 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_72274
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp