るいネットを応援する
6983 素人の社会活動26 創造の資質
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 01/07/28 PM06 【印刷用へ
●しかし、認識を統合できる者が殆どいない。
☆いったい、認識の統合者=創造者の資質は、何なのか?それが出来る者と出来ない者の違いは、何なのか?
●まず、知識が豊かであるとか言葉が巧みであるという様な事とは無縁であるらしい事は、多くのダメ投稿群の例から見ても、明らかである。つまり、観念回路そのものには統合力(従って創造力)は、ないらしいと考えられる。だとすれば、観念以前の回路、つまり本能回路・共認回路・(自我回路)が、意識の統合の(従って創造の)カギを握っているという事になる。そこで、これら本能・共認・(自我)回路が生み出す意識を、仮に(言葉以前の意識という意味で)潜在思念と呼ぶ事にする。
●誰もが、これらの潜在回路を使って現実を対象化し、可能性を探索している。そして、実現可能な方向や方法を探り当てた時に、全意識がその可能性に収束して、潜在思念が統合される訳だが、この潜在思念の統合力こそが、統合(創造)のカギを握っており、かつ人によって潜在思念の統合力に大きな差があるらしい。
●この差は、本能・共認・自我の夫々の回路の発達度合い(おそらくは、本能充足・共認充足・自我充足という夫々の充足体験度合い)に規定されていると考えられる。つまり、充足体験の豊かな(従って潜在回路の発達した)者は、どこまでも潜在思念で現実を対象化する。従って、様々な切り口が出てくるし、いずれは突破口を探り当てる事が出来る。
あるいはそれ以前に、潜在思念がその都度それなりに統合されているので(つまり、実感に裏打ちされているので)、彼が語る言葉は概ね整合しており、分かり易い。
それに対して充足体験が貧弱な者は、現実を対象化しても潜在思念を統合し切れずに、すぐに出来合いの観念に飛びついて終う。しかし、どんなに観念をいじくり回し組み合わせてみても(本人はそれで整合していると錯覚しているらしいが)、肝心の潜在思念が統合されていないので、彼の言葉は全く整合していないし、極めて分かり難い。
●その上、もっとまずい事に、現代人(特に35歳以上の人)は、本能充足や共認(本源)充足の体験が貧弱で、自我充足の体験だけが豊かである。従って、潜在思念も専ら自我回路によって統合する事になる。2チャンネルの投稿者がそれである。彼らの悪口やケンカは、もちろん何も生み出す事は出来ないが、自我という潜在思念がそれなりに統合されているので、実感が込められており、それなりに分かり易い。
それに対して、一応頭では自我を否定しているが、しかし自我に替わるべき本能充足や共認充足の体験が乏しい者たちのるいネットでの投稿は、問題を難しくこんがらがらせるだけで、整合性が低く、実感も薄いという惨々たる結果に陥って終うことになる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_6983
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
農から始まる地域の再生〜新しい生産集合体をどうつくるか?〜7.充足発の実践思考!!農商工連携の6次産業化成功事例〜 「新しい「農」のかたち」 12/08/09 PM01
244496 潜在思念で現実を捉えるとは 大脇正嗣 11/01/23 PM00
241309 潜在思念の塗り替えやってみようと思います。 匿名希望 10/11/27 PM08
241280 行き詰った時ほど、周りに見てもらう工夫が必要! 匿名_希望 10/11/27 AM01
241260 『モヤモヤ』を感じているときは、同時に『可能性』も感じている。 匿名希望 10/11/26 PM06
241259 答え(=可能性)の創造の為には、共認充足体験を積む機会を増やせばいい rino 10/11/26 PM05
241241 自分の認識・考えを相手にわかりやすく伝えるためには 水谷謙太 10/11/26 AM00
231604 潜在思念の中身を共認へ塗り替えたらいい(*^-')b ゆずりょくちゃ 10/05/14 AM00
222754 現実を表す観念は、評価・共認される。 岸良造 09/12/26 PM07
素人の創造シリーズ4〜創造の資質 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/12/20 PM03
222155 観念能力そのものには統合力、創造力はない 佐藤晴彦 09/12/18 AM07
213894 仕事における課題の突破口も潜在思念から 権守美保 09/08/29 PM09
209839 答え欠乏と仲間欠乏は一体である。 くり 09/06/30 PM08
209775 幼少期の同化能力の高さを、個人や平等といった観念で蓋をしている 孫市 09/06/29 PM06
202724 活かせるアイデアが次々と出てくる人 西村秀彦 09/03/23 AM10
202698 【図解】潜在思念による、統合=創造 山田徹 09/03/22 PM10
202669 共認充足が潜在思念の豊かさを育み認識統合力を高める バスケットマン 09/03/22 PM00
202596 『充足発』の言葉が、響くのはなぜか? 吉川功祐 09/03/21 PM01
202586 創造力が豊かであれば課題=充足課題となる パンダマン 09/03/21 AM08
197188 図解には潜在思念の統合力が端的に表れる 匿名希望 09/01/13 PM05
196996 潜在思念で統合するって? 西田香織 09/01/11 AM00
173199 共認充足によって潜在思念は豊かになる マニマック 08/03/29 PM07
157237 心と身体で考えること 越見源 07/07/20 PM03
157160 潜在思念の充足体験の豊かな人に真似てみる。 近藤文人 07/07/19 PM00
142844 潜在思念が統合されないから 衛藤信義 07/01/20 AM11
125994 滋賀県知事選挙、既成政党は人々の潜在思念を見誤った 庄恵三 06/07/16 AM07
102733 充足可能性に背を向けないこと ジャック・ダニエル 05/12/17 AM00
7372 直感、実感を生み出すには 山本豊 01/08/02 PM10
7351 ないと考えるとスッキリします。 田原康夫 01/08/02 PM09
7212 成功体験、失敗体験 浅野信夫 01/07/31 PM09
7202 直感的には 津久田博之 01/07/31 PM08
7187 どうして観念回路には統合力がないのだろう? 平野令 01/07/31 PM08
7186 脳みそをネットに委ねる 麦秋 01/07/31 PM08
7157 統合された直感から始まる創造 鈴木隆史 01/07/30 PM10
7136 分かり易い言葉を使える人 宮谷和枝 01/07/30 PM08
7120 潜在思念で統合された投稿 田中素 01/07/30 PM08
7108 本当に潜在思念を使った投稿とは? 高田康史 01/07/30 PM07
7105 直感で判断できる人 村田頼哉 01/07/30 PM07
7086 応望の姿勢で 高橋克己 01/07/29 PM02
7057 共感(←実感) 井上宏 01/07/28 PM10
7045 現代人として思う事 原田昭雄 01/07/28 PM09
7030 ひたすら、取り組む姿が鍵? 津田大照 01/07/28 PM09
7012 実感はマイナス、だから空疎な観念操作 村田貞雄 01/07/28 PM08
7009 実感 塩貝弘一郎 01/07/28 PM08
7006 実感に裏打ちされた投稿について 本田真吾 01/07/28 PM08
7005 人間好き人間の実感のもと 石川笑美 01/07/28 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp