るいネットを応援する
6982 素人の社会活動25 会話と会議は違う
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 01/07/28 PM06 【印刷用へ
●会話は、応望回路を使わなければ、成り立たない。しかし、会議=主張は応望性がなくても成立する。その場合、何かを主張するその主体(orエネルギー源)は、自我である。だからこそ、(完全自由な)ネット上の会議は、必然的に2チャンネルになる。ヤフー掲示板での議論も、それに近かった。だとすれば、るいネットの会議室(における投稿者のエネルギー源)も、本質的には2チャンネルと同じモノ=自我に成って終っているのではないか?
●実際、批判型や主張型の投稿が過半を占め、それが会議室を(小難しいだけで)面白くない物にしているが、それは、ただの自我ではないのか?彼らは、本当に現実を対象化しているのか?対象を掘り下げたのか?
何も掘り下げてはいないし、何ら新しい認識も生み出せていない。とすれば、結局、自我発の批判or主張でしかない。
●あるいは、テーマに関連したプロの説を紹介するというパターンも多いが、これも自ら現実を対象化し、掘り下げるのではなく、単に横に流しただけである。もちろん、それでも目新しい話題の提供という点で若干の応望性もあり、単なる主張型の投稿よりは、ずっとマシである。
●しかし、目的は対象を解明する⇒掘り下げることであり、その点では現在的な事例や歴史上の現象事実を(他の本やサイトから)発掘して紹介する発掘型の投稿が最も有益である。皆が発掘してきた現象事実群を統合できる者さえ居れば、対象の解明が一段進むし、皆の発掘投稿も活きてくる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_6982
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
231752 状況を全て「構造論」に置き換えていく! 匿名希望☆ 10/05/16 AM08
213899 足りてなかったものは… ゆずりょくちゃ 09/08/29 PM09
213898 『会話は応望回路を使わなければなりたたない』〜面接場面〜 かりん 09/08/29 PM09
180709 提案が答えに導いていく 鈴木康仁 08/07/06 PM06
7464 ジャストミート 山岡千恵 01/08/04 PM07
7412 掲示板と会話 永峰正規 01/08/03 PM10
7231 親密度の高さが必要では? 今井勝行 01/07/31 PM10
7198 言霊? 井草貴浩 01/07/31 PM08
7156 議論嫌いな環境サークルの人達 越見源 01/07/30 PM10
7143 応望の楽しさ 吉岡摩哉 01/07/30 PM09
7134 会話と会議の違い 星埜洋 01/07/30 PM08
7124 まずは,和から。 仙元清嗣 01/07/30 PM08
7123 自我がでないとき 齊藤直 01/07/30 PM08
7121 「実」のない会議室には、参加したくない。 石橋創 01/07/30 PM08
7112 会話が新たな認識を創造する? 越見源 01/07/30 PM08
7050 会話で充足するとき 前山薫 01/07/28 PM10
7047 会話 山名宏明 01/07/28 PM09
7046 女性の投稿は人気がある。 衛藤信義 01/07/28 PM09
7040 言いたい放題 内山竜太郎 01/07/28 PM09
7029 会話と会議の中間にある対話 阿部和雄 01/07/28 PM09
7024 耳が痛い話 河村雅博 01/07/28 PM09
7008 「見る」から「聞く」へ 谷光美紀 01/07/28 PM08
7007 応望性に満ちたネット空間を創る・・ 土山惣一郎 01/07/28 PM08
6994 会話しやすい場 前山修司 01/07/28 PM07
6991 統合できる者 芳賀志江 01/07/28 PM07
6989 舌戦の論理 平川要 01/07/28 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp