共認運動をどう実現してゆくか?
69778 なんで屋さんはなんでも屋になれる
 
岡田理恵 ( 30 大阪 受付 ) 04/04/03 PM05 【印刷用へ
昨日立ち寄った露店に、15分前に初めて来たと言うおじさんが、お題とは全然関係ない話を大きな声でしゃべりまくっていて、店主さんもその場にいた人達もみんな苦笑いで聞いていました。
そんな中、露店に来た女の子と、一緒に行ってた女の子でお題を聞いてみようと言う事になって、ようやくそのおじさんも含め5人でお店のお勧めお題を聞く事になりました。
店主さんとやりとりをしたり、聞いたりしているうちに、店主さんの話に引き込まれ、みんなもしゃべりまくっていたおじさんも、じーっと聞くようになり、「それで、それでどうなるの?」みたいな、答えに対する期待感が漂った空気になっていました。
だいたいの答えが出たとこで、そのおじさんは、主に答えていた若い店主さんに「うちの会社に来ないか!」と言い出しました。私もその場にいて、そのおじさんが言い出した気持ち、すごくよくわかるなぁ〜と思いました。そのおじさんはそれからも、「こういう人を探してた!久しぶりにうちの会社に来て欲しいと思ったヤツを見た!」と何度も繰り返し、感動していました。

>今や、仕事場面でも、結果としての成果品の質を実現するためには、共認形成の場作りと誰もが共認できる普遍的な事実構造を提示できる能力の獲得、そのための、「認識形成の場」と「新しい認識の必要」に気づくことが不可欠な時代になったと実感できる。(68528

いろんな人のなんでだろう?に答えられる人、みんな期待に応えられる人、社会の期待に応えられる人、誰もが集まり語り合う場を作ってる人(44391)には、どんな人もどこの企業も、社会全体が求めてるって事がすごく実感できました。そして実際、どんな仕事も出来そうだし、相当役に立つんだろうなとも思いました。
 
  List
  この記事は 68528 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_69778
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
108927 露店主の凄いと思うところ マー 06/04/13 PM01
102622 仕事は保険の営業だけれども、彼女もまた「なんで屋」!(阪急桂駅前) 浅田祥幸 05/12/15 AM02
ネット統合システムが急務! 「なんで屋−驀進劇−」 05/10/15 PM03
89988 経営者が脱私権を目指せば、社員はなんでも屋さんになっていく。 松本幸二 05/05/03 PM11
86155 たった一言からの可能性 塩貝弘一郎 05/02/22 PM10
84490 なんでも屋を求められるくらい期待は高まっている 柳瀬尚弘 05/01/23 PM06
84364 露店主たちの成長=社会を変えていける人材の輩出 丸山桂 05/01/21 PM07
84243 毎日の生活の中にこそ共認運動を組み込む 関英治 05/01/19 PM09
82299 閉塞された市場社会を先導してゆく先任者は 篠田悟 04/12/09 PM09
82298 社会ニーズに応える 新井弘 04/12/09 PM09
81857 潜在思念に同化 井川民夫 04/11/30 AM00
70225 「なんでも屋さん」だからこそ、認識の有効性⇒勉強の必要性を伝えられる 冨田彰男 04/04/12 PM11
70046 なんで屋さんは『自分』を『みんな』に変えられる。 河野梨恵 04/04/09 AM08
70010 みんなが求めてる人!=みんな期待! 森本亜希子 04/04/08 PM09
69914 期待に応えられてこそ 田中直人 04/04/06 PM01
69902 社会に必要だと認められたものは増え続ける。 柏原孝史 04/04/05 PM11
69867 何でも出来る人は社会を変えられる 熊澤敬輔 04/04/05 PM04
69849 「なんで屋さんはなんでも屋になれる」は、正解です。 阿部紘 04/04/04 PM09
69846 共認形成できる人は何でもできる! 嶺山志保 04/04/04 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp