実現論を塗り重ねてゆく
68528 仕事場面でも、本当の期待応望への転換が求められている
 
本田真吾 HP ( 47 香川 建築家 ) 04/03/01 PM10 【印刷用へ
極論すると、かつての仕事の成果は、結果としての成果品の評価のみに力点が置かれていた。どのような強引なやり方をしていても、結果よければそれでよしという風潮があった。提案とは、優れた成果品をイメージさせるプレゼンテーションであった。

それを実現するために、顧客にどう取り入るかということがもう一つ課題であった。顧客との関係では、相手の求めるもの探り、それに応えて充足を与える、という、一見期待応望のような関係が成立しているようにも見えた。

しかし、応えているのは相手の自我(気に入ってもらえる事)であり、普遍性が無い。だから、大きな組織では、それぞれの担当の要求は、立場ごとに異なり、対立する。それを、ごまかしながらでも納得させてしまう能力が求められ、それこそが関係能力であった。

>人間関係のアンテナ(関係能力)に頼る状況判断と手法は、「(例え積極策でも)待ち」である故に急速に迫力を失せさせて来た。(68250阿部さん)
 
この理由は、相手の自我期待に応えて、対立する意見を、序列構造を読みながらまとめていくという手法が、序列原理から共認原理に移行したことにより、普遍的なみんな期待には対応できず、客先・内部とも組織内の共認形成が出来なくなったということだろう。

共認原理に移行し、最大の活力源である共認充足を得られる場を、社内・社外とも作れないとしたら、両成員の活力の結晶である仕事の成果が落ちてくるのは自明である。

今や、仕事場面でも、結果としての成果品の質を実現するためには、共認形成の場作りと誰もが共認できる普遍的な事実構造を提示できる能力の獲得、そのための、「認識形成の場」と「新しい認識の必要」に気づくことが不可欠な時代になったと実感できる。本当の期待応望への転換が求められている。

 
  List
  この記事は 68250 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_68528
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
69778 なんで屋さんはなんでも屋になれる 岡田理恵 04/04/03 PM05
68679 地道な共認形成の威力 石橋直樹 04/03/05 PM10
68673 結果よりも過程(プロセス)の提案 浅野雅義 04/03/05 PM09
68574 普遍課題が私的欲求を凌駕する時代 矢ヶ崎裕 04/03/02 PM11
68566 思考方法の転換 小暮 勇午 04/03/02 PM10
68559 相手を傷つけちゃいけないという規範 嶺山志保 04/03/02 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp