暴走する悪徳エリートの所業
68006 『強制加入の年金制度』は、ねずみ講よりたちが悪い。
 
安西伸大 ( 30 岐阜 会社員 ) 04/02/15 PM06 【印刷用へ
『年金制度は国家ぐるみのねずみ講』というご指摘に、直感でなるほど、的を得た表現だ、と思いました。
しかし『年金制度がねずみ講って本当?』という疑問が改めて湧いてきました。

まず『ねずみ講の定義』ですが、

>ねずみ講(無限連鎖講)
 次々と会員を勧誘する事で新規会員からの金銭が配当されるピラミッド型組織です。
ねずみ講がマルチ商法やマルチまがい商法と異なる点は、きちんとした商品が介在しない点です。
ねずみ講は正式には無限連鎖講と呼ばれ、法律で禁止されておりますので、悪徳商法というよりも完全に犯罪です。ねずみ講を開設した者も参加した者も罰せられます。
ねずみ講であることを分かりにくくするために「商品らしきもの」を介在させる場合も多く、例えばテレホンカードやマニュアル・書類・証明書などの情報が「商品らしきもの」として使われたケースがあります。
商品と商品らしきものの区分け基準として、その商品に商品価値があるのかどうかが最大のポイントになります。また、ねずみ講とマルチ商法との違いを見極めるポイントは、「報酬が会員が商品を購入した費用から発生しているのか」「商品購入から発生していると見せかけているだけで、実態は違うのではないか」という点です。(クーリングオフネットのHPより)

ここで重要なのは、ねずみ講が成立するための条件として
@新規会員からの金銭の配当、ピラミッド型組織が成立している。
A『商品らしき』もの、『商品価値』がないものを扱っている。
という点だと思われます。

まず@についてですが、
>旧厚生省「年金白書」(1999年)のデータによれば、70才の夫婦で、1300万円の保険料負担で、6800万円の年金を受け取っている。給付額は負担の5倍以上になる。その孫の世代の10才の子は将来、7500万円の保険料負担で、4900万円しか受け取れない(66594

>加入者が自分で積み立てた分の保険料だけでは給付をまかない切れない状態になり、下の世代の保険料負担で年金給付をまかなう賦課方式の要素が、なし崩し的に強まったのです。[Yomiuri On Line (36)公的年金の財政方式<1>]

年金制度における、受給者が受け取る超過分は、『先に加入した者は自動的に上部構造に、後から加入した者は強制的に下部構造に入る、ピラミッド構造型の組織(この場合国家)』という、現役世代=新規加入者からの『搾取構造』がもたらした『配当』であるといえ、ねずみ講の成立条件@を満たします。

次にAですが、
>既に納付された保険料に対して支払いが約束されている給付債務は720兆円。そのうち、財源的裏付け(積立金+国庫負担金)は、270兆円だから、差額分の450兆円の債務超過状態にある。
しかも、将来分でも、80兆円の債務超過額がある。過去と将来を合わせれば、530兆円になる。(66594)

にあるように、『年金受給権』には、財源が現実に存在しません。
国債などの新規借り入れでまかなえる、国民の金融資産が1400兆円ある、消費税率をあげれば対応可能、という反論が予想されますが、その大前提には、今後も国家が永久に借り入れ可能である、国民の金融資産は国家のものである、消費税を財源とすることを国民が認めるという仮定をおかなければ成立しません。

いづれも現実の裏づけがあるかどうかという観点からは無効です。

しかも、まともに考えたら、現実の財源、すなわち何ら根拠がない権利=『年金受給権』に、商品価値があるわけがない。

以上から、年金制度は、ねずみ講の成立条件@とAを完全に満たしているといえます。

国民すべてに『商品価値がないもの』を餌に『成果圧力が一切かからないピラミッド構造にある』制度に、一切の意思確認をせずに『強制加入させている』点で、勧誘対象者が断ることも可能であるねずみ講よりも、かなりたちが悪い、悪質な制度なのではないでしょうか。

年金を支払うという行為は、『財源的裏づけが存在しない債務の補填』であり、年金受給権は『不良債権』『商品価値のない架空の権利』さらに何もしていないのに『年金を受け取っている』人は『泥棒』です。

犯罪的な制度に代わる、まともな制度が必要です。
 
  List
  この記事は 67133 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_68006
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
262751 年金問題の本質 近藤文人 12/04/05 AM02
216843 年金は民営化すべき kawa 09/10/09 PM09
155020 年金制度はどうなる? 匿名希望 07/06/23 AM01
110655 当事者意識のなさ ぎゃお 06/04/29 AM02
99955 まさか年金を金融市場で運用しているとは・・・ 磯貝朋広 05/10/28 PM10
96947 無抵抗のまま毟り取られるサラリーマン 高梨俊寛 05/09/07 AM00
85478 制度のもつ毒性は全て旧観念発 鈴木康夫 05/02/10 PM08
85443 国民年金って何? 宇津義和 05/02/10 AM01
81213 年金制度を潜在思念で塗り替える 村田頼哉 04/11/21 AM05
69499 議員年金って・・・ にっすぃ〜 04/03/27 PM09
69404 年金の欺瞞、また… 蘆原健吾 04/03/25 AM00
69324 年金は政治家や官僚のくいものか! 匿名希望 04/03/23 AM09
68723 「何事も統合されなければならない」という演繹的な視点 前上英二 04/03/07 AM03
68475 みんなの意識が変っても、私権統合機能でしかない国家は変らない 小林雅志 04/02/28 PM11
68390 年金制度の改革と云いながら、結局開き直りしか提示されず 新大阪駅 04/02/26 AM02
68322 「年金アドバイザー3級」 山田孝治 04/02/24 PM11
68196 企業はねずみ講の片棒を担がされている 谷光美紀 04/02/20 PM10
68188 マスコミの二重の罪 〜年金問題から 多田奨 04/02/20 PM02
68057 年金制度は、若者にとっては一種の「税金」であるかもしれない。 匿名希望 04/02/17 PM01
68054 おかしい!を言葉にしていかなくっちゃ 立石裕美 04/02/17 AM08
68053 年金制度の背後にある「市場経済」こそが壮大なネズミ講では? 阪本剛 04/02/17 AM06
68025 何処で途切れるか 匿名希望 04/02/16 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp