マスコミに支配される社会
67043 政治家からマスコミへの権力移行の流れ
 
石橋直樹 ( 39 大阪 企画営業 ) 04/01/20 AM00 【印刷用へ
>70年貧困が消滅し、生存圧力を克服したとたんにこの絶対的な序列意識が音を立てて崩れていったように思います。70年当時の田中角栄首相も初めはマスコミに家を建ててやるなどして懐柔していましたが、最終的にはロッキード事件で失墜させられたのを皮切りに、その後の宇野首相の妾によるスキャンダル暴露など有力者が悉く力を失っていった事が序列崩壊を端的に現しているように思います。(59487)

確かに'88のリクルート事件後に中曽根内閣を継いだ宇野首相('89)は上記の通り。海部内閣で一時凌いだものの、'91バブル崩壊後、証券疑惑が相次ぐ金融不祥事、'92宮沢首相は従軍慰安婦問題も謝罪して乗り切ろうとした矢先、佐川急便事件からゼネコン疑惑へと続いて、踏んだりけったり。新党ブームで担がれた'93細川政権以降、連立政権で何とか体裁を整えているのは今も変わりません。

これら80年代以降の政治家の弱体化とマスコミ権力の強大化は明らかですが、政治家が第一権力者であった時代からの過渡期を事象で追ってみたいと思います。

'50年吉田内閣の時代、池田勇人国務大臣が「貧乏人は麦を喰え」(正確には「所得に応じて、所得の少ない人は麦を喰う」)と言ったり、'53年吉田首相が「無礼だ」「バカヤロー」と予算委で暴言を吐き、不信任案を可決されても、解散総選挙後に首相に指名されたのは、政治家の権力の強大さを象徴しています。

翌'54年には、造船疑獄に関与した佐藤栄作幹事長が逮捕されそうになった時、犬養法相は指揮権を発動して逮捕を阻止しています。それだけでも今の感覚では驚きですが、吉田首相は「汚職、汚職と言うが、流言飛語に耳を貸すな」とまで発言しています。

一方50年代後半からテレビの受信契約が毎年倍々で増えていきながら、'56週刊新潮、アサヒ芸能、'58大衆、'59文春、平凡に至って週刊誌ブームがマスコミの共認域を広げていきます。

60年代前半は所得倍増計画で順風満帆でも、後半になってくると佐藤栄作総裁で闘った'67衆院選で自民党は初めて得票率が50%を割ります。この辺りから政治家の権力が下り坂になってきているように思います。そこで「棚ぼた」を得たのが革新勢力とタレント議員ではないかと思います。

'67の美濃部都知事に続いて、'71には黒田大阪府知事と飛鳥田横浜市長と革新政権が成立。'73には神戸市長、'74には京都府知事(再選)と香川県知事と革新首長が続きます。しかし、'70年代後半には京都府、東京都、大阪府と相次いで革新政権が倒れたのは、時の政権が力を失った一時の「棚ぼた」であったことを意味しているのではないでしょうか。

タレント議員の進出が顕著になったのは'68の参院選です。石原慎太郎、青島幸男、横山ノックなどはこの時大量票を獲得して政界に進出しています。この頃がマスコミ時代の選挙の先駆けだったのではないでしょうか。当選したタレント議員が国政では何もできず、せいぜい都政や府政に鞍替えするのが関の山となった事実が、マスコミ主導による票流を感じさせます。

革新政権とタレント議員の'70年代から、'80年代の片時の社共躍進後、前述の'90年代以降ガタガタ政権となって、マスコミの第一権力化が歴然となってきたと思います。
 
  List
  この記事は 59487 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_67043
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「どうする?マスコミ支配14」 第一権力化したマスコミ〜政治家の叫び『貧乏人は麦を食え!』『ばかやろう!』〜 「日本を守るのに右も左もない」 08/02/02 PM10
「どうする?マスコミ支配14」 第一権力化したマスコミ〜政治家の叫び『貧乏人は麦を食え!』『ばかやろう!』〜 「日本を守るのに右も左もない」 08/02/02 PM10
142477 “「貧乏人は麦を喰え」から「寛容と忍耐」、「私はウソは申しません」の政治姿勢へ(池田勇人首相)”の経緯 矢野聡子 07/01/16 PM02
67277 マスコミは社会・政治に対して何を成すようになったのか 岩井裕介 04/01/27 AM00
67136 マスコミの共認支配から皆で共認形成する場へ 匿名希望 04/01/22 PM09
67120 「3人ではない。5人である。」 阪本剛 04/01/22 AM00
67046 1972年における政治とマスコミの「主従逆転」 阪本剛 04/01/20 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp