心の本体=共認機能の形成過程
66790 自我の確立って、何?
 
佐藤祥司 ( 41 北海道 建築士 ) 04/01/13 PM00 【印刷用へ
露店で、“自我”の概念について、『るいネット』で使われている概念を理解してもらうのに苦労することがあります。そこで、一般の人が誤って認識しているであろう現象に対しての事実認識を探ってみました。

>近代人は人格の形成を「自我の確立」と呼び、全ての学校で「自我の確立」を善とする染脳教育が行われています。これは、事実に反するとんでもない誤りであり、霊長類の命綱たる共認機能に対する極めて犯罪的な破壊行為でしょう。事実は、『共認の確立』こそが、あるいは象徴的に云えば『規範(意識)の確立』こそが、人格の形成なのであって、もし共認を捨象して自我だけを確立させれば(自我は決して確立など出来ませんが)、分裂病その他に発狂して終うに違いありません。(現代人が多かれ少なかれ狂っているのも、その様な自我思想や自我教育の所為ではないでしょうか。) (2772 『自我ではなく、共認こそ原点である 』)

よく育児書などを見ると、2歳児くらいの段階で、なんでも「自分でする!」と言い始める時期を自我の芽生えとして“自己主張”が発現する時期と言っています。しかし、上記のように『共認の確立』の過程ということで捉えると、「自分でする!」と言い出すことは、親のすることを意識的に模倣し、評価を得て充足する行為と捉えられます。必ず、「自分でする!」(やってみる)〜「見て!見て!」という課題を設定→共認し、「(自分でできて)すごい?」という確認行為により行動の評価を受けて充足を得ようとしているだけで、自分のやりたいことを“主張”して、“要求”を通そうなどとは微塵も考えていないのだと思います。

また、3〜4歳頃は第1次反抗期、13〜14歳頃は第2次反抗期(人によっては6〜7歳頃を中間反抗期)と呼ばれ、一般的には「自我の芽生え」から「自我の確立」へのステップとして、自己と他者の区別を明確につけ、「自立」していく段階と捉えられています。これも同様の視点で見ると、全く異なった事実が見えてきます。これらの時期はちょうど幼稚園、中学校(小学校)への進学する時期と一致します。当然子供の意識としては、新たな仲間との共認が第1義的な価値を持ちます。閉塞した一対婚家庭の中での共認内容とは相容れない部分が多数存在し、引力は“仲間”にあるので、親(の価値観)との対立が起こるのも必然です。一対婚家庭という狭い世界から見れば、“自己”の確立に写りますが、仲間世界から見ればあくまで“共認”の確立(の過程)でしかありません。

上記のように、『共認の確立』という概念で捉えると、様々な問題現象も、「ではその共認内容はどんなだったか?」と思考をどんどん対象に向けることができ、行動の正邪判断もその突破口も見えてきますが、個人(自我)に立脚した途端に、上っ面の現象認識(しかも事実誤認)にしか至らないので、結局個々の個人の価値判断に委ねられるしかないことが解ります。

>「自我こそ原点である(or意識の統合者である)」とする個人主義(ひいては近代思想)の根幹概念が、事実に反する迷信である・・・『共認こそ原点であり、意識の統合者である』(同上)

ということを伝えていかなければならないと、改めて強く思いました。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_66790
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
魔の2歳児(イヤイヤ期)とママの悩みの根本解決法 「感謝の心を育むには」 08/08/15 AM03
99157 朱に交われば赤くなる 小林有吾 05/10/15 PM10
97494 社会において自我では何も始まらない。 清水志保 05/09/17 PM10
95536 共認の確立と捉えなおす 若林勇夫 05/08/04 AM02
94095 自我教育を変えていくために 酒井裕志 05/07/07 PM11
94080 「個人」の心だけを取り出そうとする現代の心理学 新井弘 05/07/07 PM10
92171 幼児を見ていて 矢野悟 05/06/06 PM02
92072 自我発信=転換への可能性 走馬灯 05/06/04 PM10
91385 日本へのカウンセリングの導入:一般的なカウンセリング 村上祥典 05/05/24 PM11
91383 日本へのカウンセリングの導入:職業カウンセリング 村上祥典 05/05/24 PM11
90849 大人の「事なき」のために子どもが犠牲に? 神家佳秀 05/05/16 PM01
89604 場と主体のズレを繋ぎとめるもの 伊藤浩 05/04/26 PM09
89019 圧力構造の認識転換も重要ですね 笠原光 05/04/17 AM02
88205 反抗期のない若者が増えている 田原康夫 05/03/31 PM11
87960 共認こそが原点であることの普遍性 吉川功祐 05/03/26 PM10
87249 「うつ」は共認心理学を使えば完治できる 斎藤一浩 05/03/12 PM10
87122 反抗期っていつの時代から言われたのか? 村田頼哉 05/03/10 PM09
86084 薄れつつある反抗期 田宮礼子 05/02/21 PM07
84548 スケープゴードとしての反抗期 瀬川雄司 05/01/24 PM09
66942 「自我」、実は「共認」 高田敦 04/01/17 PM01
66856 誰に投票すればいいのか分からない 小暮 勇午 04/01/14 PM10
66846 出口が可能性だと認識できる社会の再生 安西伸大 04/01/14 PM08
66834 『共認の確立』、まさに目から鱗です unclefootballer 04/01/14 PM00
66806 なんで反抗期は必要なのか? 渡邊かお里 04/01/13 PM09
66796 統合階級の『自我』観念の支配共認が期待を封鎖させている 吉国幹雄 04/01/13 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp