素人による創造
6588 素人の社会活動17 素人は、全て生み出すことが出来る2
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 01/07/23 PM05 【印刷用へ
3.現代の最大の課題は、社会統合(同類闘争=共認闘争or評価競争の止揚)であるが、この新課題に対しても、大衆はまず社会的な解脱共認の場(=テレビ)を形成し(但し、それらは与えられるだけの場であり、共認支配の場とも成っている)、次いで、プロ≒統合階級に失望した素人の参加充足の場(=インターネット)を形成しつつある。(但し、未だ評価共認の形成さえ出来ておらず、規範共認の形成に至っては全く出来ていない。従って、充足度が低く、本源派や普通の人の参加度は低い!)

●共認動物の最大の課題は、同類闘争である。従って、(敵が接近した時の真猿集団に走る極度な緊張と注視が象徴している様に)『人々が、何をしているのか?今、何が起きようとしているのか?』(評価軸は、敵か否かor益か否か)という(社会)探索欠乏が強い引力を伴って生起するのは当然である。
注:ネット拡大やサーファーの原動力になっているのは、これである。

●今、素人は、ネット上で様々な可能性を探索している。その一つが上記の「注視すべき人(活動)や情報」を探索することであり、もう一つがネットの(有益なツールとしての)可能性の探索である。前者は中身であり、後者は器であって、当然両者は連動している。現状は、その中身が(従って器も)混沌としており、ゴミ情報の山と化している事は、上記3の通りである。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_6588
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
221203 良質サイトは、悪質サイトを駆逐する 岸良造 09/12/04 PM03
221197 ネット界もここ10年でずいぶん変わってきた 星埜洋 09/12/04 PM00
221185 素人の潜在思念によってネットの位置づけは変革している 佐藤晴彦 09/12/04 AM09
6926 閉塞状況の突破には人の繋がりが必要 井上誠 01/07/27 PM08
6913 「本物サイト」に期待! 吉原徹 01/07/27 AM08
6801 ネットで評価共認を形成するには 井草貴浩 01/07/25 PM10
6636 繋がり欠乏の先にあるもの 冨田彰男 01/07/23 PM09
6630 社会の中身=素人の集団・腑に落ちることば 細田卓司 01/07/23 PM08
6629 NETと社会 にっすぃ〜 01/07/23 PM08
6623 プロに任せる危険 Nirvana 01/07/23 PM08
6620 今、社会統合に参加しても充足しない 小澤紀夫 01/07/23 PM08
6615 探索欠乏 野村徹 01/07/23 PM08
6609 新しい世界 赤澤功 01/07/23 PM08
6607 どこを探したらいいのだろう? 村上靖佳 01/07/23 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp