共認運動をどう実現してゆくか?
65262 おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
 
川井孝浩 HP ( 30 東京 設計 ) 03/12/05 PM11 【印刷用へ
最近、露店に立ち止まる層に変化を感じています。

それは、おばちゃん達。
駅前で露店を出していて改めて気付いたのですが、
毎週同じ時間帯に同じ場所を通る可能性が一番高いのが、主婦達。

では、そのおばちゃん達に見られる変化とは何か?
毎回横切るいつもの道で、何やらおかしな露店が出始めた。
「何だ、こいつら?」
といった怪訝そうな眼差しが、最初に受けた印象。所が、場が定着し始めると、今まで横目で流す程度だったおばちゃん達が、店の前、またはお題を立てかけた看板の前で、じっとお題と睨めっこをするようになってきました。その目つきは、怪訝ではなく、真剣にお題を選んでいるのです。

こちらから声を掛けてみると、真剣な顔つきのまま、
「前からずーっと気になってたのよね。何聞こうか、毎回考えてたの。」とか、お題を並べたチラシを渡すと、
「家でじっくり読んで、赤線引いてから来ても良い?」
等など、驚くくらい真剣な店への参加意欲が伝わってきます。

彼女達は、決まった時間に買い物をする為に出てきており、実はあまり寄り道する時間が無いようです。でも、聞きたい。
答えて欲しい、という意識が、矢のような鋭い視線となって露店を直撃してくる。

実際にお題を選んでくれた方は、最初若者に対するクレーム的な発言が目立つのですが、若者達の変化の過程・理由などをしっかりと説明し、そこに隠された可能性を提示すると、顔付きが本当に変わっていく。するどい眼光が徐々に和らぎ、こちらの話を丁寧に拾い上げて、
「おばちゃんも変わればいいのね。」と嬉しそうに満足料を払っていってくれます。

感動のあまり、周囲の人々までをも強引に座らせようとする方。
またここに来させてね、と2000円を置いていく方。
娘と一緒に、男(旦那・彼氏)の正体を改めて探りに来る友達親子。

楽しそうね、という気軽さが第一歩。
路上=若者達の場、という形で距離を開けていたが、一歩立ち入ると実はおばちゃんも含めたみんなの場である、という事に気付く。
そして、お題に目を留めてからが二歩目。

過去の井戸端会議ではなく、社会を対象とした突破口を切り開こうとする力に、心底応援の手を惜しげもなく差し伸べてくれる。

こんな地べたに座り込んで、という批判ではなく、みんなで答えを探し、提示していく為の場所なんだ、という理解は、おばちゃん達にもかなり大きな影響を与えてるのだ、と実感しました。

ある意味、路上というのはおばちゃん達が元祖だったように思います。所が、その井戸端(=路上)もあまり見かけなくなってきた。いつも不機嫌そうに街を闊歩するおばちゃん達には、愚痴の出せる場もなし。
しかし、その不機嫌そうな表情には、実は「答えがない」という社会不全がそのまんま現れているのではないか、と思いました。

そして、その見えない答えを求める先が、露店に並ぶ「何でだろう?」にそのまま向けられたのだと思います。鋭い眼光は、受けて立つべき社会不全の正体そのもの。その眼差しが暖かい表情に変わる瞬間を見ると、警戒心が氷解していくのが手に取るように分ります。

普通の人の代表格とも言えるおばちゃん達。この層に火が点くと、露店はますます盛り上がっていくかもしれません。
 
  List
  この記事は 65189 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_65262
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
65753 闘争と生殖の場の分断がもたらしたもの・・・(おばさんの述懐) 大木康子 03/12/18 PM03
65525 こんな充足もあり!? 毛針田万作 03/12/13 PM00
65335 おばちゃん(おしゃべりのプロ)の楽しそうな顔 木村友昭 03/12/08 PM09
65332 オバタリアンがいなくなったのはなんでだろう? 森本亜希子 03/12/08 PM08
65311 露店に参加するきっかけを求めているおばちゃんたち 新川啓一 03/12/07 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp