共認心理学:現代の精神病理
65160 若者の不安に不可能視から可能視への転換の基盤を見る
 
阪本剛 HP ( 30 千葉 SE ) 03/12/04 AM00 【印刷用へ
>>笑顔のタブー
>>私たちのときは「不安や悩みがないと仲良くなれない」みたいな面がありました。

>共認充足を何よりも求めてるはずなのに・・・なんで?


 共認原理は、本源的、根源的ではありますが、大変デリケートなものでもあると思います。
 例えば、露店でも、勉強店でも、その場に、一人でも否定性、固定観念の強い人間がいれば、場全体が重くなる、というのはよく経験することです。
 どんな仲間集団でも、充足性、実現性、本源性の高い人材は少数派であることが多いと思います。逆に、何らかの不安を抱えていることが多いでしょう。
 その時に、場の共認の中心は、可能視ではなく、不全によって統合されるのではないでしょうか?不全や否定は誰でも簡単にできますが、新しい可能性を対象化し、実現するのは誰にでもできるわけではない、というのが現実だからです。
 (心の奥底では新しい可能性があればそちらに収束していきたいという欠乏があるのでしょうが、無数の旧観念、旧制度、しがらみがその可能性を閉じこめていくのでしょう。可能性が明確に言葉にできない限りは、共認などできないでしょう。)

 無表情になるのも、その背後には、どうにかしたいが、どうしようもならない、という可能性収束と不可能視の鬩ぎ合いで疲れていく、あきらめていくからなのでしょう。
 
 では、そこに可能性はないのか?といえば、まさに、誰もが不全、不可能視にぶちあたっているという現実の中にこそあると思います。
 というのも、そのような根本的な不全、不可能視を、これまでの時代は、ことごとくゴマカシ続けてきたからです。
 そのゴマカシ方は、いろいろです。宗教、信心によってゴマカす、芸能・娯楽によってゴマカす、馬鹿騒ぎすることでゴマカす、など、私権時代は、ゴマカシ方が大いに発展してきたし、ある意味でゴマカス方法に長けた者は評価される、という時代だったと思います。

 しかし、時代は、そのようなゴマカシの空気全体の底を、大きく割ってしまったのだと思います。もはや、ハンパに明るくすると仲間から嫌われる、というのは、そういう態度こそ胡散臭い、もうゴマカしでは耐えられない、という時代の雰囲気の表れでしょう。本物の可能性でなければ、もはや充足できないことを、感覚的に理解しているのかもしれません。
 
 私が学生の頃には、バカ話でもして、明るくしなければ友達もできない、女にもモテナイという、(今から考えれば不思議な)雰囲気がありました。しかし、その「根拠のない明るさ」は、どこか不自然な明るさです。そんな明るさを拒否するほうが、今の時代はまだ健全=実感を伴っている感じがします。
 万人が社会の底に潜む不全、不可能視をヒリヒリと感じざるをえなくなった、というのは、そこから反転する大きな基盤だと見なせると思うのですが、いかがでしょうか?

 
  List
  この記事は 65136 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_65160
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
65344 得体の知れない不全を突破できるか 岩井裕介 03/12/09 AM00
65300 普通の人と繋がれる場とは? 志水満 03/12/07 AM03
65293 親世代の責任。 阿部紘 03/12/06 PM10
65284 無表情に充足する時を待っている人たち 大森義也 03/12/06 PM07
65279 現実否定から現実肯定へ 山上勝義 03/12/06 PM01
65267 昔、魅力に感じた人は、今では・・・・・・・ 上平貴昭 03/12/06 AM01
65252 普通の表情 三宅秀和 03/12/05 PM09
65232 オジン層の破壊をくいとめる 新井秉永 03/12/05 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp