学者とマスコミが人類を破滅に導く
6398 「社会統合のプロ」の存在が、問題なのです
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 01/07/19 PM10 【印刷用へ
私が問題にしているのは、社会を統合する上で決定的に重要な共認形成の場を占拠して、一方的に支配共認を撒き散らし、人々を染脳教育している学者や文化人やマスコミetc社会統合階級の存在です。

大衆によって構成される社会は、当然、大衆(=素人)によって担われるべきであり、中でも決定的に重要な統合(とりわけ共認形成)の仕事を、「社会統合のプロ」が担っているのは根本的におかしいのではないか、その社会統合という仕事を大衆=素人の手に取り戻そうというのが、私の主張です。

それに対して、社会統合の素人も、社会統合という領域以外の仕事の世界では夫々にその道のプロであるという主張は、議論を混乱させるだけではないでしょうか?ここでは、社会統合“外”の仕事のプロを素人と呼んで、その素人の社会統合への参加の可能性を探求しているのですから。

また、プロ=統合階級は支配観念を売り物にしてメシを喰っているが故に(従って、支配観念から脱却できないが故に)、一切の新しい価値を創造する資格を失ったという私の主張に対する、「プロでも素人でも、いいものはいい」という趣旨の投稿ですが、'70年以降、プロが一体どんな「いい事」を云ったのでしょうか?
そんな「いいもの」があるぐらいなら、私は上記の様な主張はしません。どこにも見当たらないから、そう主張しているのです。

ですから、「いいもの」があるなら、是非それを提示してみて下さい。もし無ければ、あたかもそれが在るかの様に語られた「プロでも素人でも、いいものはいい」という主張は、詭弁だという事になります。

注:このシリーズでは、現代社会の危機を打開する道をプロが示し得たかどうかを問題にしています。
 
  List
  この記事は 6041 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_6398
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
253280 テレビ朝日「サンデー・スクランブル」などの多数党に偏る放送  NHKを見習ってはならない yukichi 11/06/20 PM00
192435 共認支配の何がヤバイ?これからどうなる? 春風 08/11/16 PM07
コスプレ・パフォーマー・外人の群れ・・・。原宿露店 「ルポタージュdeなんで屋JAPON」 08/05/05 AM10
166983 ジョン・ピルジャー「リベラルな報道機関によるプロパガンダと沈黙、民主主義の圧殺」 奥村博己 07/12/13 AM08
160445 統合される側として ageyaki 07/09/04 PM08
154141 現実を掴めないデスクが歪曲・捏造の震源地 辻一洋 07/06/11 PM11
150945 大衆があってこそ 匿名希望 07/05/04 PM03
131643 社会統合の仕事はプロが担うものという固定観念。 河野梨恵 06/09/22 PM04
128358 なんで共認形成の場に入ってくるの? 中村康次郎 06/08/17 PM06
123515 日本人の国民性としては? 匿名希望 06/06/23 PM01
120036 マスコミ人も犯罪者である SevenStars 06/06/11 PM07
119564 事実と真実 06/06/09 PM11
117594 みんな気付いて〜!! にしんそば 06/05/31 PM10
111971 なんで屋露店をマスコミに勝る「祭り場」にするにはどうしたらいい? 健太 06/05/07 PM06
109285 社会統合という概念を知ることから共認闘争は始まる 本田真吾 06/04/19 PM09
107676 マスコミの共認支配はやはり恐ろしい 磯貝朋広 06/03/19 PM09
106426 大衆が見る日本の現実 マー 06/02/27 PM00
105453 新たな共認形成力としての場の存在 琵琶湖 06/02/09 PM11
105346 ネット配信への工夫 匿名希望 06/02/08 PM00
103178 全当事者による共認統合という社会ヴィジョン 笠原光 05/12/26 AM11
102332 マスコミに共認支配の怖さ 匿名希望 05/12/10 AM09
102018 共認社会の社会統合機構イメージ 鈴木康夫 05/12/04 PM11
101326 マスコミの共認支配は横暴さとともに、共認原理の時代に乗り切れない欠点を孕んでいるのでは? 原田昭雄 05/11/23 PM10
101015 オイルショックを引き起こしたマスコミ unclefootballer 05/11/18 PM01
98909 プロって何? 廻神泰郎 05/10/11 PM03
97134 素人の参加とは? ごろごろ 05/09/10 PM02
96965 普通に一所懸命生きる中から社会が見えてくる magarimame 05/09/07 PM01
94862 「発信」とは「共認形成」そのものであり「答え」である ゲン 05/07/21 AM03
94510 マスコミに変わって素人はどう発信してゆけばいいのだろう 佐藤晴彦 05/07/14 PM09
94468 > 「社会統合のプロ」の存在が、問題なのです 寺嶋眞一 05/07/14 AM05
94467 マスコミの共認支配の一例 山上勝義 05/07/14 AM01
91259 出来るだけ早期に取り戻したい マー 05/05/23 AM00
『マスコミ報道』に嫌悪感を覚えたGW 「あ!なんで屋だ!」 05/05/09 PM05
89447 中国の自己正当化を許したのは日本のマスコミにある 井上光利 05/04/23 PM11
89325 TV(マスコミ)が糾弾されるのは時間の問題 岸良造 05/04/21 PM11
86347 数万倍の不利をひっくり返す、みんなの共認による社会統合 佐藤英幸 05/02/25 PM11
86160 プロパガンダ 山上勝義 05/02/22 PM11
85171 しがらみを越えられる素人の力 琵琶湖 05/02/05 PM00
83951 染まっていない若者 川井孝浩 05/01/13 PM01
83692 共認支配の巧妙さ 山本豊 05/01/06 PM11
83540 答えはみんなの中にある。だからみんなが担う 田中一成 05/01/03 AM00
81959 社会統合のプロは不要 匿名希望 04/12/02 PM01
81942 露店に行くと勉強したくなる 福田慎一郎 04/12/01 PM11
81898 囚われている若者たち 笠原光 04/12/01 AM01
6621 繰り返されてきた歴史 蘆原健吾 01/07/23 PM08
6586 社会に根付いているからこそ出きる事 芳賀志江 01/07/23 PM04
6541 可能性の在り処は… 末吉孝子 01/07/22 AM01
6519 素人の進出 西村真治 01/07/21 PM11
6464 シロウトの時代。 矢ヶ崎裕 01/07/21 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp