共認運動をどう実現してゆくか?
63881 なんでだろう?を超えてしまった高校生
 
細田卓司 ( 中年 香川 技師 ) 03/11/04 PM07 【印刷用へ
大きな公園の入り口の露店にその子たちはいた。

男子高校生の5人組が興味深そうに見ているので、露店ファンとして手伝っていた私が一人20円の相乗りでどうだ?と誘うと乗ってきた。
お題を決めるのにみんなで散々迷うがこれもとても楽しそう--やや不良っぽいリーダー格の子が”ブスがいなくなったのはなんで”が総意だということで決定。
店主の高校生の仲間収束(こんな言葉は一つも使わないが)の実感に沿うような答え方はとても良かったが、このリーダー格の子が面白い子で、店主の半答えをヒントに”カフェで勉強する””親父と話が続かない””授業が面白くない”等々のカードを次々と構造化?展開していったのには驚いた。聞いていても、ほとんど外れていないのだ。むしろ鮮やかといっていい 。

終わると思わず店主のほうから”今度からはこっちに座れよ”と感嘆の声があがる。
見た目には、学校の勉強できなそーだし、不良っぽいし、眉毛作ってる(昔風のそり込みではなく今風だが)し、タバコ吸ってやがるしダメじゃないかと思っていたけど中々のものだ。
 
彼らは旧観念の手垢にまみれてしまった大人たちが2-3年勉強して初めておぼろげに分かって来る共認社会という新しい現実をほんの1,2の言葉を与えられるだけで、やすやすと鮮やかに解き明かしてしまう。”なんでだろう?”とは、旧観念が通用しない新しい現実に対する当惑や違和感が生む疑問なんだろうが、彼らにはもともとそんな余計な旧観念など持ち合わせていないし、生まれて以来ずっと共認社会という新しい現実を当事者として生きてきているので”なんでだろう?”なんて疑問は生まれる余地がないのかもしれない。(お題がなかなか決まらないのはそのせいなのか?)

何で屋勉強店で席亭から”なかま”から”みんな”へ移行して共認社会の住人となっている中高校生のことや、”なんでだろう?”という疑問すらない若い世代が生まれつつあることを聞かされた。前者は、露店での経験からもすぐに実感できたが、後者は、半信半疑だった。
昨日はじめて目の当たりにした。改めて老席亭の洞察力に感服する。

最後に彼ら全員で店主の方に”ありがとうございました”と言って夕方の公園の方に消えていった。

路上の可能性というのはあの子達なのだろう。
 
  List
  この記事は 63760 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_63881
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
64359 自分を表現するってどういうこと 志水満 03/11/13 PM10
64207 「わかって欲しいのになんで決め付けるの?」 坂本日出夫 03/11/10 PM10
64143 人生を甘く見ていたのは? 津久田博之 03/11/09 PM00
64103 迷ってるのは優柔不断だからではなかった 家村和宏 03/11/08 PM02
64098 新社会を体現した先駆者が充足派・実現派 土山惣一郎 03/11/08 AM07
64077 若者の居場所 山田渉 03/11/07 PM11
64062 なんで?が無い若者からすれば、、、 石橋直樹 03/11/07 PM08
64060 「なるほど」という言葉は、迎合その物 酒井俊弘 03/11/07 PM08
64038 お題は「みんな」につながる窓口 長谷暢二 03/11/07 PM00
63996 不全を知らない世代に遭遇 原田昭雄 03/11/06 PM07
63995 若者の共認社会の凄さ 是永恒久 03/11/06 PM05
63973 露店の奥深さ 野村徹 03/11/06 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp