共認運動をどう実現してゆくか?
62329 共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 03/10/01 PM10 【印刷用へ
これまで、交流会や勉強会は、大衆(みんな)に直接接触する最前線として位置付けられてきた。(とりわけ、人繋がり⇒出会いを目的にした交流会は新陳代謝が激しく、場の色彩が強い。それに対して勉強会は、やや閉鎖的・集団的な色彩を帯びる。)

しかし実際には、勉強会はもちろん交流会さえ、閉鎖的・集団的イメージが付きまとう。それは、交流会や勉強会という場の様式が大衆需要(みんな期待)から外れており、それ故に特殊な人たちの集まりと写るからである。
とりわけ、時間拘束型(半日仕事)でカリキュラム型(押し付け・誘導色が出易い)の勉強会は、学校と同様に近代固有の古い様式であり、人間ウォッチングや『人と答えが一体のまつり場』を求める新潮流にマッチしていない。

この、みんな期待に応える『人と答えが一体のまつり場』こそ、(もともと交流会・勉強会に人を集めてくる最前線として位置付けられていた、どこ交やミニ交の中から編み出された)有料のなんでや露店であり、このなんでや露店こそ、『みんな』に直接接触する文字通りの最前線である。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_62329
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
〜なんで屋露店の軌跡 ’06’07〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/04/05 AM07
〜なんで屋露店’09本格稼動!!〜なんで屋露店の軌跡〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/04/03 AM01
62675 「勉強」の意味が変わってきた 谷崎俊文 03/10/09 PM00
62553 なんでや露店は認識だけでなく‘人を見る眼’も磨かれる 山澤貴志 03/10/07 AM02
62330 共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)2 岡田淳三郎 03/10/01 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp