共認運動をどう実現してゆくか?
61916 心斎橋(アーケード)路店でC
 
笠原光 ( 30代 岩手 営業 ) 03/09/24 AM00 【印刷用へ
●認識転換
知ってます?彼らは我々の時代と違い、もはや受験勉強すら一人でしないそうです。若者一同コックリ頷く。そして、これが完全に駄目押しとなった。

しばらく失言したあと。彼は頭を抱えて唸った。「ああ。そうか。そうだったのか!・・。気がつかなかった。まちがって認識していたのは私の方だったのか!・・・私は・・・私は・・・今まで解ったつもりで、若者たちに話をしてきたのか!・・・確かに、それならばすべての事が説明できる!納得できる!・・・目から鱗が落ちました!」

「しがらみを超えた異世代との会話って大事ですよね」

「確かに!本当にそうです!こんな場が必要なんだ!ああ。今日は本当に参加してよかった!みんな、ありがとう!!」

●大団円
ここからの彼の認識の転換はあっという間だった。その後、ここぞとばかりに皆から語られる認識の嵐に彼は、凹むどころか俄然高揚し元気になっていった。

そしてほぼ完全に自分発からみんな発を理解し、体得した構造認識を元に塗り替えられた認識を、彼の言葉で場の中でみんなと語り始めた。以降、見事に「自分」から脱却した彼は現在の医学の問題について・政治の問題について、これからの日本などについて場の仲間たちと共に熱く語り続けた。

結果として、開店直後からほぼ4時間半。

テーマを共有し、絶え間なく10人を超え、気付きと共に一体になった思考場がみごとにアーケードに形成された。Max14人。延べ20人。注目度アップ。売上アップ1480円。差し入れ:ボンタン飴一箱・コーヒー7本。−わらび餅一箱

その全員が2時間を超えて場に滞在したと思う。

心斎橋露店はじまって以来最高の充足感と高揚感につつまれ、いつにない軽い足取りで深夜の心斎橋を後にした。
(おしまい)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_61916
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
路上のポテンシャル 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/10/06 PM09
115694 認識露店の可能性 飛翔 06/05/24 PM01
100948 認識の転換は、共認圧力によってもたらされる 村上了也 05/11/16 PM10
62407 露店に対する肯定視 匿名希望 03/10/03 AM01
62348 新しい路上の場は旧い観念も解体していく 岩井裕介 03/10/02 AM00
62205 露店主は、認識の水先案内人 小圷敏文 03/09/29 PM10
62062 認識露店は人々の需要にベストマッチ 大河明日 03/09/26 PM01
61984 共認活動の生命線=当事者欠乏=自分達で「やってみたい」 吉国幹雄 03/09/25 AM10
61940 集団を超えた場と素人の持つ力 √177√ 03/09/24 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp