共認運動をどう実現してゆくか?
61914 心斎橋(アーケード)路店でA
 
笠原光 ( 30代 岩手 営業 ) 03/09/24 AM00 【印刷用へ
●一つの疑問の答えが場に新たな疑問を生み出す。
うん。これは解った。じゃぁ。
「男の子たちが『可愛い子』や『痩せている子』が好きなのは何で?」

「まず、それは本当に事実なのか?その確認からしてみようか。」

ここから、場を一つにする作業がはじまった。周りにいる男の子たちへのヒアリング。立ち寄る人を巻き込みながら、つぎつぎと「男女の価値とは?」を中心にお題を共有しながら場を広げ、異世代男女の場が形成されてゆく。

10人近くになったあたりから、ほぼ場が構築された。そして、新たに参加してくるお客さんから出てくる言葉が言葉が、その場にいた人たちの各々の価値感を次々と壊していった。

●しがらみを超えた旧観念
途中、一旦通り過ぎたにもかかわらず、気になって引き返してきた中年男性がいた。歳の頃は40代、ダンディを絵に描いたような身なりの知的な紳氏だった。その彼がある意味、結果的に場を盛り上げるキーマンになったのかもしれない。

男女の価値と規範に場のテーマが移る頃、一通りの説明を受けた彼は場に参加してきた。その彼は、この場の可能性を直感し場に入りつつも、ことごとく『自分』発の認識しか語らなかった。

自分の若者に対する理解の高さ。若者たちの問題。自分の世代にあって若者たちにないもの。そんな話を一方的にしゃべるでもなく、みんなに問いかけながら、しっかりと聴きながら、そして頷きながらも、彼は見事に自説を展開していった。

●しがらみを超えた場の力
彼自身を支えてきた価値は「個性」と「自分」そして「強さ」であった。運営サイドとして一定論理を展開したが思いのほか効果が薄い。彼は、一応の理解は示すが決して心から納得はしない。

「確かにそういう見方もありますね」という「許容の範囲」に留まってしまう。<強固な自分観念派>そんな、レッテルと諦めが場に生まれつつあった。

そこで方法論を転換。論理を語る事を控え「場」に委ねることにした。まず、感覚は本源的なものを持つが、表層観念に囚われている40代の主婦に反面教師として『自分』を語ってもらうことにした。

●反面教師
その延々止めどなく語られる『自分』に対して、バッサリとした容赦ない制止を挟みながら、更に50代女性の『自分』、他の世代の「自分」の実感を語ってもらう事により、その中で『自分』の中身がそれぞれ・バラバラである事、特に世代間で大きく意味が異なっていること、自分発の意見が場の空気とズレる事を体感と共に場に浮き上がらせた。

そして、明らかに若者と旧世代で「自分」の意味が異なる事が、場の中で固定化し、共有され、土台が完成した。
(つづく)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_61914
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp