生物学を切開する
61 「利己的な遺伝子」を切開する 2
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/02/10 PM11 【印刷用へ
だとすれば、彼が対象にしているのは、既に無数の同類他者が存在していることを大前提にして、かつその中で彼が注目する遺伝子座の多数の変異遺伝子たちが、一切それ以上は変異を起こさないと仮定した上での(上述した様に、そんな状態は現実には存在しない、頭の中の幻想にすぎないが)、その後のその遺伝子座に存在する多数の変異遺伝子たちに働く淘汰現象だけだと云うことになる。

また、淘汰圧は個体→ゲノム→全遺伝子に対して働くのであって、ある特定の形質に関わる遺伝子群に対してのみ働くなどと云うことは、在り得ない。(例えば、ある種の鳥の尾の長さは、その鳥の筋力をはじめ全形質とのバランスの中で、決められている。)ところが彼は、ある特定の遺伝子座に存在する多数の変異遺伝子たちに働く淘汰現象しか、考えることができない。しかし、それは現実には殆ど在り得ない「淘汰現象」である。

これでは、全くの幻想世界でのシミュレーションゲームに過ぎないではないか?しかも、一切変異しないという誤った前提の下では(加えて、特定の遺伝子だけを単独で取り上げるという二重に誤った前提の下では)、いかに精緻なシミュレーションを繰り返しても、誤った答えしか出てこない。例えば、安定なESSなるものにしても、それで淘汰が終わる訳はないのであって、ESS間にも淘汰が働き、更にその上位階層にも淘汰が働く。しかも、現実にはその間に、全く予測不可能な新変異体が次々と登場する。もはや、シミュレーションは不可能である。

進化の原理は、もっと単純である。もう一度、云おう。可能な限り多様な変異体=同類他者が存在していること自体が淘汰や進化の源泉であり、従って、可能な限り多様な同類他者を作り出すことこそが淘汰や進化を生み出すのである。そこでは、優性・劣性という概念も、利己的・利他的という概念も、生命の維持や進化を見る上では極めて一面的な概念装置でしかない。あらかじめ、利己的・利他的という類の固定的な概念装置を措定してそこからのみ物事を見ること、及びそうして得られた認識群を、ドグマorイデオロギーという。科学とは、その様な固定的な概念装置を疑い、壊し、絶えず創り直してゆく営為なのではないかと、私は思う。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_61
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
230417 ドーキンスは、1980年代の旧観念コピーを撒き散らしている。 猪飼野 10/04/21 AM00
230173 【図解】「利己的な遺伝子」を切開する 1〜2 坂本日出夫 10/04/16 AM11
226200 利己的でも利他的でもなく、あるのはただ外圧適応のみ 佐藤晴彦 10/02/10 AM11
利己的遺伝子説と近代科学の陥穽 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/12/17 AM00
脳の「共感スイッチ」(2)〜情報の氾濫は共感能力を阻害する? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/04/20 PM07
150930 「利己的遺伝子」も「ミーム」も宗教を批判するための道具に過ぎないのでは? 橋口健一 07/05/04 PM01
150110 ドーキンスの「利己的な遺伝子」を読んだことがない初心者向けの書評 かなめんた 07/04/23 PM11
107632 「絶対に変わることがない自己」という価値観 藤澤仁 06/03/18 PM11
102832 科学はもっと科学であってほしかった。 匿名希望 05/12/19 PM00
91633 ゲームはゲーム 東努 05/05/28 PM10
86518 実現不可能視に立脚した自然科学 馬場真一 05/02/28 PM09
85927 同類他者の生成こそが進化の源泉 廣重圭一 05/02/18 PM10
84886 生物学の「嘘」 匿名希望 05/01/30 PM08
84666 染色体ってなに?DNAってなに? 嶺山志保 05/01/26 PM11
83574 多様性は肯定性の源か 三宅秀和 05/01/03 PM11
81945 生物学に潜む危うい価値観の諸現象 吉国幹雄 04/12/02 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp