学者とマスコミはグルで頭脳支配
60622 「長崎の鐘」
 
田中令三 ( 46 香川 総務 ) 03/08/26 AM02 【印刷用へ
今年も8月が、終わろうとしている。広島、長崎に原爆が投下されて、58年目の夏である。
「怒りの広島、祈りの長崎」とは、原爆忌に関してよく使われる言葉である。
その「祈りの長崎」に、寄せて8月9日付け毎日新聞朝刊の「余禄」のコラムに興味深い文章が、掲載されていたので、以下長いが引用する。
ーーーーーーーーーーーーーーーー(引用)
▲今年の原爆忌を前に6月、一人の被爆詩人が亡くなった。山田かん(本名・寛)さん。72歳だった。旧制長崎中学3年の時に被爆し、県立図書館に勤務しながら詩や評論を通して原爆の不条理を告発した。手記「長崎の鐘」で「祈りの長崎」のイメージを定着させた永井隆博士にも鋭い批判の目を向けた▲被爆の中心地、浦上地区はクリスチャンが多い地域だった。自ら被爆しながら救護活動に従事し「聖者」とたたえられた永井博士は「神の摂理」を説いた。戦争という愚かな殺し合いに狂奔した人間の罪に対して神が罰を与えたのだ、と。長年、数々の苦難にさらされてきた信者にとって、その言葉は救いでもあった▲だが、それは罰ではなく、キリスト教の地、米国が同じ信者を含む人々の頭上に落とした大量殺人爆弾ではないか。戦後占領下のGHQ(連合国総司令部)に永井説は歓迎され、大量虐殺の本質や米国の罪悪を隠す役割を果たした、と山田さんは指摘した(72年「聖者・招かざる代弁者」)▲被爆者の祈りとその実相を見つめる文学者の目。「当時、家庭内にはタブーに触れた恐れのような、うっすらとした不安感が漂っていた」。山田さんの二男で長崎新聞記者、貴己さんは今夏、息子の目から見た父と原爆を新聞に連載した▲
ーーーーーーーーーーーーーーーー(引用終わり)

時代的背景(対GHQ)がそうせざるを得ない状況から始まったとは言え、「大量無差別殺人」を「原罪に対する神の罰=観念上のイメージ」に置き換え、そして戦後58年を経てもなおその「幻想」を膨らませ利用し垂れ流し続ける、多数のマスコミ、貧困(飢え)の消滅と共に、知らぬ間に並ぶ者の無い一番の大きな力を得た彼らに、都合よく安易に誘導され、そして思考停止状態のまま洗脳され続ければ、我々は事実が見えなくなりそれについて考える力も皆無となり未来は破滅以外無い。戦後27年を経てなおかつ敢えて「神格化された永井博士」に触れタブーに踏み込んだ山田さんの胸中は、「大量無差別殺人風化させまじ」の熱い思いだけだったろう。

山田さんは最期のメッセージをこう残している。
「言い過ぎてもいい。そこから変化は生まれる。思考を停止するな」。

このメッセージを、現在の閉塞状況をみんなの意見・英知を集めて突破していかねばならぬ我々普通の人々に対する遺言のように感じるのは、私ばかりでは無いだろう。現在一部の大マスコミのみに握られている共認形成力の壁に「蟻の一穴」を穿つ、交流会運動の使命は大きくそして重い。
 
  List
  この記事は 59487 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_60622
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp