法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
60263 矛盾だらけの法学が、社会を閉塞させている。
 
北斗七星☆ ( 壮年 広報 ) 03/08/18 AM01 【印刷用へ
法学者の仕事の中心は主要に法の解釈です。とりわけその法が制定された趣旨・目的から類推しての条文の解釈が中心で、その解釈内容が裁判の際の判決の根拠となります。そしてそれは最終的には各法律の根拠となっている基本法(憲法など)更にはその憲法の背景にある、精神つまりは法哲学(法思想)の研究に行き着くようです。つまりこの法思想こそが彼らの解釈、或いは立法そのものの正当性を与える根拠となる、ということのようです。(参考リンク)つまり論理性、一貫性のための学、というのが建前です。

>平成15年1月現在日本で施行されている法律は1827あるそうである。(59988
ところがこれらの根拠となっている基本法からして、相互に矛盾だらけです。例えば法律の基本精神の一つは「法の下の平等」です。例えば最大の基本法である憲法においては国民の権利と義務が規定されており、それらは当然「平等」に適用されなければならないはずです。ところが国民の三大義務として定められている「労働」「教育」「納税」にしても、例えば労働していない層は有閑層を始めとして山ほどいます。或いは義務教育にしても、親は子供に対して義務教育を受けさせる義務があり違反すれば罰せられますが、子供は学校に嫌がっていかなくても罰せられる事はありません。もちろん課税も平等ではありません。つまり全く義務は「平等」に適用されてはいません。それだけではありません。最近問題になっている心神喪失者(例えば泥酔者や覚醒剤中毒者)や少年については刑罰の対象外つまり一般法の対象外となっています。つまりまともな判断が出来ない人間は法律の対象外という訳です。ところがもう一方の「権利」に関しては子供であれ、心神喪失者であれ基本的に適用されます。いわゆる権利だけあって義務が無い状態です。これは普通の感覚を持つ人間からすれば、文字通り「法の下の不平等」としか言い様の無い状態です。つまり各法律は(従って法学者の解釈も)根本的かつ、あらゆる所で矛盾だらけで、どこに一貫性や整合性があるといえるのか疑いたくなります。

法思想という「聖典」の解釈によって人々の生活を決定的かつ一方的に規定する。その意味で彼らは正しく現代の神官と同じ位置にいます。(59273)かつその聖典の根本が矛盾だらけだとすれば、社会を混迷させ閉塞に導くのは必定。しかも社会統合の実務者=政治家や官僚は立法が最大の仕事であり、それらは彼ら法学者の法解釈に導かれているとすれば、正しく彼らは世論を形成するマスコミと並ぶ、現代の最大の影の権力といって間違いないと思います。
 
  List
  この記事は 60047 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_60263
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
146756 矛盾だらけの法規範 ハリケーンミキサー 07/03/09 AM03
145054 片手落ち ageyaki 07/02/16 AM10
102760 宗教=現実否定だから「すみません」で済む 平野令 05/12/17 PM10
102649 人権と法律は人間関係を守るどころか、破壊していく 大嶋洋一 05/12/15 PM08
101070 う〜ん、ちょいと、惜しいですね…。法律とは良くも悪くも必要悪です。 傾奇者 05/11/19 PM08
99066 法律屋は現代社会の破壊者では? 原田昭雄 05/10/14 AM03
94283 近代法の根底には私権主体の前提がある。 廣重圭一 05/07/11 AM02
91702 司法資格制度の矛盾 庄恵三 05/05/29 PM10
91419 社会共認が司法制度をかえてゆく 小西康雄 05/05/25 PM04
90046 心神喪失者医療観察法の矛盾 菅原正輝 05/05/04 PM10
89168 現在の法律の必要性は…? 佐々木美穂 05/04/19 PM10
89011 日本の現行法規に影響を与えるもの 谷崎俊文 05/04/17 AM00
85486 国の存立基盤が危ない 岸良造 05/02/10 PM10
85418 法思想の欺瞞性が社会閉塞を招く 酒井裕志 05/02/09 PM09
85168 何のための「司法制度改革」か? 岩井裕介 05/02/05 AM03
82306 司法権力とマスコミ 前上英二 04/12/09 PM10
60665 現在の法律は私権闘争の調停機能にすぎない 阿部和雄 03/08/27 PM07
60598 法律という言葉にくっついている旧観念 安西伸大 03/08/25 PM10
60560 現実から遊離した「法」 山田孝治 03/08/24 PM02
60502 法律では秩序が保たれない 山崎許子 03/08/22 PM11
60487 なんとなく疲れるのは法律にも原因が。 綾木順子 03/08/22 PM08
60460 法律を学んで感じてたこと 平川要 03/08/21 PM11
60448 現実問題直視から普遍課題究明へ 小圷敏文 03/08/21 PM09
60446 「政治」と「社会統合」 岩井裕介 03/08/21 PM09
60445 基本は『普通の人が共同で営むこと』 津田大照 03/08/21 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
人権ファシズム
「権利」は自己正当化のために捏造された架空観念
架空観念で現実を体系化した法学が自己矛盾を引き起こすのは必然
矛盾だらけの法学が、社会を閉塞させている。
「セクハラ」の驚くべき事実。
規範なきマナーの氾濫
過剰な法令遵守が生む思考停止社会
『強制加入の年金制度』は、ねずみ講よりたちが悪い。
国家のあらゆる部門で粉飾会計
「公務」とは
勝ち組ほど、阿呆になる時代
特権階級の自家中毒
暴走する特権階級→忍び寄る『警察国家』の影
軍と官僚制の罠 〜古代国家の官僚制〜
暴走する「検察」@〜検察権力の強大さ〜
暴走する「検察」A〜検察を捜査する機関が日本にはない〜
財務官僚の無能、しかもその自覚全くなし
平成官僚は無能すぎる
文官高等試験合格者が権力の座に着いた昭和初期に日本はおかしくなり始める
CIAは実は無能なダメ機関⇒「エリートは超優秀」という騙しの崩壊
試験制度の問題性はどこにあるのか?
官僚制と試験制の通史的総括
官僚制と試験制の構造的欠陥
幕末の志士亡き後、戦前の試験エリートは失策に失策を重ねた
戦前から顕在化していた、詰め込み教育の弊害
明治時代初期:なぜ、学校一揆や学校焼き討ちが起こったのか?
日本の政治を動かしているのは政治家ではなく官僚だ!〜中村敦夫氏が「霞ヶ関」の実態を暴露
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(3) 騙しの破綻→特権階級は追い詰められている
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
『国を変える劇的な方法がある』 阿修羅
原子力利権 〜政・官・産・学・マスコミの結託→暴走〜
官僚と東電:特権階級=試験エリートの悪行
現職の鈴木宗男衆議院議員への不当な最高栽の有罪判決と投獄の政治弾圧@
広域暴力団「霞ヶ関」
最高裁(=検察審査会事務局)は「架空議決」という信じられない手を使って小沢を起訴した
世界中を巨大市場化していく諜報機関
CIAと麻薬の結びつき
エシュロンとNSAとの関係露呈の歴史

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp