マスコミに支配される社会
59520 テレポリティクスの危険性
 
岩井裕介 ( 31 山口 再開発プランナー ) 03/08/05 AM01 【印刷用へ
> そう考えると共認原理へと時代が変わったにも関わらず、ごく一部のマスコミや教育機関によって肝心の社会の共認内容が決まっている事に現在の根本的な閉塞の原因があるのは間違いないでしょう。
(『マスコミの第一権力化』59487

指摘されているとおり、特に、政治に関しては、テレビへの露出度で政治家の選挙当落が決まってしまうほど、マスコミによる世論支配は決定的になっている。この傾向は、ここ10年くらいで、ますます強まってきているようにも感じる。


結論から言えば、この、マスコミによってつくられる「テレポリティクス(テレビ政治)」は、「全般的な思考停止」という、極めて危険な状況を作り出しているのではないかと思える。

例えば、昨今の政治の中心テーマである「構造改革」をめぐる論議もそうである。世論の支持を得ているかに見えるが、この言葉が示す意味内容は、大体において、非常に曖昧で、具体的イメージが共有されているとは言い難い。現在ほとんどの政治家が何がしか「改革」を唱えているが、スローガンだけが(ご都合主義的に)ひとり歩きしている感が否めない。

問題は、具体的な中身の論議(原因・構造解明)がほとんどなされないにも関わらず、「改革」という言葉だけが、価値観念化して(暗に正しいこと・必要なものという含意を伴って)流通してしまっていることではないかと思う。

具体的な中身がないのだから、当然、現実は変わりようがない。そこで、また、改革が進まないといって特定の政治家・官僚を批判したり、(中身もなく)改革の必要性を繰り返したりするわけだが、結局、ここ10数年、政治は、何も生み出さない堂々巡り=全般的な思考停止状態に陥っていると言ってよいのではないか。

つまり、マスコミによってつくられるテレポリティクスは、安直なイメージを価値観念として拡大・流布させ、肝心な中身の議論を空洞化させる構造を持っているのではないか。そして、その構造が、現実に何が問題なのか、という状況をますます見え難くし、事態の混迷度・閉塞度を加速させているのではないか。
 
  List
  この記事は 59487 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_59520
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
60296 中身に目を向けさせないのがマスコミの本質 小西康雄 03/08/18 PM01
60104 マスコミの共認支配 山田孝治 03/08/14 PM11
60064 マスコミは一体何がしたいのか? 藤岡聖子 03/08/14 AM00
59788 なぜ「やらせ」と感じるのか? 今井勝行 03/08/11 AM02
59758 3人だけでも全国の声、の落とし穴 柳瀬尚弘 03/08/10 AM01
59699 よくある反論も 平川要 03/08/09 AM01
59686 読めば読むほど、見れば見るほど、分からなくなる 矢ヶ崎裕 03/08/08 PM11
59666 テレポリティクスで感じること 野田雄二 03/08/08 PM01
59663 観念により統合された言葉による迷走 篠田悟 03/08/08 AM09
59653 脱テレビ世代 澤根和治 03/08/08 AM01
59609 「我々の日常にはナレーションも効果音も流れていない」 阪本剛 03/08/07 AM00
59593 幻想を元にした共認形成が閉塞化を生み出す 村上祥典 03/08/06 PM11
59585 政治家への変革期待が絶望に変わったこの10年 上平貴昭 03/08/06 PM10
59583 マスコミの犯罪性 田中一成 03/08/06 PM08
59545 “内容が正しいか否か”といった次元ではないと思う。 佐々木健二 03/08/05 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp