マスコミに支配される社会
59487 マスコミの第一権力化
 
喜田育樹 ( 30 京都 デザイナー ) 03/08/04 PM03 【印刷用へ
しかし、序列原理の前提にあるのが生存圧力であり、それを克服したことで、漸く統合原理を本能原理から共認原理に進化させる可能性、根本的な共認原理の実現可能性が開けたと言えるのでしょう。(59436石橋さん)


生存圧力を克服した事によって社会の統合原理が本能原理から共認原理へと転換したというのは、日本でいえばマスコミが70年代から力を持ち始めた事と非常に重なります。

70年以前の日本は土山さん(59310)が仰るように飢えの圧力という生存圧力を基に権力者から末端まで身分意識序列意識というものは絶対的なものとして働いていました。時の池田勇人首相が「貧乏人は麦を食え」という現在では暴言とも取れる発言をしても、殆どの人は否が応もなくそれを受け入れていましたし、有力者や権力者に妾がいるのは当たり前のように共認されていたというのも当時の序列意識が絶対化している事を物語っているように思います。またこの頃のマスコミ=ブン屋といえばゴロツキ、マユツバの集まりであり、政治家などの権力者に飼いならされている存在だったと思います。

しかし70年貧困が消滅し、生存圧力を克服したとたんにこの絶対的な序列意識が音を立てて崩れていったように思います。70年当時の田中角栄首相も初めはマスコミに家を建ててやるなどして懐柔していましたが、最終的にはロッキード事件で失墜させられたのを皮切りに、その後の宇野首相の妾によるスキャンダル暴露など有力者が悉く力を失っていった事が序列崩壊を端的に現しているように思います。

そういう意味では70年貧困消滅というのは社会の統合原理が生存圧力を基盤とした本能原理(=序列原理)から共認原理へとパラダイム転換した時代であるといえそうです。もう少し詳しく言えば、誰もが認める事のできる観念を共認していくことによって社会が統合される時代に変わったのだと思います。そう捉えるとその共認形成の要にいるマスコミが70年から急速に力を持ち始めた事とも合致します。それまでのゴロツキとは違いマスコミは誰もが憧れる立場に変わっている事も象徴していますし、現在ではマスコミによって政治家が決まっているといっても過言ではないくらい力を持っています。
そう考えると共認原理へと時代が変わったにも関わらず、ごく一部のマスコミや教育機関によって肝心の社会の共認内容が決まっている事に現在の根本的な閉塞の原因があるのは間違いないでしょう。

 
  List
  この記事は 59436 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_59487
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
209229 社会を変えるには、みんなの意識を変える事が必要 高間愛美 09/06/20 PM11
180555 マスコミの成立構造を考えると、「マスコミは国民の意識の代弁者である」という言葉は詭弁となる。 むはひふと愉快な仲間達 08/07/04 AM06
170782 戦後の政治家暴言(1) 復讐の叫び 08/02/13 AM03
「どうする?マスコミ支配13」 第一権力化したマスコミ その凋落と背後 「日本を守るのに右も左もない」 08/01/31 PM06
154146 '70以降 マスコミが第一権力化→共認支配が強まったのはなんで 清水昌広 07/06/12 AM01
134920 マスコミって ageyaki 06/10/20 PM08
133353 閉塞の原因 ageyaki 06/10/06 PM09
マスコミと政治ー2 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/09/25 AM01
90246 残存する私権統合・序列統合の崩壊とマスコミ権力の違和感 沼田竜一 05/05/08 PM08
67529 現在こそが本当の意味で共認原理の社会になる(開かれる)基盤ができた 田原康夫 04/02/02 PM11
67043 政治家からマスコミへの権力移行の流れ 石橋直樹 04/01/20 AM00
60622 「長崎の鐘」 田中令三 03/08/26 AM02
60401 序列原理から共認原理へ、今為すべき事 大木康子 03/08/20 AM09
60394 自分の私益を最優先するマスコミの体質 関英治 03/08/20 AM01
60251 マスコミと学校 田中素 03/08/17 PM11
60248 マスコミに取って代わる共認の場 鈴木隆史 03/08/17 PM10
60164 テレビの心霊番組に見て取れるマスコミの身勝手さ 関英治 03/08/16 PM03
60135 マスコミの与える影響は若者にまで及んでいる 上田英史 03/08/15 PM10
60032 不要を唱えるのではなく断罪しなければずるずるといってしまうのでは 匿名希望 03/08/13 AM01
60031 「マスコミとはこういうものだよ」 亀若雅弘 03/08/13 AM00
60021 みんなで作る共認の場が交流会 琵琶湖 03/08/12 PM10
59914 マスコミとは私権存在である 前上英二 03/08/11 PM10
59860 マスコミは娯楽に戻るしかない ごんべえ 03/08/11 PM09
59792 よりいっそう進む人気商売化と閉塞感 津田大照 03/08/11 AM07
59703 マスコミに変わる共認形成の場を創出しよう。 田原康夫 03/08/09 PM02
59701 充足場の形成、権力の解体 山田真寛 03/08/09 AM09
59657 本来の共認形成はマスコミの役割ではない。 山田太郎 03/08/08 AM01
59655 マスコミの時代は終わった。 田野健 03/08/08 AM01
59624 閉塞の原因 山田渉 03/08/07 PM05
59598 「・・・で、充実してる?」 蘆原健吾 03/08/06 PM11
59577 誰もが認めることのできる観念が判断軸を作ってゆく 石川笑美 03/08/06 AM09
59572 共認を、皆のものにする為に。 田村正道 03/08/06 AM00
59566 人々は、既に、マスコミにうんざりしている 八代至誠 03/08/06 AM00
59541 誰にも認めさせる(序列)から誰もが認められる(共認)へ 大嶋洋一 03/08/05 PM10
59536 北朝鮮のテレビと日本のテレビ 石橋直樹 03/08/05 PM09
59528 共認原理へのパラダイム転換の流れ 赤澤功 03/08/05 PM04
59527 マスコミによる共認内容の独占 山本士峰 03/08/05 PM01
59526 悪のおやだま 平川要 03/08/05 PM00
59520 テレポリティクスの危険性 岩井裕介 03/08/05 AM01
59501 特権階級や発信階級の観念≠誰もが認められる観念 木村友昭 03/08/04 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp