法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
59262 架空観念で現実を体系化した法学が自己矛盾を引き起こすのは必然
 
山澤貴志 ( 38 鹿児島 ITコンサル ) 03/07/28 AM03 【印刷用へ
>ある主張によって導かれた権利の法制化によって、主張していない普通のひとは順法義務の枠にはめられてしまいます。‥こんなことになったブラックボックスは法曹界なのではないでしょうか。

人権が架空観念に過ぎないことは北村さんの指摘の通りですが、法学自体がこの架空観念を絶対真理化し現実を裁く理論体系であり、現実にありもしないものを前提に現実を体系化しようとすると自己矛盾を起こしてしまうのは必然だと思います。法律とは何かを考える時、槙原さんの以前の投稿が参考になります。26642

>法律や政治は、何のために人間を罪人であるとしなければならないか。「それは法律や政治」自身が罪人のものだからだ。 「つまり、少数の罪人(物や人を財産として私有しようとしたり奴隷として虐使しようというような欲望を起こした少数の罪人)が、自己の欲望を遂げようとすると、そこには種々の叛逆がおこる。それを彼らは罪悪と称し、それらの叛逆人を罪人と見なして、そこで法律を作ったり、政治を行ったりするのである。だから、政治や法律こそ罪悪そのものであるし、それは、少数の罪人によって作られたものである」と本居宣長は言っている。

私権収奪者=支配階級自身が(集団存在である人間の根本規範からみれば)罪人であって、自らの権利を正当化するために法学が必要とされたとの指摘はその通りだと思います。

この原罪という発想を背景に宗教の側から「(少数の罪人=支配階級だけでなくそれに反逆した多数の)犯罪者にも救いを」という「救済思想」が登場してきます。「救済思想」は、洋の東西を問わぬ普遍的な傾向です。(キリスト教ではキリストが罪人を家に招いて食事をした聖書の逸話の中での「われは正しき者を招かんとにあらで、罪人を招かんとて来たれり」という言葉が、日本では親鸞の「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」という「悪人正機説」が有名)
参考:リンク

この宗教における「救済思想」から「神の前での平等、博愛」という価値観念が生み出され、近世、(市場において自我の可能性が開かれたことを背景に)神から人間への主役転換が起こった際、神との契約抜きに「人権は絶対にして犯すべからざるもの」という絶対観念=「人権天賦説」が産み出されたのだと思います。

法学はあたかも私権時代のもっともらしい観念統合のように見えますが、実は「万人が私権闘争を求めたが故の序列=身分制度」を追共認しただけの「支配階級の私権独占を正当化する帝王学的正論(要するに勝てば官軍の論理)」とそのアンチとしての「万人の反逆を正当化する人権思想」のいずれかしか持ち合わせていないのです。

>ある主張によって導かれた権利の法制化によって、主張していない普通のひとは順法義務の枠にはめられてしまいます。‥厳密に精査すれば、誰もが法を犯しているという状態です。

身分序列という本能原理が消滅し、真っ当な観念共認が必要な時代にも関わらず私権の現実を変革不可能視した救済→人権(=旧観念)で統合された法学は(一見反権力を標榜しているように見えながら)人工的に権力を再生産し、再び万人を犯罪者にしようとしています。
 
  List
  この記事は 59235 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_59262
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
221583 『集団存在である人間の根本規範』に基づく制度の創出へ! 匿名希望☆ 09/12/09 PM07
221347 法律が矛盾しているのはなぜ? 三上恭平 09/12/06 AM03
221273 法律が多く矛盾だらけと感じるのは何故か 山田徹 09/12/05 AM09
221237 人権=自己の要求を正当化するための架空観念 パンダマン 09/12/04 PM11
115171 旧観念の事実 爺婆 06/05/21 PM06
102713 法律に頼れない 呉珍之 05/12/16 PM09
94180 法の支配と支配人たる統合階級 佐藤英幸 05/07/09 PM07
92537 「こうあるべき」の法律が現実を破壊している 岡本誠 05/06/12 AM00
92477 法律がどんどん増えていくのは何で? 森政子 05/06/11 AM01
92378 法体系の整備が進むほど社会閉塞は進行する 原田昭雄 05/06/09 PM07
85563 裁判は事実を追求する場ではない 志水満 05/02/12 AM01
85097 根本改革は不可能→新しく創っていく必要性 篠田悟 05/02/03 PM10
85085 法律は私権闘争に人々を強制的に巻き込む犯罪者。 東努 05/02/03 PM07
59554 人々は「法」ではなく「共認」で動く 浅野雅義 03/08/05 PM11
59525 救済思想は、人々の弱みにつけこんで、身分を確保する方便となっている 冨田彰男 03/08/05 AM09
59329 既得権という身分序列からの脱出=フリーター 鈴木龍也 03/07/29 PM11
59301 「人権」に感じていた「ひとり歩き感」 山田太郎 03/07/29 AM00
59273 法律家こそ現代の神官 辻一洋 03/07/28 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
人権ファシズム
「権利」は自己正当化のために捏造された架空観念
架空観念で現実を体系化した法学が自己矛盾を引き起こすのは必然
矛盾だらけの法学が、社会を閉塞させている。
「セクハラ」の驚くべき事実。
規範なきマナーの氾濫
過剰な法令遵守が生む思考停止社会
『強制加入の年金制度』は、ねずみ講よりたちが悪い。
国家のあらゆる部門で粉飾会計
「公務」とは
勝ち組ほど、阿呆になる時代
特権階級の自家中毒
暴走する特権階級→忍び寄る『警察国家』の影
軍と官僚制の罠 〜古代国家の官僚制〜
暴走する「検察」@〜検察権力の強大さ〜
暴走する「検察」A〜検察を捜査する機関が日本にはない〜
財務官僚の無能、しかもその自覚全くなし
平成官僚は無能すぎる
文官高等試験合格者が権力の座に着いた昭和初期に日本はおかしくなり始める
CIAは実は無能なダメ機関⇒「エリートは超優秀」という騙しの崩壊
試験制度の問題性はどこにあるのか?
官僚制と試験制の通史的総括
官僚制と試験制の構造的欠陥
幕末の志士亡き後、戦前の試験エリートは失策に失策を重ねた
戦前から顕在化していた、詰め込み教育の弊害
明治時代初期:なぜ、学校一揆や学校焼き討ちが起こったのか?
日本の政治を動かしているのは政治家ではなく官僚だ!〜中村敦夫氏が「霞ヶ関」の実態を暴露
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(3) 騙しの破綻→特権階級は追い詰められている
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
『国を変える劇的な方法がある』 阿修羅
原子力利権 〜政・官・産・学・マスコミの結託→暴走〜
官僚と東電:特権階級=試験エリートの悪行
現職の鈴木宗男衆議院議員への不当な最高栽の有罪判決と投獄の政治弾圧@
広域暴力団「霞ヶ関」
最高裁(=検察審査会事務局)は「架空議決」という信じられない手を使って小沢を起訴した
世界中を巨大市場化していく諜報機関
CIAと麻薬の結びつき
エシュロンとNSAとの関係露呈の歴史

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp