生物学を切開する
59 遺伝子の共同体
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/02/10 PM10 【印刷用へ
真っ当な分子生物学者なら、生物の維持と進化の単位(主体)を、一つの細胞内に存在する全DNA(人間の場合、この全DNAの中に約十万の遺伝子が組み込まれている)orゲノムに置くだろう。その根拠は、少なくとも二つある。(補。細胞質遺伝etc.DNA変異によらない、全く別の進化様式が存在することは、間違いないと私は考えていますが、ここでは便宣的にDNA方式に限定して、話を進めます。)

まず第一に、一個の遺伝子が単独に働くことは在り得ない。どの遺伝子も数十、数百、数千の他の遺伝子群と連鎖的に化学反応を起こしてはじめて何らかの働きを持ったアミノ酸や蛋白質を作り出すことが出来る。しかし、そうして作り出された一つの蛋白質だけでは、生命を維持することは出来ない。結局、十万の遺伝子が緊密に連動し、協働してはじめて生物は維持され、進化してゆく。要するに全DNA(ゲノム)とは、まぎれもなく十万もの遺伝子の共同体である。

第二に、ある遺伝子が変異を起こした時、その変異遺伝子は残りの十万の遺伝子群と適応的でなければならない。もし他の遺伝子群と不適応ならば、自然環境etcによって淘汰される以前に、まず細胞内部or個体内部で修復蛋白群をはじめとする組換え系の物質群や蛋白質の致死化学反応あるいは免疫細胞によって体内淘汰されて終うだろう。従って、まず一個の遺伝子が在るのではなく、まず共同体的な遺伝子群があり、その中でのみ、かつ全遺伝子と適応的である場合にのみ、一個の遺伝子は存在し得るのである。(注:体内淘汰されない限りは適応なので、ごくまれに個体にとって有害な遺伝子が存在することも在り得る。)

第一・第二の当然の帰結として、ダーウィン的な自然淘汰は、常に全遺伝子群(ゲノム)に対して働く(正確には、全遺伝子群が作り出す、全形質に対して働く)。それが、全遺伝子の共同体を進化の単位(主体)とする根拠である。

ところで、この様なものとして存在する遺伝子or遺伝子群を、「利己的」などと形容する根拠は全くない。敢えて云えば、「協働的な遺伝子」と形容する方が遥かに適切である。もっとも、そう云った主観的な形容は、科学とは無縁な文学的表現に過ぎず、単に「遺伝子」と呼ぶのが当然の科学的な認識である。「自己」複製子などと云う表現も同様で、単に「複製子」と呼ぶのが、科学的な認識であろう。

ところが、ドーキンスはわざわざ「利己的な遺伝子」という表題をつけ、その中で何百回となく「利己的な」という形容詞をわざわざ付けまくっている。それは一体、何の為なのだろうか?それが、彼のイデオロギーでなければ、良いのだが。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_59
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
309030 ヒトの体内には「さまざまな他者の DNA が混合して存在している」 紺碧空 15/11/02 PM00
【共認社会の新しい農法とは?】(2)生命とはどういう存在なのか? 「新しい「農」のかたち」 10/03/16 PM06
226235 Y染色体消滅の危機 ヨネ 10/02/10 PM09
221604 進化は常に共同性の中で実現してきた(細胞レベルでも集団レベルでも) 田野健 09/12/10 AM00
221537 遺伝子<DNA<染色体<ゲノム 阿部佳容子 09/12/09 AM00
遺伝子の共同体〜進化の歴史は共同性の塗り重ね 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/12/03 AM01
生命は共同性を下敷きに進化を遂げてきた 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/09/22 PM07
生物の根本認識 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/09/22 AM10
“生命原理”から“農”に迫る! 「新しい「農」のかたち」 09/08/31 PM11
群の中で発現する遺伝子 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/08/29 AM08
204552 【図解】遺伝子の共同体 川井孝浩 09/04/17 AM04
遺伝子の共同体としてのノンコーディングRNA(non-coding RNA、ncRNA、非コードRNA) 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/02/18 AM08
162985 遺伝子群の統合機能の解明の必要 長谷暢二 07/10/07 PM07
進化論の変遷 その1 「Biological Journal」 07/06/14 AM02
生物のかたちはどうやって作られる? 「Biological Journal」 07/06/12 PM10
139349 変異体の適応のために 小池祐介 06/12/05 PM10
97378 RNAが遺伝子の働きを調整する役割を担っている? 村上祥典 05/09/15 PM09
91624 「遺伝子共同体」の持つ意味、その2 吉国幹雄 05/05/28 PM09
91621 「遺伝子共同体」の持つ意味、その1 吉国幹雄 05/05/28 PM09
84559 遺伝子レベルの研究で求めたい事 匿名希望 05/01/24 PM11
73621 断片的事実と価値観念(ミトコンドリアの共生説をめぐって) 山田真寛 04/06/17 PM09
49071 「遺伝子の共同体」を実現する、RNAの働き 冨田彰男 03/02/04 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp