生物学を切開する
59 遺伝子の共同体
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/02/10 PM10 【印刷用へ
真っ当な分子生物学者なら、生物の維持と進化の単位(主体)を、一つの細胞内に存在する全DNA(人間の場合、この全DNAの中に約十万の遺伝子が組み込まれている)orゲノムに置くだろう。その根拠は、少なくとも二つある。(補。細胞質遺伝etc.DNA変異によらない、全く別の進化様式が存在することは、間違いないと私は考えていますが、ここでは便宣的にDNA方式に限定して、話を進めます。)

まず第一に、一個の遺伝子が単独に働くことは在り得ない。どの遺伝子も数十、数百、数千の他の遺伝子群と連鎖的に化学反応を起こしてはじめて何らかの働きを持ったアミノ酸や蛋白質を作り出すことが出来る。しかし、そうして作り出された一つの蛋白質だけでは、生命を維持することは出来ない。結局、十万の遺伝子が緊密に連動し、協働してはじめて生物は維持され、進化してゆく。要するに全DNA(ゲノム)とは、まぎれもなく十万もの遺伝子の共同体である。

第二に、ある遺伝子が変異を起こした時、その変異遺伝子は残りの十万の遺伝子群と適応的でなければならない。もし他の遺伝子群と不適応ならば、自然環境etcによって淘汰される以前に、まず細胞内部or個体内部で修復蛋白群をはじめとする組換え系の物質群や蛋白質の致死化学反応あるいは免疫細胞によって体内淘汰されて終うだろう。従って、まず一個の遺伝子が在るのではなく、まず共同体的な遺伝子群があり、その中でのみ、かつ全遺伝子と適応的である場合にのみ、一個の遺伝子は存在し得るのである。(注:体内淘汰されない限りは適応なので、ごくまれに個体にとって有害な遺伝子が存在することも在り得る。)

第一・第二の当然の帰結として、ダーウィン的な自然淘汰は、常に全遺伝子群(ゲノム)に対して働く(正確には、全遺伝子群が作り出す、全形質に対して働く)。それが、全遺伝子の共同体を進化の単位(主体)とする根拠である。

ところで、この様なものとして存在する遺伝子or遺伝子群を、「利己的」などと形容する根拠は全くない。敢えて云えば、「協働的な遺伝子」と形容する方が遥かに適切である。もっとも、そう云った主観的な形容は、科学とは無縁な文学的表現に過ぎず、単に「遺伝子」と呼ぶのが当然の科学的な認識である。「自己」複製子などと云う表現も同様で、単に「複製子」と呼ぶのが、科学的な認識であろう。

ところが、ドーキンスはわざわざ「利己的な遺伝子」という表題をつけ、その中で何百回となく「利己的な」という形容詞をわざわざ付けまくっている。それは一体、何の為なのだろうか?それが、彼のイデオロギーでなければ、良いのだが。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_59
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
309030 ヒトの体内には「さまざまな他者の DNA が混合して存在している」 紺碧空 15/11/02 PM00
【共認社会の新しい農法とは?】(2)生命とはどういう存在なのか? 「新しい「農」のかたち」 10/03/16 PM06
226235 Y染色体消滅の危機 ヨネ 10/02/10 PM09
221604 進化は常に共同性の中で実現してきた(細胞レベルでも集団レベルでも) 田野健 09/12/10 AM00
221537 遺伝子<DNA<染色体<ゲノム 阿部佳容子 09/12/09 AM00
遺伝子の共同体〜進化の歴史は共同性の塗り重ね 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/12/03 AM01
生命は共同性を下敷きに進化を遂げてきた 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/09/22 PM07
生物の根本認識 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/09/22 AM10
“生命原理”から“農”に迫る! 「新しい「農」のかたち」 09/08/31 PM11
群の中で発現する遺伝子 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/08/29 AM08
204552 【図解】遺伝子の共同体 川井孝浩 09/04/17 AM04
遺伝子の共同体としてのノンコーディングRNA(non-coding RNA、ncRNA、非コードRNA) 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/02/18 AM08
162985 遺伝子群の統合機能の解明の必要 長谷暢二 07/10/07 PM07
進化論の変遷 その1 「Biological Journal」 07/06/14 AM02
生物のかたちはどうやって作られる? 「Biological Journal」 07/06/12 PM10
139349 変異体の適応のために 小池祐介 06/12/05 PM10
97378 RNAが遺伝子の働きを調整する役割を担っている? 村上祥典 05/09/15 PM09
91624 「遺伝子共同体」の持つ意味、その2 吉国幹雄 05/05/28 PM09
91621 「遺伝子共同体」の持つ意味、その1 吉国幹雄 05/05/28 PM09
84559 遺伝子レベルの研究で求めたい事 匿名希望 05/01/24 PM11
73621 断片的事実と価値観念(ミトコンドリアの共生説をめぐって) 山田真寛 04/06/17 PM09
49071 「遺伝子の共同体」を実現する、RNAの働き 冨田彰男 03/02/04 PM05

 
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp