これからの暮らしはどうなるの?
58433 集団遊びのこども規範
 
森田政則 ( 50 兵庫 総務 ) 03/07/10 PM07 【印刷用へ
>元来「規範」は、みんな期待から課題・役割・評価が共認され、その集団の中で明文化されずとも皆の意識・行動を律するものとして共認されてきました。個の都合でなく共通の課題の下に集まった人たちの共有意識ですから価値観が入り込む余地など無いはずです。この点が最近のマナー意識(規範らしきもの)に感じる違和感なのではないでしょうか。(57736 阿部さん)

中高年世代として、1950年代、我が国がユニセフの食糧支援を受けていた頃の悪がきどもの外での集団あそびを思い出しました。

都会でさえ、電話、テレビが町内に1台とういまさに貧困の時代。学校から帰った子ども達は、もっぱら外遊び、それも集団での遊びでした。

子ども達は、大人たちに教えられるまでもなく、「楽しく、面白く」遊ぶためには何をしてはいけないのか或いはどう振舞うのか(行動規範)を共認していたように思います。

外遊びは、「頭を使って工夫しないと面白くない」、「約束事を守って遊ばないと楽しくない」、「他人の気持ちを理解し、協調性がないと遊びが成立しない」ことを知っていました。集団遊びから様々なことを学ぶ機会がありました。

1970年代の物が豊かな時代になって、子ども達の集団の外遊びが減少し、室内での一人遊びが増えてきた。一人遊びでは、人と人の関係性が希薄になり、集団での学校生活に不適応な子どもを増やすことになる。

幼児期から外遊びを充分に行っていると集団での学校生活に適応しやすく学級崩壊などほとんど起こらないだろう。子ども達を個々に分断しておいて「総合学習」「体験学習」のようなカリキュラムを推し進めている文部省。本末転倒も甚だしい。

児童公園は増えている。遊び場がなくなったから外で遊ばなくなったのではない。テレビ、ゲーム、ビデオ・・・・身の周りは、豊かで便利な社会になった。豊かさの実現とともに大きなものを失ってしまった。
 
  List
  この記事は 57736 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_58433
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp