心の本体=共認機能の形成過程
5824 「獲得された無力感」と「効力感」その2
 
槇原賢二 ( 30代 大阪 塾講師 ) 01/07/05 PM02 【印刷用へ
では、内発的動機づけをはたらかせて、効力感をもちながら課題をすすめられる要件としてはどのようなことがあるでしょうか。

心理学者には、効力感の形成には、まず、努力の主体、行動をはじめ、それをコントロールしたのは、ほかならぬ自分であるという「自律性の感覚」を持つことが重要であるとの意見が多くみられます。

例えば、以下の実験に対する解釈にみられます。
課題の成功に対して、「ごほうび」などの報酬を与えることを事前に知らせておくことは、一時的には活動は活発になる。しかし、その後はむしろ、課題に対する活動の意欲は低下する。低下を防ぐには、次々に「ごほうび」の質を上げなければいけない。そして、最後には、「ごほうび」が与えられない課題に対しては意欲や興味を示さなくなる。また、教師が「点数をつける」などの成績の外的評価をすることは、内発的な興味の低下を招き、さらに、より高い課題に挑戦してみようとする向上心を弱めてしまう。

上記の実験に対する心理学者の解釈は、以下のようなことです。
金銭、ごほうびなどが与えられるとそれを得ること自体が目的となったり、外的評価が与えられるとなるとその基準に合わせるようになり、行動の主体が自分ではない、自分で自分の行動をコントロールできていないとの感覚が生じ、内発的動機付けが弱められるとします。よって、効力感を感じ、内発的動機付けが生じるには、自分は自分の行動の主人公であるという感覚が大事である。

しかし、上記の実験からの解釈は、個人主義思想の傾向が強く、典型的な個人の達成志向社会に生きるアメリカの心理学者からの考察です。この点に関して、疑問があり、問題性を感じます。

上記の実験では、子供は点数をつける教師を「管理者」ととらえているはずです。そこからの評価では、課題を自分のものとしてとらえることはできません。そういった課題に対しては、効力感が生じないのも当然です。すぐにまわりに影響されない「自律性の感覚」が重要であるとの結論には疑問があります。評価でも仲間とか、年長者といった同一視できる対象からの評価はむしろ、効力感を導きます。仲間からの好意的な反応、暖かい交流、自分の成し遂げたことが他の人の役に立った、喜んでもらえたことは、ある意味で評価です。そういった「実感ある評価」はむしろ、達成感を増幅させ、効力感を導き、仲間から必要とされているという確かな手ごたえは効力感を高める際、不可欠に思います。

競争関係での条件では、勝った者は、自分を必要以上にえらいと思い自分に必要以上に自分にたくさんの賞を与え、負けた者に対しては必要以上に価値を低くみる、そして、自分が負けると、自分の能力のなさを必要以上に責める傾向がみられます。そして、結果は自分では変えられない能力や運によって決まると考える傾向がつよくなります。このような条件では効力感は持てません。

効力感を感じるには、自分やまわりに対する肯定的な見方が必要です。そのためには、「自律性の感覚」というよりは、仲間どうしのやりとり、できる者ができない者に教える、年長者が年少者に教えるといった関係の中からくる「実感ある評価」が必要に思います。

教える教えられる関係では、教えることで、教える者に自分に対する自信や、自分に対する肯定的なイメージの発達が促されることが心理学的にも認められています。

また、ひとつの課題の達成をめざして、仲間どうしがやりとりする協同学習条件では、個別学習条件で学習した子供に対して、いくつかの効果が認められています。
@自分は友だちから好かれていると感じる子供の割合が高い。A友だちは喜んで自分を助けてくれる存在であると感じる子供の割合が高い。B学習場面に対する肯定感をもつ子供の割合が高い。

参考文献:『無気力の心理学』『人はいかに学ぶか』(波多野誼余夫、稲垣佳代子)
 
  List
  この記事は 5673 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5824
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
6002 [効力感」の得られる社会の実現を。 槇原賢二 01/07/14 PM09
5841 自律性の感覚 野村徹 01/07/06 AM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp