私権原理から共認原理への大転換
58130 「自分がされたら嫌だから」、無限に「マナー」が作り出される。
 
KOU ( 23 千葉 ) 03/07/04 PM09 【印刷用へ
「マナー」や「規範」と呼ばれるものについて考えてみると、「自分がされたら嫌なこと」という発想が根底にあるように感じます。「自分が〜されたらやでしょ?だから〜はしちゃいけないんだよ」という発想。
こうした「自分」発の「ルール」作りや「規範」作りは、各事象ごとに個別にルール化されたものにしかならず、なぜその「規範」が必要なのか?という問いに対しては「自分がされたら嫌だから」の一言で片付けられてしまいます。
このような状況においては、「ルール」や「規範」が無限に増殖する可能性しか残っておらず、さらには「何が問題なのか?」を考える意識すら奪ってしまいます。
そんな無限に広がるマナー作りより、「みんな期待」の場を構築することのほうが、はるかに価値あることだと思います。
 
  List
  この記事は 57736 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_58130
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
172464 マナーって… 匿名希望 08/03/15 PM05
102840 > 「自分がされたら嫌だから」、無限に「マナー」が作り出される。 寺嶋眞一 05/12/19 PM04
58481 「自分発」の言葉 山本恵子 03/07/11 AM10
58390 「一人でも嫌がる者が居ればタブー」という強迫観念 田中素 03/07/10 AM00
58384 「教育」というより「共育」 倉橋利弘 03/07/09 PM11
58353 みんなを対象にして考えることから見えてくる 田中一成 03/07/09 PM05
58324 マナーとか、言えば言うほどバラバラになっていく? 山崎許子 03/07/09 AM01
58315 人々の意識は「話し合う場」を求めている 村上祥典 03/07/09 AM00
58291 表層観念は心を貧しくする 岩井裕介 03/07/08 PM03
58272 可能性に蓋をする『マナー』は、なぜここまで氾濫してしまったのか? 大森義也 03/07/08 PM00
58266 自分を前提に規範をつくる矛盾 平川要 03/07/08 AM03
58265 「規範」は活力を生むが「マナー」は活力を削ぐ。 山田太郎 03/07/08 AM01
58243 他人事のような叱り方 森政子 03/07/07 PM10
58237 勝手に作られるマナー 小林雅志 03/07/07 PM08
58233 真の圧力源=活力源 琵琶湖 03/07/07 PM01
58230 個人主義という壁 津久田博之 03/07/07 AM09
58217 みんな期待の場はどこでも構築できる 前田かおり 03/07/06 PM01
58202 マナーの強制は、ファシズムそのもの 今井勝行 03/07/06 AM00
58162 「マナー」という旧観念の最後の砦 是永恒久 03/07/05 AM03
58146 社会を対象化できてないから周囲が気になる 渡邊真也 03/07/04 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp