生物の起源と歴史
5800 有性生殖の意味
 
鈴木達也 ( 30代 千葉県市川市 建築設計 ) 01/07/04 AM00 【印刷用へ
青山さん、吉国さん、レスありがとうございます。

ちょっと乱暴な言い方であったようですが、有性生殖の意味が「遺伝子組み替え」≒「多様性の獲得」と仮定して、この点を掘り下げるのには異論はありません。それによって「遺伝子組み替え」以外のオス、メス分化の意味があるのか、ないのか?あるとしたらどの段階からか?この辺の答えらしきものも見えてくるかもしれません。

>現在の一般的な有性生殖の機構成立のためには、遺伝子組み替えと減数分裂とそして、「死の機構」が組み合わされて出来上がったと思われます。減数分裂と絡むところでは二倍体の問題が大きいとは思いますが、やはり「性」の「生」戦略を考える時は、「死」の戦略を考えざるを得ないだろうというのが私の考えです。<(5788吉国さん)

面白そうですね。

減数分裂によってできる一倍体のハプロイド細胞と受精卵から個体を形成するディプロイド細胞の違いに着目している方がいます。
どうせネタばれするので先に言いますと手元に団まりな氏の本がありまして、氏も同様のお考えを持っているようです。

>真核細胞の増殖法の1つである「有性生殖」は、“接合(受精)”と“減数分裂”という2つの過程からなっています。接合は2個のハプロイド細胞がその細胞膜や細胞質だけでなく、核までも融合させてディプロイド細胞になること。減数分裂は相同染色体の“対合”と2度の“有糸分裂”を通じて、1個のディプロイド細胞から4個のハプロイド細胞が生じることです。<
(団まりな氏リンクより)

氏はディプロイド細胞の特徴として細胞間の連絡構造があることによって食べることに関する分業ができると言っています。この、「栄養的細胞分化」が細胞の役割分担を可能にし、複雑な多細胞生物の体の構築を可能にしているということです。もちろんハプロイド細胞から造られる多細胞生物(苔や海苔)もいますがこれらはこの連絡構造を持たないため複雑な機能分化はなく、集まっているだけに近い状態だそうです。

また氏は、ディプロイド細胞は有糸分裂の回数に制限があるのではないかと考えているようです。つまり、「死」の機能を持ったことを意味します。

上記の2点からディプロイド細胞による多細胞生物の受精卵からの発生過程におけるアポトーシスを思い出さずにはいられません。

今までは1倍体から2倍体への変異と言えば遺伝子の安定に寄与するのだと思っていましたが、細胞の役割分担の機能を獲得するための重要な変異である様です。

そして、見方を変えると細胞の役割分担の機能を複雑にするためには「死」の機能が必要になったとも言えるのではないでしょうか。そして同時に種としての存在を維持しながら「死」を超えるためには、一度減数分裂によるハプロイド細胞への回帰も必要になる。この仮定に多様性の獲得機能も取り入れるとは感嘆するしかありません。

有性生殖の意味には多様性の獲得と同時に複雑性の獲得(高度化と言っても良いかもしれない)があるのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 5788 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5800
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
125100 ディプロイド細胞→ハプロイド細胞→ディプロイド細胞→・・・ 高菜ごはん 06/07/06 PM11
105630 有性生殖は種の生き残りのためにある 志水満 06/02/12 PM11
86951 「死」と「誕生」 長谷川文 05/03/07 PM11
5934 有性生殖の意味2 鈴木達也 01/07/11 AM00
5825 死の戦略、その3>鈴木さん 吉国幹雄 01/07/05 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp