生命原理・自然の摂理
5799 今西錦司の自然観に対する共感
 
斎藤幸雄 HP ( 37 愛知 建築士 ) 01/07/04 AM00 【印刷用へ
こんにちは、芦原さん。

> これをみると、「一個体が突然変異を起こし、その遺伝子が小集団の中で頻度を上げていった。それにより新しい形質が種に定着し、進化する」とする定説での説明は困難で、HLAの研究からは、交配可能なかなり多数の祖先が、一度にこの地球上に姿を現したということになります。

まさしく、今西進化論を彷彿とさせますね。

今西進化論については、「進化は変わるべくして変わる」という結論が先行してしまい正しく伝わっていない観がありますが、近代西洋科学の限界が言われる現在、今西錦司の自然観・進化論は大変興味を持っています。

その自然観は、いわゆる近代科学の二元論的自然観と異なり、環境と生物といった二つのものが存在しているのと捉えるのではなく、生物あっての環境であり、環境あっての生物でない、といった独自な生物を主体とした一元論的自然観といえます。

今西錦司の言葉を借りれば、環境とは何よりも「生物が生活する生活の場」であり、「生物そのもの継続」であり、「生物的な延長をその内容としていかなければならない」もの。実際の生物と環境の関係は、「生物とその生活の場としての環境を一つにしたもの」となります。

西洋の近代科学が、主体と客体が相互に対置される二元論的な(機械論的な)自然観であるのに対して、環境をあくまでも生物主体の延長とした、今西錦司の一元論的自然観は、生物(主体)と環境(客体)が、相互融合的に捉えられているものである思います。この自然観は、素朴であり、我々の日常的な感覚に近いものであるのではないでしょうか。

今西錦司の進化論は、ダーウィンの進化論に対する曲解した解釈など、いろいろと批判されるところもありますが、種を主体とする進化を考える上で、「すみ分け原理」を土台にした「種社会論理」など、参考になるのではないかと考えています。
 
  List
  この記事は 5794 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5799
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
196693 「不連続」現象を解明できない近代西洋科学 志水満 09/01/07 AM03
5964 先駆的な自然観としての今西進化論 鈴木隆史 01/07/13 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp