収束不全:やりたいことが見つからない
57736 規範なきマナーの氾濫
 
阿部和雄 ( 41 東京 設備士 ) 03/06/27 AM03 【印刷用へ
最近何かにつけて公共の場での「マナー」の必要が声高に言われ、街を歩けば様々なところでポスターやアナウンスが訴えかけてきます。シルバーシートや電車内の座り方から携帯の電源OFFなど・・・なるほどもっともな気がしますし、多くの人も自然と受け入れています。が、何か引っかかるものがある、という意見も交流会の場では意外と多く出てきます。

戦後、豊かさの実現と個人主義(自分主義)の浸透で、地域共同体や家庭などの規範の共認域が次々に解体されてゆきました。そんな中で「人に迷惑をかけない限りは自由」という、そもそも何が迷惑かもよくわからない身勝手な規範(?)がまかり通るようになります。さらにそれが「迷惑だと“思う”ことは規制すべき」となり、個々の価値観にてらして目に余る(不愉快な)事柄を個別にルール化、禁止してゆく流れがいまの「マナー」問題?ではないでしょうか。

この背景には全体の視点、「みんな」という意識の欠落があって、個人の都合や好き嫌いと声の大きさで「みんな」不在の価値観がルールとして共認される流れがあるような気がします。

元来「規範」は、みんな期待から課題・役割・評価が共認され、その集団の中で明文化されずとも皆の意識・行動を律するものとして共認されてきました。個の都合でなく共通の課題の下に集まった人たちの共有意識ですから価値観が入り込む余地など無いはずです。この点が最近のマナー意識(規範らしきもの)に感じる違和感なのではないでしょうか。

みんなが集まりそれぞれの意識を重ね合わせ共有してゆくと、このような「?」がいろいろと出てきそうです。自分とか自由という観念を取り払って、個別の価値観を超えた「みんな期待」をめぐる議論の場が普遍的な規範形成の土壌にもなってゆく。認識交流の場にはそういう働きもあるだと感じます。

 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_57736
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
162392 少年よ強志を抱け!! 旅人。 07/09/29 PM10
自分の子供を叱らない、叱れない。 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/03/08 PM07
126999 > 規範なきマナーの氾濫 寺嶋眞一 06/07/29 PM09
118545 マナーの氾濫、なんで? 矢ヶ崎裕 06/06/05 AM10
118349 マナーを持ち出すのは、個人主義では社会を統合できない証拠 西谷文宏 06/06/03 PM11
118087 「マナー」と「しきたり」 ねこバス 06/06/02 PM11
102298 新たなマナーに感じる違和感の中身 新川啓一 05/12/09 PM09
58433 集団遊びのこども規範 森田政則 03/07/10 PM07
58354 価値観がじゃまになってる 広岡絵美 03/07/09 PM05
58240 本源風規範は違和感のもと 浅野信夫 03/07/07 PM10
58224 マナーの果ての規制から当事者意識へ 井上光利 03/07/06 PM11
58163 「みんな」意識 匿名希望 03/07/05 AM09
58130 「自分がされたら嫌だから」、無限に「マナー」が作り出される。 KOU 03/07/04 PM09
58127 本当に学ぶべきものは交流会の中にある。 高梨俊寛 03/07/04 PM08
58090 マナーと規範は異なる ごんべえ 03/07/04 AM03
58063 「規範なきまマナーの氾濫」は、本源社会への一時的な産物である。 匿名希望 03/07/03 PM10
58061 違和感こそ変化の明確な表れ 高橋克己 03/07/03 PM09
58007 「道徳」からみんな期待へ 庄恵三 03/07/02 PM11
57995 現代マナー考 佐藤賢志 03/07/02 PM11
57992 個人の自由をことさらに強調する世代は少数派になりつつある 渡辺卓郎 03/07/02 PM10
57970 RE 規範なきマナーの氾濫 小川博 03/07/02 PM00
57965 「みんな」を意識する場の広がり 渡邊かお里 03/07/02 PM00
57961 みんなと 坂元恵 03/07/02 AM09
57933 公共の場にも縄張り 匿名希望 03/07/01 PM08
57906 私権規範に過ぎない限界 立石裕美 03/07/01 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp