心の本体=共認機能の形成過程
57339 新生児の共鳴動作
 
仙元清嗣 ( 53 京都 建築家 ) 03/06/20 PM06 【印刷用へ
もう一つは「新生児の共鳴動作」があります。


4ヶ月になる赤ん坊と遊んでいるときに、彼女と相当仲良くなってから、彼女の前で私の手のひらをゆっくり開いたり閉じたりした。すると彼女はじっと私の手に見入り、その動きに合わせて―自分の手を見ることなしに―指を開いたり閉めたりしたのであった。何回か続けるうちに、彼女は指ばかりでなく・・・・・。手のひらの動きに合わせるように彼女の口をパクパク動かしはじめ、終わりにはまるで(私の)動きで彼女の呼吸テンポまでコントロールできそうであった。私が手のひらを開閉している間に彼女はほとんどまばたきもせず、私が開閉を止めた時には夢から覚めたように一瞬ポカンとした感じであった。(共鳴動作を我が国で最初に報告した鈴木葉子氏)


このように、共鳴動作は、自分と他人が未分化なまま混淆し、融け合い、情動的に一体化したような関係でおこっている。

飢えや渇きという生理的な要求を満たす手段として子どもはこの動作をおこなっているのではない。むしろ目の前の刺激の動きに同調し一体化して自分も動くことそのものが快となり、この共鳴動作を活性化しているようである。「通じ合うことへの要求」というと言いすぎだろうか。

母親の語りかけに対する相互同期的行動にしても、共鳴動作にしても、子どもは、相手が人間だから、あるいは自分の母親だからというので反応しているわけではないのだが、その相手をしている母親の方は、子どもの反応を見ていると、「もう自分をわかって応えていてくれるのだ」という喜びの感情が湧いてくるのを禁じえない。そしてまさに「わたしがママよ」とでもいうべきはたらきかけが、さらに子どもの反応性を高めていくのであろう。

このように、共鳴動作はそれが生理的要求の満足ということから離れて、刺激と一体化すること自体に動機付けられ、人がその刺激としての役割をもっとも果しやすい点、しかも相手の人自身もその動作交換のなかに思わず引きこまれざるをえないような魅力をもっている点、そこにコミュニケーションの基盤にふさわしい性質を深く宿している行動といえるだろう。

巷に氾濫する旧観念言葉によって封印され縛られている状態が私たち旧人ではないかと思います。とはいえ同期行動も共鳴動作も成体となったいまの私たちにも本質的な適応能力として備わっているはずです。
あらゆる事象・事物を改めて見直してゆくことが旧人には殊更求められているように思います。

また、私たちが交流会を立ち上げていく上で、認識交流の場や期待応望関係を構築する上で有効なヒントを与えられたように思いました。



 
  List
  この記事は 57337 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_57339
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
健康=元気の素ってなんだろう?その2〜同化機能ってなんだろう? 「地球と気象・地震を考える」 09/12/05 AM00
221057 自分以外のもの、全てとイコールになることができる☆ ぴのこ 09/12/02 PM06
221054 「自分」「相手」という枠を超えた旧観念の塗り替えへ スガイク 09/12/02 PM05
190597 乳児が微笑を返すのは、母親に対してだけではない? 和田哲郎 08/10/25 AM02
新生児の共鳴動作 「Biological Journal」 07/03/16 PM09
121134 笑顔はつながっている 32 06/06/15 PM00
108023 何故笑顔になるの 佐藤晴彦 06/03/25 PM10
98574 自分の充足からみんなの充足へ 石野潤 05/10/06 AM03
95680 皆から活力をもらう。 新井弘 05/08/07 PM04
92829 共鳴動作の記憶 前山薫 05/06/16 PM11
92650 同化しようとすることが「何で」の発生源? 中野泰宏 05/06/14 AM05
92377 赤ちゃんってえらい 矢内春菜 05/06/09 PM07
91249 大人の共鳴動作 前上英二 05/05/22 PM10
90899 互いの笑顔が見たいから共認形成 佐藤英幸 05/05/16 PM11
86052 生まれながらにして共認充足を求める存在 田中一成 05/02/21 AM00
85966 共認充足を求めて 加藤俊治 05/02/19 PM08
共認充足を求めて 「開放空間「THE ROTEN」」 05/02/19 PM01
85870 共認充足系の笑顔を見て充足したい 鈴木康夫 05/02/17 PM10
83309 相手を充足させるために反応を得る 平川要 04/12/28 PM11
57712 なぜ、しつけ論が不毛に感じたのか。 清水昌広 03/06/26 PM11
57601 共認機能の基礎に共鳴機能があるのでは? 北村浩司 03/06/25 AM02
57444 赤ちゃんの眼差しの凄さ 橋口健一 03/06/22 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp