西欧科学は狂っている
56207 科学的「可能性」から、潜在思念での「可能性」へ
 
三宅秀和 ( 20代 大阪 設計 ) 03/06/03 PM11 【印刷用へ
私たちはしばしば「可能性」という言葉を使う。
なんらかの事象が、明確に決定できない状況において、その結論に対しての蓋然的な予測を指す、という意味合いにおいては、「可能性」とは「確率」とほぼ同義と捉えられるだろう。

科学的に、あるいは客観的に物事を考える、といったとき、私たちは「可能性」を、以上のように捉えているように思う。すなわち「確率」と同義のものとして捉えている。

しかしながら一方で、私たちは「可能性」という言葉に、そのような無味乾燥な意味合いを超える要素を感じ取っているようにも思う。もっと、充足感とか、活力などに繋がっていくような、+側の色合いを感じている。

例えば、日常生活の中で、あるものの考え方や実行方針に対し、「可能性を感じる」というときなどが、その典型例だろう。そして、そのような感覚を感じ取れるかどうか、というのは、人が生きていくうえでこの上なく重要なことのように思える。

一般に、ある制度が固定されると、その中で「可能性」は閉じられる。その意味では、

>社会とは意識の集合物であることに気付く(55671)

ことは、社会そのものの中に「可能性」を再発見させる効果を持っているという点で、極めて重要な意義を持っているように思う。

翻って、科学的、客観的に謂う「可能性」が、単に「確率」と同義に堕しているとすれば、現代の科学的思考、客観的思考がことごとく制度化され、固定化され、それが故に、人が生きていくうえで役に立たなくなっていることが、逆説的に示されているように思う。
 
  List
  この記事は 55671 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_56207
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
因果関係と収束関係(実現関係)の矢印
原因→逆境(不全)⇒どうする?⇒可能性収束  
原基構造の不変部分と可変部分
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(2) 5000年前の文字登場以降、共認機能は衰弱している?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
『生命と場所』より…生命観
共生思想ということ
精霊の措定は手順律の逆転か?
「生物的な知」と「機械的な知」
「変性願望」批判
認識の創発性
認知と探索と統合
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
未知の世界の知性?
シャーマニズムと幻覚回路
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp