日本を守るのに、右も左もない
55671 社会とは意識の集合物であることに気付く
 
田中素 HP ( 37 長崎 企画 ) 03/05/26 AM02 【印刷用へ
> 私たちは、いくつもの共認域が重なり交じり合う空間に生きており、私達自身がそれらの共認形成の当事者となっている。そして、そう認識するだけで、共認内容が変わりさえすれば、社会や集団そのものが変わっていくという単純な事実にも気がつく。(55661

「社会が遠く感じられる」「リアリティがない」というのも交流会でよく聞かれる言葉です。それも今、社会という空間を認識する道具が役に立たたなくなってきた結果なのだと思います。

私たちは多くの場合、社会というものを「制度の集合物」として捉えているように思います。そして、私たちの実際の行動や生活も、自分が思っているよりもずっと強く、その制度によって律されています。「なぜ学校に行くのか?」「なぜ就職するのか?」「なぜ結婚するのか?」という問いの答えも、直接的には「社会の制度がそうなっているから。」です。

しかし元来、制度はアプリオリにあるのではなくて、ある共認域が成長し、その組織化・秩序化の結果として構築されるものです。一旦生み出された制度は一定の固定度を持ち人々の観念と行動を規定するようになりますが、あくまで本質は潜在思念から始まる人々の共認域の方であり、先に変化するのもそちらです。だから、制度がうまく機能するのはその2つが整合している間だけだということが言えます。

現在は、潜在思念の方は変わっているのに制度、さらにそれを成り立たせている観念全体が古いので社会が遠く感じられるし、実際の行動も潜在思念とズレてしまっているから自分自身の生活にもリアリティが感じられない、という状況です。そのフレームを取り払い、社会は制度の集合物である以前に自分自身も含む意識の集合物であることに改めて気付かせてくれるのが、人々の意識がつくり出す同類圧力の“場”を指し示す「共認域」という概念装置なのだと思います。

> 貧困が消滅して生存圧力が衰弱し、同類圧力が中心的な圧力になってくると、パラダイムは一転する。同類圧力は、人々の共認が形成する圧力である。従って、『現実』とは人々の意識に他ならなくなる。
しかも、主体=対象である以上、人々の意識とは、自分の意識に他ならない。つまり、自分自身の意識が、『現実』=同類圧力を形成していることになる。もっと簡単に云えば、現実とは自分自身に他ならない。(20355
 
  List
  この記事は 55661 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_55671
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
98122 社会を対象化するために必要なこと 勝間正樹 05/09/29 PM02
「社会は意識の集合体」を考えてみる 「なんでやRADIO」 05/03/21 PM06
56691 現状維持の旧観念を打破する 岩井裕介 03/06/10 PM09
56599 2010年は沢山のおじさんが(団塊の世代)が定年する。 新井弘 03/06/09 AM02
56474 「立場」で物を言う人 野崎章 03/06/06 PM11
56207 科学的「可能性」から、潜在思念での「可能性」へ 三宅秀和 03/06/03 PM11
56169 過去の「みんな期待」にリアリティはない 小林雅志 03/06/03 PM07
56127 「みんな期待」に感じていた違和感 鈴木隆史 03/06/03 AM00
56090 皆の意識・実感に基づいた社会・制度にしたい 正国稔 03/06/02 PM01
56080 私権社会は制度によってかろうじて生き残っている 新川啓一 03/06/02 AM00
56079 おじさんのリアリティ 細田卓司 03/06/01 PM11
56075 社会をつくっていきたい。 猪原裕子 03/06/01 PM10
56057 その気づきを共有し、拡げる交流会 柳瀬尚弘 03/06/01 AM01
56019 『社会を変える』ことの不可能視から可能視へ Amethyst 03/05/31 PM10
56007 人は徹底して社会的存在であり、常に主体的変革者である 新井秉永 03/05/31 PM03
56005 古臭い「社会運動」からの脱却 高利 03/05/31 PM01
55959 意識を統合させる 末吉孝子 03/05/30 PM04
55951 社会をよくすることは、社会は意識の集合物であることに気付くこと。 匿名希望 03/05/30 PM00
55950 新しい共認域が今まさに作られつつある 大地の子 03/05/30 PM00
55947 気付きの波に乗れば制度は変わる ごんべえ 03/05/30 AM08
55944 若い世代の「必要ない」という言葉に感じる期待 斎藤幸雄 03/05/30 AM02
55911 「共認域」とは社会の実現基盤そのもの! 江岸元 03/05/29 PM07
55827 旧い制度は「斥力」、新しい共認域は「引力」 橋口健一 03/05/28 PM08
55799 「旧観念無用」を再認識 マー 03/05/28 PM00
55794 社会がリアリティーを持つ 西知子 03/05/28 AM03
55791 共認域の拡大とは開放系組織論 林昭光 03/05/28 AM01
55785 制度はあとからついてくる 久保田彰子 03/05/28 AM00
55763 ただ「戦略的」に考えたってダメなんだ 清水昌広 03/05/27 PM10
55745 「潜在思念」と「現実」とを繋ぐ「共認域」 ゲン 03/05/27 PM01
55725 共認域が先なら納得。 山田太郎 03/05/27 AM02
55723 社会統合軸とは最も強力な共認域 山本士峰 03/05/27 AM02
55716 “共認域”という概念装置は実現可能性を実感させる 西村秀彦 03/05/27 AM01
55694 ごく当たり前の関係に戻っている 木村友昭 03/05/26 PM11
55684 頭を使ってリラックスする 根木貴大 03/05/26 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp