マスコミに支配される社会
55396 サークルの引力と交流会の引力
 
浅田祥幸 ( 23 愛知 企画 ) 03/05/21 AM08 【印刷用へ
たしかに、自分達で交流会を作っていく方が面白い。この引力はいったい何故なのか?他方では、大学でも地域でも、古いスタイルのサークルの引力は衰弱し続けている。

サークルは「よかったら」いっしょにやりませんか?という誘い方になる。好き嫌いに左右されていて、結局自分(自分たち)の楽しみでしかない(自己満足でしかない)。
つまり、サークルにはみんな期待がない。自分達だけの楽しみの場なので閉鎖的になるし、みんな期待がないので引力も低下する。
この、みんな期待の強さが引力=活力を規定している。

そもそもサークルというのは、農村時代の「祭り(芸術も芸能もスポーツも包摂している)」が、都市に移行するにつれて分解していったもの。そして70年までは、芸術や芸能は高尚な文化だった。少なくともそれらに対するみんな期待(私権圧力→みんな不全からの発散欠乏)があり、それが、「趣味は持つべきもの」という意識につながっていた。
しかし本当にみんながはまっていたかというと、実際はそんな余裕などなく、ただ社会共認を支配する「高尚な」インテリ階級にそう思い込まされていただけ。

そして70年、貧困の消滅=みんな不全・みんな期待の消滅によって、「文化(普遍性を極める)」は衰弱し、80年代になると「芸能(より自分だけの充足)」に向かった。そして、「芸能人志向」と「オタク」が平行して登場。これらは外向きと内向きの違いこそあれ、どちらもみんな不全、みんな期待の消滅による自分主義に立脚しており、誰からも期待されていない自己満足の世界である点は同じ。
この時代テレビが輝いていたことも、みんな不全が消滅した後のミーイズムにぴったりだった(一人でも楽しめる)からというふうにも考えられる。

しかし新たなみんな期待の顕在化により、もはやみんな期待の感じられない芸術、芸能、趣味は(70年以降、徐々に衰弱しつつあったが)、今後は一気に衰退していくと考えられる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_55396
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
55814 るい交流会・勉強会の魅力・・・対面共認充足から観念への収束 匿名希望 03/05/28 PM01
55802 交流会における認識伝達のサイクル 熊澤敬輔 03/05/28 PM01
55790 「誰でもできる」から「みんな期待に応えられる」へ、勧誘の引力が変わる 冨田彰男 03/05/28 AM01
55685 需要者から供給者へ 村田頼哉 03/05/26 PM10
55677 るい交流会の引力について 吉国幹雄 03/05/26 PM02
55606 “まつり”場の再生が今最も引力を持っている 岡本誠 03/05/24 AM03
55446 なぜ、るいの交流会で活力が出るのか? 内山竜太郎 03/05/21 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp