日本人の起源(縄文・弥生・大和)
55333 500年早まる弥生時代?
 
三ヶ本万州夫 ( 壮年 兵庫 講師 ) 03/05/20 AM11 【印刷用へ
「弥生時代の始まりは紀元前10世紀にまでさかのぼる可能性がある」

久々の大きな話題ですね。国立歴史民俗博物館の19日の発表によると、弥生時代早〜前期の福岡市の雀居(ささい)遺跡、福岡県の橋本一丁田、佐賀県・梅白遺跡などから出土した土器に付着したススなどの炭化物・水田跡の木杭など30点以上の試料について放射性炭素(炭素14)法で年代測定した結果、多くの資料から今までの常識を覆す古さを示すデータが検出されました。

夜臼(ゆうす)2式、板付(いたづけ)1式として分類される土器はなんと紀元前9〜8世紀に集中。同じ時期とされてきた韓国南部の漁隠(オウン)遺跡の土器などとも年代が一致したそうです。

本格的な水田稲作を始めた時期の土器は、上記の夜臼2式よりさらに1様式古い夜臼1式とされているため、「弥生時代の始まり(=夜臼1式の出現)は紀元前10世紀までさかのぼらせる可能性も含めて考えるべきだ」という驚くべき仮説が提示されています。

調査をした、考古学界ではおなじみの春成秀爾教授は「弥生の始まりがとんでもなく古くなる。日本列島で稲作が始まった歴史的背景が全く違ってくる。従来、中国の戦国時代の混乱で生まれた難民が朝鮮半島から稲作を持ち込んだと理解してきたが、その時期が戦国ではなく、西周〜春秋時代になってしまう。金属器流入の状況も考え直さなければならなくなった」と述べています。

では日本列島に稲作を伝えたのは誰か?という単発の疑問にとどまらず、東アジア規模で当時の歴史を見直す必要が出てきたわけです。ただ、多くの専門家の間では驚き・戸惑いが見られ、「信じられない」という声が聞かれます。縄文〜弥生史が大きく塗り替えられるのか、事態の推移を見守りたいと思います。

毎日新聞(5月19日)参照
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_55333
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
弥生時代の開始年代〜再考に向けて〜 「共同体社会と人類婚姻史」 09/02/20 AM02
125940 歴史っておもしろい! 06/07/15 PM08
55722 500年早まったら何が問題なのか? 田野健 03/05/27 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp