生物の起源と歴史
5384 「同類」を認識することが生物にとっては根源的
 
土山惣一郎 ( 43 山口 デザイナー ) 01/06/19 AM08 【印刷用へ
 はじめまして、石野さん。

 >特に動物は、外部世界に対する認識機能を発達させていくが、かなり早い段階で同類他者を識別する機能が備わっている。<

 ほぼ同意見なのですが、同種(=仲間)の認識について、そのような機能に特化したとも言える免疫細胞の系譜から考えてみます。

 脊椎動物の免疫系細胞には、たぶんご存知でしょうが、異物を取り込んで消化・分解してしまう大型の食細胞である『マクロファージ』、自分の細胞の異変や発達未熟なものを見つけて破壊する『ナチュラルキラー細胞』、侵入物ごとに多彩な抗体をつくる『リンパ球(T細胞・B細胞)』の三つがあります。この中でマクロファージは、石野さんも例に挙げられているカイメンにも、鞭毛を失った食機能に特化した個虫として存在しています。免疫系細胞の出発点は、このマクロファージと考えるのが有力でしょう。

 マクロファージの起源は、旺盛な食機能を持ったアメーバ(単細胞真核生物)に求めることができるし、さらに遡れば、エネルギー効率を高めた好気性のバクテリア(真正細菌)がその前身と考えられます。

 次にマクロファージの『自他認識機能』ですが、同種か否かを認識するレベルで、「個体特異性」の認識レベルには到達していません。それどころか、同種や近縁種以外の粒子状の物体は、無差別にすべて攻撃します。このことから、マクロファージは、正確には同種だけを識別し、それ以外のものは厳密には識別したとは言い難いような乱暴な方法で攻撃対象と認識していることがわかります。

 したがって、「他者」という概念は、マクロファージ(つまり原始生命)にはふさわしくないように感じます。生命にとっては、もちろんまず自然環境を認識するのが第一ですが、「同類他者」ではなく、「同類」又は「同種」ないしは「仲間」の認識が最も根源的であると表現するのが適切だと思います。

 一方、同じく石野さんが例示されている2種類のカイメンの細胞をバラバラにした実験から、カイメンには「同類他者」を識別する機能も備わっていることがわかります。カイメンにはまだナチュラルキラー細胞もリンパ球も存在しませんから、この「同類他者」の識別は体細胞が主要に担っていることになります。「同類他者」を識別するということは、「個体」を識別したうえで(敢えて言えば「個体」を原点として)、「同類他者」を、そしてそれ以外の「異種」を認識するということだとも解釈できるのですが、生物にとっては「個体」よりも「種」が重要だ(又は先だ)という意見が多いようですし、私もその通りだと思います。

 確かにこの実験は、カイメンのような初期の多細胞生物の段階で、すでに一定の個体間格差が登場していることを示していますが、それは当然で、有性生殖がカイメンの少し前の原生動物あたりから始まっているので、有性生殖による個体特異性の発現を前提にした「同類他者」の識別機能もそれに伴って発達したはずです。やはり、発生論的には「同類他者」の識別は、「同類」の識別ほどは基底的でないということになります。ただ、その後の脊椎動物の進化では、「個体特異性」の認識の重要性が飛躍的に高まっていったということは言えると思います。このことは、逆説的には、性の格差も大きくなる方向で進化は進んだ可能性も示唆しています。
 
  List
  この記事は 5217 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5384
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
123791 初めての単細胞生物が生まれたとき、 匿名希望 06/06/25 PM10
122663 同類?同種? ごんぎつね 06/06/19 PM11
120666 「同類」が原点 匿名希望 06/06/13 PM11
95341 マクロファージと進化 小林有吾 05/07/30 PM09
89159 原生生物とは? 村田頼哉 05/04/19 PM08
88556 進化史の中で見れば「個」なんてちっぽけ 山田純子 05/04/08 PM10
85619 “局所応答性”を基盤として為される「統合」A 三宅秀和 05/02/13 AM00
85617 “局所応答性”を基盤として為される「統合」@ 三宅秀和 05/02/13 AM00
5428 細胞のコミュニケーション 石野潤 01/06/20 PM02
5389 根源的認識の理解、免疫系に見る…その1 吉国幹雄 01/06/19 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp