西欧科学は狂っている
5248 原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
 
本田真吾 HP ( 44 香川 建築家 ) 01/06/14 AM01 【印刷用へ
この価値判断は原爆をつくった科学者達にも当てはまります。原爆開発とはどのような分野の科学からなるのでしょうか。それは、原子核.宇宙線.星に進化.宇宙での元素起源などX線天文学やビックバン宇宙論と深く関連する分野です、原爆で起きる現象は宇宙で起きる現象の再現なのです、それを地上で実験.観察する科学が、巨大な素粒子加速器を利用する、高エネルギー物理学といわれる分野です。

マンハッタン計画では、当時アメリカ最高の理論物理学者と評されたオッペンハイマーという原爆推進のリーダーである科学者が悪玉にされ、それを実際につくりあげた科学者はなんの責任追及もされていません。そのうえ、その科学者のなかにはたくさんのノーベル賞受賞者がいました(その後の受賞者も含む)、コンプトン、ローレンス、ユーレイ、フェルミ、ウィグナー、ベーテ、レビ、アルヴァレら多数、このほか、20世紀最大の数学者と言われるノイマンも加わりました。

そして、その他科学者と製造関係者まで含めると、12万5000人が2年半ロスアラモス研究所で研究開発を進め、原爆を完成させました。研究所の雰囲気は兵器開発という内容にもかかわらず、自由な討論にあふれ、全員が一心不乱に研究に励んだそうです。かつて、星や宇宙にあこがれ、その探索に励んだ少年達は、その研究に対する興味だけで原爆開発に励んだのでしょう。サイクロトロンなどの大型加速器は、今でも国家の投資がなければ建設不可能であり、それを利用して宇宙でおこる現象の一部を地上で再現できますから、科学者にとってまたとないチャンスだったと思います。その純粋?な追求活動の結果、原爆は完成したのです。

戦争に原爆を使用する決断をした統合者はいつも問題にされますが、これだけ大勢の科学者が、原爆開発の最中に何の罪悪感を感じていないことは、あまり非難されません。純粋な知の追求をする自分達は無垢な存在であり、その知の追求は善であり、それを誰もとがめることが出来ないという幻想観念を共認しているのではないでしょうか。そして、反社会的な研究活動を行うとき、集団内でその共認を強化し現実を捨象するのではないでしょうか。まるで、自分達が少年の無垢な心のままであるかのように思い込んで。
 
  List
  この記事は 5247 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5248
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
原発問題から見える特権階級・近代科学の問題性11 〜近代科学に対する誤った認識〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/07/18 PM04
254429 キリスト教的な「偏見」や「先入観」があったからこそ、近代科学は誕生した 匿名希望 11/07/16 AM02
253962 「学者」は政治家・マスコミ以上に無圧力状態ではないか? 匿名希望 11/07/04 PM10
146258 活動が「創造闘争=共認闘争」に変わるには? 渡邊かお里 07/03/02 PM11
105627 確信犯の科学者 山田真寛 06/02/12 PM11
103541 新しい構造認識によるパラダイムが無ければ、医療は進歩しない 鈴木隆史 06/01/03 AM09
Nスペ『サイボーグ技術が人類を変える』を見て…? 「Biological Journal」 05/11/11 AM00
100630 『サイボーグ技術が人類を変える』よりC 蘆原健吾 05/11/10 AM06
93244 現実が見えていない 田中素 05/06/23 PM11
5251 原爆ですか、その1(反社会的ということ)>本田さん 吉国幹雄 01/06/14 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp